fc2ブログ














京都駅ビル 雛祭 イルミネーション 『菱餅の菱形は何を意味しているの?』 

京都市下京区 京都駅ビル
2016年3月初旬 撮影

 
 京都駅ビル 雛祭イルミネーション 雛人形 
何回もやりなおして作ったけど、いまいちだった~。

①菱餅

雛祭には菱餅を飾りますね。
菱餅と皆さんご存知のように、赤・白・緑の三色の菱形をしたお餅のことですね。

赤いお餅はクチナシの実で色を付け桃の花を、白いお餅には菱の実を入れ残雪を、緑の草餅はヨモギをいれ若草を表すと言われます。

京都駅ビル 雛祭イルミネーション 菱餅カラー 

②菱餅の形は何をあらわしているの?

菱形の形はなにをあらわしているのかについては諸説あります。

a.菱の実を食べて1000年の生きた仙人の話にちなむ
b 小笠原氏の家紋・三階菱
c 大地をあらわす
d 心臓の形

③菱ってどんな植物?

トウビシの実はとげが2本あります。
またオニビシヒメビシにはとげが四本あります。

武田菱など、菱紋の名前の由来については、葉の形からくるとも、実の形からくるともいわれています。

④菱は角をあらわす?

漢和辞典をひいてみると「夌は音を表し、角のある意からきている」とあります。
菱の実には鋭い角があり、図形の菱形にも鋭角の角があります。
おそらく角のあるものを菱と言っていたのではないでしょうか。

 京都駅ビル 雛祭イルミネーション 桃

⑤鉱物にも角がある

鉱山で採取する鉱物にも角があります。
自然金黄銅鉱

⑥菱は鉱物をあらわす?

日本地質学会員の藤井光男氏さんは、桐生市菱地域は古代鉄生産の里であったとしておられます。

鉱物は植物や動物と違って、腐ることがありません。
古の人にとって腐ることのない鉱物は不老不死を象徴するものだったのではないでしょうか。
そして植物の菱は角があるところから鉱物に喩えられ、そのため菱は不老長寿のシンボルとされたのではないでしょうか。

⑦菱餅は女性器をあらわす?


菱餅は女性器を表すという説もありますね。
で、甘酒は精液だとかなんとか(笑)

これはもうそのとおりだと思いますね。
いろんな伝統行事や道祖神(神像のほか、男性器・女性器を象った石なども道祖神と呼ばれています。)なんかを見ていると、昔の日本人って性に対してオープンだったんだなあ~、と思いますもん。

古代には歌垣といってフリーセックスの習慣もあり、高橋虫麻呂という人がこんな歌を詠んでいます。

率(あども)ひて 未通女壮士(おとめおとこ)の 行き集(つど)ひ かがふ刊歌(かがい)に 人妻に 吾(あ)も交はらむ 吾が妻に 人
も言問(ことと)へ
(誘いあって若い男女が集まる刊
歌で、ぼく、人妻を抱いちゃおう~。君もぼくの奥さん抱いていいよん♪)

また、京都の江文神社には大原雑魚寝という習慣がありました。
もちろん現在はそういう習慣は廃れましたが、与謝蕪村(1716-1784)が大原雑魚寝の歌を詠んでいるところから察するに、少なくとも江戸時代まではこの習慣があったと考えられると思います。
 
性に対して閉鎖的になったのは最近のことなのではないでしょうか?

⑧貝も女性器をあらわしている?


また雛祭には蛤のお吸い物を食べる習慣がありますが、貝というのも女性器を比喩したものだと思います。

道祖神は、日本ではサルタヒコとアメノウズメの男女双体の神とされていますが
「サルタヒコは貝に手を挟まれて溺れて死んだ」と記紀には記されています。
これは、サルタヒコがアメノウズメの性的魅力に溺れて死んだということを比喩的に表現したものだと思います。

道祖神は手をつなぎあう男女の神像で表されることがありますが
これは手をつなぎあっているのではなくて、サルタヒコがアメノウズメに手を押さえつけられているの図なのだと思います。

多気山不動尊 道祖神

多気山不動尊 道祖神

⑧昔の日本人が性に対してオープンであったことを示す写真 いろいろ


飛鳥坐神社 おんだ祭 狂言

飛鳥坐神社 おんだ祭の夫婦和合の狂言

飛鳥坐神社 むすひの神石

飛鳥坐神社 むすびの神石

 飛鳥 勧請綱 雌綱 田植

奈良県明日香村 勧請縄 雌綱(女性器をかたどったもの)
 
飛鳥 勧請綱 雄綱

 奈良県明日香村 勧請縄 雄綱 (男性器を象ったもの)

マラ石 
奈良県明日香村 マラ石

信楽駅の狸

信楽焼の狸


川治温泉 おなで石 

川治温泉 おなで石(おなで石は祠の中の石ではなく、祠の手前にある四角い石)





※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。


毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!


関連記事

[2017/03/05 00:00] 京都府 | トラックバック(-) | コメント(-)