fc2ブログ














石清水八幡宮 雪 『青山祭は疫神スサノオを風葬にするお祭りだった?』 

京都市八幡市 石清水八幡宮

①石清水八幡宮 青山祭

男山の麓にある頓宮殿に見慣れないものが。

石清水八幡宮 青山祭

これは1月18日に行われる青山祭の祭場です。
訪れたのは1月15日でしたが、すでに青山祭の祭場が準備されていたのです。

石清水八幡宮 本殿 
石清水八幡宮 本殿

②道饗祭・疫神祭


明治以前、青山祭は道饗祭(みちあえのまつり)とか、疫神祭とも呼ばれていたそうです。

道饗祭とはヤチマタヒコ・ヤチマタヒメ・クナドノカミを祀って、都や宮城にもののけなどが入らないように祈る神事です。

ヤチマタは「八衢」と書きたくさんの道が分かれている所のことをいいます。
クナドノカミは「岐の神」と書き、悪霊が村や集落に入ってくるのを防ぐ神です。

ヤチマタヒコ・ヤチマタヒメ・クナドノカミは同一の神とされ、塞の神と呼ばれています。
なんだかキリスト教の三位一体みたいですね。

疫神とは疫病をもたらす神のことです。

石清水八幡宮  鬼門封じ 

石清水八幡宮 本殿 鬼門封じ


石清水八幡宮 鬼門封じ 

③青山祭は風葬を表している?

☆ ←こちらのサイトに次のように記されています。

大国主神が国譲りして、「八十クマデに隠りましき」とありま すが、「クマデ」というのは、のち「青柴垣」と書かれるように、柴を沢山立て た中に死体が入っていたということです。

http://www.enjoy.ne.jp/~hisasi/98-1.html より引用

以前、ネットで「石清水八幡宮の青山祭は風葬を表している」と書いてあるのを読んだ記憶があるのですが、今ググってみてもみつかりません。

ですが、青山祭の祭場は柴をたくさん立ててあり、その中に遺体が置けるほどのスペースが設けられています。

青山祭は風葬のようすを表しているのではないでしょうか?

石清水八幡宮 東総門 雪

④石清水八幡宮は紀氏の神を祀る神社だった?

石清水八幡宮は清和天皇の勅命によって創建されたとされますが、神官は代々紀氏がつとめていました。
また、かつてその地にあった石清水寺は紀氏の氏寺ではないかとも言われています。

石清水八幡宮の御祭神は八幡大神です。
八幡大神とは誉田別命(応神天皇)・比咩大神(宗像三女神)・息長帯姫命(神功皇后)の総称です。

しかし石清水八幡宮は紀氏の神を祀っている可能性が高いです。
もしくは八幡大神とは紀氏の神であるか、または紀氏の神と習合されているのかもしれません。

古事記・日本書紀には奈良の大神神社も御祭神・大物主神の子孫のオオタタネコが祀ったと書いてあります。
また、その後はオオタタネコの後裔を称する三輪氏がつとめています。

先祖の霊は子孫が祭祀または供養するべきという考え方は昔から(少なくとも記紀が編纂された奈良時代には)あったとかんがえられます。

石清水八幡宮 石清水社 
石清水八幡宮 石清水社

⑤青山祭は誰を風葬にする神事なのか?

ホツマツタエという書物に次のように記されています。
「ソサノオは紀州の生まれで、昔、紀州の南部をソサといったのでソサノオと名付けられた」

伏見区の藤森神社も紀氏が祭祀する神社とされますが、スサノオを祀っています。
ソサノオとスサノオは同一神と考えられます。

そして東山区の八坂神社ではスサノオを疫神として祀っています。

青山祭は、紀氏の氏神であり疫神でもあるスサノオを風葬にする神事なのではないでしょうか。

石清水八幡宮 三女神社 雪 
石清水八幡宮 三女神社


毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!

※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。




いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村


関連記事

[2017/01/29 00:00] 京都府 | トラックバック(-) | コメント(-)