fc2ブログ














大阪天満宮 天神祭 『村上天皇はなぜ大阪天満宮を創祀したのか』 

大阪市北区 大阪天満宮
天神祭 7月25日

天神祭 猿田彦 

露払役の猿田彦(天狗)

●25に縁の深い菅原道真

大阪天満宮の御祭神・菅原道真は25に縁のある人で、誕生日は6月25日、命日は2月25日です。
そのため、25日は天神さん(菅原道真)の縁日 となっています。
天神祭も天神さんの縁日の7月25日に行われています。 

天神祭 地車 
地車

天神祭 獅子舞 

獅子舞

天神祭 傘踊

傘踊

天神祭 陸渡御5

斎主かな? その後ろは御錦蓋(おきんがい/日傘)
 

天神祭 陸渡御4 

御錦蓋

天神祭 采女  

采女。
みなさんべっぴんさんなんですが、ベールごしに見るとますますべっぴんに見える~♡ 



天神祭 陸渡御7  

鳳神輿 

天神祭の陸渡御って見物人も多いけど、行列に参加している人がそれ以上に多いように感じます。
いったい何人の人が行列に参加しているのやら。

何かわからないのもたくさん~(汗)
知ってる人、教えて!


天神祭 陸渡御6 

天神祭 陸渡御3

天神祭 陸渡御2 

御鳳輩
道真公の御神霊が乗っているそうです。



●菅原道姉怨霊となる

菅原道真は平安時代の政治家で、右大臣にまで上り詰めました。
道真の才覚に嫉妬した左大臣の藤原時平が醍醐天皇に「道真は謀反を企てている」と讒言し、道真は大宰府に左遷となり、数年後失意のうちに死亡しました。

天神祭 陸渡御 

↑ これは菅原道真公の像じゃないかと思うんですが、どうでしょう?

あるとき、清涼殿に落雷があり炎上するという事件がおきました。
また疫病が流行り、天変地異もあり、これらは道真の怨霊の仕業だと考えられました。

清涼殿炎上の3か月後に醍醐天皇は崩御しましたが、死因は道真の怨霊を畏れるあまりノイローゼになったためだとも言われています。

怨霊とは政治的陰謀によって不幸な死を迎えた人のことで、疫病の流行や天変地異は怨霊の仕業でひきおこされると昔の日本人は考えていたのです。
そして祟り(怨霊)は神として祭り上げるとご利益を与えてくださる和霊に転じると考えられていました。

●村上天皇が大阪天満宮を創祀したワケ

大阪天満宮を創祀したのは村上天皇ですが、村上天皇は醍醐天皇の皇子です。
醍醐天皇は道真を左遷にした人物ですから、醍醐天皇の子である村上天皇も道真の怨霊を畏れたことでしょう。
末代まで祟ってやる~、なんていいますからね。

村上天皇は道真に祟られては大変、と大阪天満宮を創建したのだと思います。 

天神祭 陸渡御 猩々 

これは猩々だと思います。
猩々とは人間に似た大酒呑みの動物とのこと。
あなたのまわりにも猩々さんいませんか?
 



毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!

※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。



いつも応援ありがとうございます♪


にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村


関連記事

[2016/07/25 00:00] 大阪の祭 | トラックバック(-) | コメント(-)