fc2ブログ














船宿寺 大手鞠 ツツジ 牡丹 『巌舟権現とニギハヤヒは同一神?』 

奈良県御所市 船宿寺
2017年5月初旬 撮影

船宿寺 参道 大手毬

①巌舟権現

725年、行基の夢の中に巌舟権現が現れ、、「ここから東の方へ行くと、山の中に船形の大きな岩がある。その岩の上に薬師如来をお祀りするように」と告げました。
行基がその夢告に従って探したところ、船形の岩が見つかりました。
そこで、そこに薬師如来を祀り、船宿寺と名付けました。


船宿寺 参道 大手毬2

②海がないのに船宿寺?

奈良県は周囲を京都府・大阪府・和歌山県・三重県に囲まれており、当然海はありません。
海がないのに船宿寺という寺名ってどうよ?

古には河川を航行する船は重要な交通手段でした。
大阪から京の都に行く場合でも、淀川を遡っていったのです。

なので、山中だからといって『船』の漢字がつく寺名がおかしいとはいえないですね。

京都の貴船神社も山中にあり、船形をした岩がありますが、
タマヨリヒメの乗った船が蜑女崎(尼崎)、菟道川、鴨川を経て鞍馬川と貴船川の合流点に達し、貴船川を遡り、霊境吹井のある場所に鎮座したと伝わっています。



③貴船神社は紀氏の神?

貴船神社または貴布禰神社と称する神社は各地にあります。
そのひとつである兵庫県尼崎市の長洲貴布禰神社には次のように伝わっています。

平安京遷都の際、調度の運搬を命ぜられた紀伊の紀氏が「任務が無事遂行できますように」と自身の守り神に祈願したところ、事がうまく運び、そのお礼にこの社を建てました。

「紀氏が自身の守り神に祈願した」ということは貴船神社の神は紀氏の神だということでしょう。
また紀氏の本拠地・紀州は森林資源に恵まれており、紀氏はその森林資源を生かした造船技術に長けていたといわれます。

京都の貴船神社は、平安時代に上賀茂神社の第2摂社となっています。

上賀茂神社の御祭神・賀茂別雷大神の母神は玉依姫で、下鴨神社に祀られています。
そして貴船神社奥の院にある船形石が玉依姫の乗った船であるという伝説があるので、
貴船神社は上賀茂神社と関係がある神社だということで、上賀茂神社の摂社とされたのではないでしょうか。

しかし、貴船神社はもともとは紀氏の氏神を祀る神社なのではないでしょうか?

船宿寺 本堂 大手毬

④巌舟権現は紀氏の神?


すると、行基の夢の中に表れた巌舟権現もまた、造船技術に優れた紀氏の神ではないかと思ったりします。
船宿寺のある奈良県御所市は紀氏の本拠地・紀州(和歌山県)に近いです。

船宿寺 本堂 つつじ

⑤巌舟権現はニギハヤヒ?

巌舟権現ときいてもうひとつ思い出すのが、大阪府交野市の磐船神社です。

初代神武天皇よりも早く、ニギハヤヒが『天の磐船』を操って天下ったとされる場所にあり
『天の磐船』と呼ばれる巨大な磐を御神体としています。

磐船神社 天の磐船 

磐船神社 天の磐船

磐船神社の御祭神はニギハヤヒで、ニギハヤヒは物部氏・穂積氏のの祖神とされますが、熊野国造の祖神ともされています。
国造とは古代の日本で、地方を治める官職についていた人のことです。

船宿寺はこの熊野国造の神を祀る寺(明治まで神仏は習合されていました。)なのかもしれませんね?

船宿寺 ツツジ  

船宿寺 牡丹 


 ※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。

毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!





にほんブログ村



関連記事

[2017/05/17 12:56] 奈良県 | トラックバック(-) | コメント(-)