fc2ブログ














岩清水八幡宮 鬼やらい神事 & 横須賀市 道切り 『ヤチマタの神とサイコロの関係』 

京都府八幡市 石清水八幡宮
鬼やらい神事・・・毎年変わります


①鬼やらい神事

そろそろ節分ですね!
1月29日、石清水八幡宮では一足早く鬼やらい神事が行われたようです。(日程は毎年変わります。写真は過去のものです。)

石清水八幡宮 鬼やらい神事2 

鬼が出たよ!

石清水八幡宮 鬼やらい神事  

鬼は子供たちを脅してさんざん泣かせたあと、石清水八幡宮の拝殿へ向かいます。

石清水八幡宮 鬼やらい神事-豆まき

私は鬼とか妖怪とか怨霊が大好き!
なので「鬼、がんばれ!」と心の中で声援をおくります。(笑)
しかし豆を蒔かれて鬼はやっつけられてしまいます。

②ヤチマタ基金

鬼やらい神事のあと、心を入れ替えた鬼たちはボランティアでヤチマタ基金の募金を呼び掛けていました。

石清水八幡宮 鬼やらい神事 鬼の募金活動 
  ヤチマタ基金とは京都府神社庁が行っている、交通災害遺児への奨学助成を目的とした基金のことです。
 http://www.kyoto-jinjacho.or.jp/yachimata.html

ヤチマタ基金のヤチマタはヤチマタヒコ・ヤチマタヒメという神様の名前からつけたものだそうです。

石清水八幡宮 鬼やらい神事 鬼の募金活動2

③ヤチマタヒコ・ヤチマタヒメはもののけの侵入を防ぐ神

ヤチマタヒコ・ヤチマタヒメについては ↓ こちらの記事にも書きました。

石清水八幡宮 雪 『青山祭は疫神スサノオを風葬にするお祭りだった?』 


石清水八幡宮で1月18日に行われている青山祭は、明治以前は道饗祭(みちあえのまつり)とか、疫神祭とも呼ばれていましたが
この道饗祭とはヤチマタヒコ・ヤチマタヒメ・クナドノカミを祀って、都や宮城にもののけなどが入らないように祈る神事でしたね。

ヤチマタヒコ・ヤチマタヒメはもののけの侵入を防ぐ神なのです。
ヤチマタは「八衢」と書きたくさんの道が分かれている所のことをいいます。

石清水八幡宮 青山祭 
石清水八幡宮 青山祭

④「道切り」はヤチマタヒコ・ヤチマタヒメの信仰から生じた風習?

上の記事を書いたところ、aunt carrotさん がメールを下さり、横須賀市長井町荒井の道切りについて教えてくださいました。
ありがとうございました!
こんな神事があるよ~、とか教えていただけるとすごく嬉しいです。



動画、お借りしました! ありがとうございます。

道切りは、疫病や魔性のものなどの災厄が村や里に入ることを防ぎ、禁圧するための呪術習俗です。現在、道切りの行事の多くは廃れ、三浦半島では長井の荒井のみで伝承されています。
https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/0120/movie_channel/rekisi/16.html より引用

道饗祭は宮中にもののけなどが侵入しないようにと行われていた行事ですが、「道切り」もこの道饗祭と同様の意味を持つものなんですね。

ということは、「道切り」はヤチマタヒコ・ヤチマタヒメの信仰から生じた風習ではないかと思えます。

↓ こちらの写真はaunt carrotさんのブログ、Aunt Carrot’sBlog より許可を得てお借りしたものです。(ありがとうございます!)

20150523ko013.jpg

とてもいい写真ですね~♪

向かって左から、藁で作った刀、片方だけのワラジ、さいころ、藁で作った蛇が注連縄につるされています。

⑤サイコロは塞の神をあらわす?

「道きり」につるすものの中で、一番興味深く思ったのはサイコロです。
サイコロは塞の神(さいのかみ)の語呂合わせではないでしょうか。

ヤチマタヒコ・ヤチマタヒメ・クナドノカミは同一の神とされ、塞の神と呼ばれているのです。

クナドノカミは「岐の神」と書き、悪霊が村や集落に入ってくるのを防ぐ神です。

⑧語呂合わせで神格を変える神

つまり、塞の神は語呂合わせでサイコロの神になったのではないかと思うのです。

このように語呂合わせで神格を広げた神は他にもあります。

例えば、和歌の神・柿本人麻呂は人丸と呼ばれることもあり
「ひとまる→火止まる」で防火の神に、「ひとまる→人産まれる」で安産の神へと神格を広げています。



毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!

※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・旅 free style もよろしくお願いします~。




いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

関連記事

[2017/01/31 00:00] 京都の祭 | トラックバック(-) | コメント(-)