fc2ブログ














八坂の塔(法観寺) 夕焼けと月 『8に縁の深い浄蔵』  

 
京都市東山区 八坂の塔
撮影 2014年6月


八坂の塔 夕景 
塔百景4

●浄蔵貴所、傾いた八坂の塔を法力でなおす。


八坂神社からねねの道、二年坂を経て八坂の塔へ。
八坂の塔は建て込んだ民家の中に溶け込むようにして建っています。

592年、聖徳太子が如意輪観音の夢告により建てたといわれています。
しかし1436年に焼失してしまい、1440年に足利義教によって再建されました。

平安時代、この八坂の塔が傾いたのを、浄蔵貴所という人が法力でなおしたというのは、岡野玲子さんの人気漫画「陰陽師」にも出てきますのでご存じの方が多いのではないでしょうか。

●8に縁の深い浄蔵貴所

浄蔵は仁和3年(887)3月8日に、文章博士・三善清行の八男として生まれました。
あれれ?その浄蔵が八坂の塔を法力でなおしたなんて、浄蔵という人はに縁の深い人ですね?

また浄蔵は托鉢の鉢を飛ばして食べ物を集めていたという話もあります。
鉢の音は八に通じます。

●8は復活を意味する数字?

梅原猛さんは数字の8は復活を意味する数字だとおっしゃっています。
八角墳や八角堂は死者の復活を願って作られたものではないかというのですね。

そういえば、浄蔵は一条戻り橋で死んだ父親を一瞬、生き返らせています。

浄蔵の誕生日が3月8日だとか、三善清行の八男である、八坂の塔が傾いたのを法力で直したというのは真実ではなく、
復活を意味する数字・八に縁起を担いだものなのではないでしょうか。 

八坂の塔 月

塔百景5


 


 毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!

※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。



いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

関連記事

[2016/07/03 00:00] 京都府 | トラックバック(-) | コメント(-)