fc2ブログ














飛行神社 関西空港 『飛行の神・ニギハヤヒは流星の神だった。』 


京都府八幡市 飛行神社
大阪府泉南郡 関西空港

飛行神社 

①飛行神社


京都府八幡市の男山のふもとをぶらぶらと歩いていると、不思議な神社を発見!
ジュラルミンの鳥居の前には飛行機のプロペラが。
1915年(大正4年)、二宮忠八という航空機研究者が創建した神社で、飛行神社といいます。

関西空港 夕景2 
関西空港

②飛行器開発に情熱を注いだ二宮忠八

1887年(明治20年)、二宮忠八はカラスが羽ばたいていないのを見て、翼で風を受け止めれば空を飛べるのではないかと考「烏(からす)型飛行器」の模型を作製しました。
飛行機ではなく、飛行器だそうです。

1891年(明治24年)には10mを飛行させることに成功。
1893年(明治26年)、忠八は「玉虫型飛行器」の開発に着手します。
そして有人の「玉虫型飛行器」の開発を軍隊の上司に上申しますが、却下。
そこで忠八は大日本製薬株式会社に入社し、飛行器開発資金を得ようと必死で働きました。

③二宮忠八、飛行器開発をやめ神主となる。

そしてようやく研究を再開しようとした矢先、1903年(明治36年)にライト兄弟が有人飛行に成功したことを知るのです。
このニュースをきいた忠八は飛行器の開発をやめてしまいました。
そして飛行機事故で亡くなった人々を弔うために飛行神社を創建し、神主となったのです。
科学とは180度異なる宗教の世界に身を置いた忠八の心境とはいかなるものだったのでしょうか。

関西空港 夕景 
関西空港

④飛行機の神・ニギハヤヒ


飛行神社では飛行機の神・ニギハヤヒ、航空殉難者の霊などを祀っています。
記紀によれば、ニギハヤヒは天の磐船を操ってに哮ガ峰(タケルガミネ)に天下ったと記されています。
忠八はこの天の磐船を飛行機だと考え、ニギハヤヒを飛行機の神として大阪府交野市の磐船神社より勧請したのです。

星のブランコ 紅葉3

↑磐船神社の近くにある吊り橋『星のブランコ』です。
ニギハヤヒが天の磐船から見た風景もこんな感じだったのかもしれません。

磐船神社 天の磐船 

↑磐船神社のご神体・天の磐船は船形をした巨大な石です。

ニギハヤヒが乗っていた天の磐船の正体とは?

雲陽誌という書物に次のような内容が記されています。

島根県松江市の松崎神社では延宝7年に石が掘り出され、古語『星隕って石となる』から神・ニギハヤヒの石として宝物にしました。
ニギハヤヒは星の神です。


そして大阪府交野市あたりには次のような伝説が伝えられています。

空海が呪文を唱えると、天上より北斗七星が交野の地の三箇所(星田妙見宮・星の森・光林寺)に堕ちました。
そして星田妙見宮・光林寺ではそのとき堕ちた星として、石を祀っています。
(星の森にも石があるのでしょうか?ちょっとわかりません。)

星田妙見宮 織女石 

星田妙見宮

昔の人々は巨大な石は空から落ちてきた星だと考えたようです。
ということは、ニギハヤヒが乗っていた天の磐船とは流れ星なのではないでしょうか。




いつも応援ありがとうございます♪



にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
関連記事

[2017/01/22 00:00] 京都府 | トラックバック(-) | コメント(-)