fc2ブログ














施福寺  紅葉 『施福寺を創建したのは行満大明神?』 

大阪市和泉市 施福寺
2013年11月23日 撮影

施福寺 紅葉7 
①僧・行満

槇尾山施福寺は飛鳥時代、欽明天皇(509-571年)の勅願によって行満が創建したと伝わります。
日本への仏教伝来は552年または538年とされ、百済の聖王より伝えられたと考えられています。
そして施福寺は仏教伝来後、まもない時期に創建されたということになりますね。

行満でぐぐっても、僧侶の名前としてはあまりヒットしません。
そのかわり、大行満・行満大明神などがでてきます。

施福寺 紅葉4

②大行満は千日回峰行をした人

大行満とは密教・修験道で、千日回峰行をした人に与えられる称号です。

千日回峰行とは千日間かけて霊山を巡拝行することで、比叡山の相応和尚によって始められました。

回峰行者は、頭には未開の蓮華をかたどった桧笠を被り、白装束をまといます。
千日回峰行は一度始めたら途中でやめることができないとされ、行半ばで挫折した場合には自ら命を絶つものとされています。
白装束をまとうのはそのためであると言われます。

施福寺 紅葉6

千日回峰行に要する期間は7年間。
1年目から3年目までは、毎年100日間、1日に30キロ歩いて260箇所を礼拝します。
4年目と5年目は、同じく30キロを200日礼拝します。
その後、9日間の断食・断水・不眠・不臥の“堂入り”に入り、不動真言を唱えつづけるとのこと。
6年目はこれまでの行程に京都の赤山禅院への往復を加えて、1日約60キロの行程を100日。
7年目の前半は比叡山山中の他、赤山禅院から京都市内を巡礼する84キロを100日。
最後の100日間は、1年目と同じく1日30キロをめぐり満行となります。

施福寺 紅葉2

施福寺は天台宗で、天台宗の総本山は比叡山延暦寺です。
延暦寺の創建は788年で、施福寺は延暦寺よりも創建が古いです。
(欽明天皇の勅願によって創建された寺なので、仏教伝来の538年から欽明天皇が崩御した571年の間に創建されたと考えられますね。)
日本の寺院は宗派を途中で変えることがしばしばありますので、施福寺が天台宗であっても不思議はないです。

施福寺 紅葉3 
③行満大明神

行満大明神を祀っているのは三重県鈴鹿市山本町の椿大神社です。参拝したことはないのですが~。

椿大神社の主祭神は猿田彦大神、相殿に皇孫・瓊々杵尊、幡千々姫命を、配祀に天之鈿女命、木花咲耶姫命を、前座に行満大明神を祀っています。

行満大明神は猿田彦の神裔で、修験神道の元祖。役行者を導いた神ということです。

大行満とは密教・修験道で、千日回峰行をした人に与えられる称号でしたね。
すると、施福寺を創建した僧・行満とは修験道の祖・行満大明神のことであるのかも?

施福寺 紅葉 

施福寺 紅葉8 



 ※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。

ありがとうございました!






にほんブログ村    



関連記事

[2019/11/06 18:39] 大阪府 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kntryk.blog.fc2.com/tb.php/1608-faa99454