fc2ブログ














葛城山 つつじ 『子供を産めなかった女性はなぜ筍を探す地獄に堕ちるの?』 

奈良県 葛城山
2017年5月19日 撮影


葛城山 つつじ


①笹の高原からツツジの高原に?


ウィキペディアに次のように記されています。

以前の山頂付近は笹で覆われていたが、1970年頃に笹が花を咲かせ、のちに一斉に枯れた。
ツツジはその跡に自然に生えてきたものである。
笹は自生力が大変強いために、ツツジを維持するため毎年2回笹刈りが行われている。


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%92%8C%E8%91%9B%E5%9F%8E%E5%B1%B1より引用

上記の記述にはソースが示されていないので、頭から信用することはできませんが
本当だとしたらとても劇的ですね!
笹の高原がツツジの高原に変わってしまったなんて!


葛城山 ツツジ3

② タケとササの違い

単子葉植物イネ科タケ亜科の植物はタケ・ササ・バンブーの3つに分類されるそうです。

バンブー・・・地下茎が横に伸びない。株立ち。大型。熱帯に多い。
タケ・・・・・地下茎が横に伸びる。はじめ茎は鞘に包まれているが、成長すると鞘がはがれる。
ササ・・・・・地下茎が横に伸びる。茎を包む鞘がはがれない。

葛城山 ツツジ2   

③竹は一斉に花を咲かせて枯れてしまう

竹は一斉に花を咲かせて枯れてしまうそうです。
竹が一斉に花を咲かせているところや、一斉に枯れたところなんか見たことないよ~、という方は多いと思います。
私も見たことないです。

それもそのはず、竹は種類によって異なるようですが、だいたい60年~120年に1度だけ花を咲かせるとのことなんです。
(モウソウチクは約60年、マダケは約120年、孟宗竹は個体差があるが67年周期で花が咲いた例が2例ある。)
昭和40年代、世界中のマダケが一斉に開花して枯れてしまったこともあるのだとか。

竹の花って滅多に咲かないんですね。
竹の花を見たことがないのは当たり前のことなんですね。

で、花が咲いたあとの竹は枯れてしまうので、竹林が消滅してしまうわけです。
もとの竹林に戻るには15年~20年かかるそうです。

笹も竹と同じく、60年に1度ぐらいの周期で花を咲かせ、枯れてしまうみたいです。

葛城山のツツジはその空白の期間を利用してちゃっかり芽を出し、その後は人が笹の刈り取りをするなどして手入れがなされているおかげで
私たちは毎年5月に一面オレンジ色に染まった風景を見ることができるんですね♪

葛城山 ツツジ


④竹の開花は凶事の予兆?

竹の花の開花は大変珍しいことなので、凶事の予兆であるなどとも言われていました。

⑤かぐや姫はなぜ竹から生まれたのか?

竹についていろいろ調べてみると、なぜかぐや姫が竹から生まれたとされているのか、見えてきたような気が。(気のせいか?笑)

もちろん、それはよく言われるように、竹の内部が空洞になっているということもあるでしょうが、それだけではなく、別の理由があるかも?

竹の花が咲くと、当然オシベとメシベが交配して結実し、そこから新しい生命が誕生しますね。
しかし、それは60年~120年に一度の大変珍しいことで、通常、竹は地下茎で増えます。無性生殖というようですね。

つまり、エッチしなくても子供ができるわけで、かぐや姫はエッチなく生まれた子供、ということなのかもしれません。

嵯峨野 竹林の道 

⑥子供を産めなかった女性はなぜ筍を探し続ける地獄に堕ちるのか?

かつて、子供を産めなかった女性は、死後、筍を探し続ける地獄に堕ちると説かれていました。
近年では差別的な考え方であるとして、あまりそういうことは言われませんが、たしか長岳寺の地獄絵にも筍を探す女性が描かれていたと思います。

子供が産めなかった女性は性的に不能なので、エッチなしで生えてくる筍を探し続けるのではないでしょうか?

葛城山 まむし草


葛城山には『まむし草』の花もたくさん咲いていました。


 ※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。

毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!





にほんブログ村

関連記事

[2017/05/20 13:02] 奈良県 | トラックバック(-) | コメント(-)