FC2ブログ














治田(はるた)神社 藤 『小墾田宮(小治田宮)の神が岡宮を守護する?』 


奈良県高市郡明日香村 治田神社
2013年 5月初旬 撮影


治田神社 藤2 

①治田神社は岡寺の鎮守?


岡寺の仁王門前に治田(はるた)神社があります。

治田神社があった場所にはもともとは岡寺があったようで、境内にはいくつかの礎石が残されています。
また岡寺所藏の古図には治田神社の敷地に金堂や塔が描かれているそうです。

治田神社は当初は現在地より東方にある天神山にあったのが、明日香村豊浦付近に移転し、さらに岡寺の移転後、現在地に鎭座したとされます。

岡寺の東1.27kmほどの奈良県桜井市高家に 天神社跡(加夜奈留美命神社古社地)があります。

天神山がどこにあるのかわからないのですが
http://www.y-tohara.com/nara-ask-imasu.html
上のサイトに次のように記されています。

飛鳥社旧鎮座地という賀美郷甘南備山の所在地については諸説がある。主なものとして
 ・雷丘(イカヅチオカ)説--当社の西北約700mの明日香村雷(イカツチ・飛鳥川右岸)
 ・天神山説--当社の南約200m(酒船石の北辺り)

上記サイトより引用


どうやら酒船石の北にある山を天神山と呼ぶようです。
しかし、酒船石は岡寺の西北で東ではありませんw。

治田神社はもともとは治田氏の祖先を祀る神社であったと考えられていますが、
いつのころからか、社名を八幡宮と称して応神天皇(品陀別天皇 )をお祀りするようになったとされます。

八幡宮の総本社は大分県の宇佐八幡宮ですが、平安時代には清和天皇が即位した際、清和天皇の護持を目的に宇佐八幡宮より勧請して石清水八幡宮が創建されています。

岡寺は天智天皇の勅願によって義淵僧正が建立した寺なので、治田神社は天皇護持を目的として岡寺跡に移されたのかもしれませんね。
これだけ岡寺と近い距離にあるということは、治田神社は岡寺の鎮守とも考えられますしね。

岡寺 藤 

治田神社より岡寺三重塔を望む

②治田神社は小墾田宮と関係があるとか?

治田神社は治田氏の祖先を祀る神社と考えらえているとのことですが、治田氏ってどんな氏族なんでしょうか?
調べてみましたがわかりませんでした。

私は治田神社ときいて、私は小墾田宮(おはりだのみや)を思い出しました。
なんでかって?
小墾田宮は小治田宮とも記されるからです。

小墾田宮(おはりだのみや)は飛鳥時代の推古朝、奈良時代の淳仁朝・称徳朝の宮殿です。

603年、推古天皇は即位すると豊浦宮から小墾田宮に遷宮しました。
推古天皇の摂政は聖徳太子でしたので、聖徳太子が冠位十二階、十七条憲法などを制定したのは小墾田宮においてだと考えられます。

淳仁・称徳朝の小治田宮は両天皇の行宮(あんぐう)でした。
行宮とは一次的な宮のことで、行在所(あんざいしょ)、御座所(ござしょ)、頓宮(とんぐう)ともいいます。

760年、淳仁天皇は播磨国など4か国の糒をに蓄えた上で行幸しています。

小墾田宮の場所は「古宮」という小字名がある奈良県高市郡明日香村豊浦が有力視されていました。

大阪歴史博物館 女官 

難波宮跡近くにある大阪歴史博物館で展示されている飛鳥時代の女官。
小墾田宮の女官もこんないでたちをしていたのでしょう。


③小墾田宮(小治田宮)はどこにあったか?

1970年、1973年の発掘調査では宮殿跡は発見されませんでしたが、7世紀初めの掘立柱建物群、庭園、大溝などの遺構が見つかりました
1986年、雷岡南麓の雷内畑遺跡(いかづちうちばたいせき)で、6世紀末から7世紀初めの苑池と石敷の一部分が発見されました。
これが推古朝の小墾田宮ではないかとも考えられています

1987年、雷丘東南の雷丘東法遺跡3次発掘]で「小治田宮」と墨書した土器破片が出土し、淳仁朝の小治田宮はこの付近にあったと考えられています。

ファイル:雷丘東方遺跡出土 「小治田宮」墨書銘土器.JPG

雷丘東方遺跡出土 「小治田宮」墨書銘土器

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:%E9%9B%B7%E4%B8%98%E6%9D%B1%E6%96%B9%E9%81%BA%E8%B7%A1%E5%87%BA%E5%9C%9F_%E3%80%8C%E5%B0%8F%E6%B2%BB%E7%94%B0%E5%AE%AE%E3%80%8D%E5%A2%A8%E6%9B%B8%E9%8A%98%E5%9C%9F%E5%99%A8.JPG よりお借りしました。

④岡宮を守護する小墾田宮(小治田宮)の神?


治田神社の「治田」に「小」をつけると「小治田宮」となりますが、「小治田宮」は小墾田宮の別名でもあります。
治田神社は小治田宮と関係のある神社なんてことはないでしょうか。

岡寺は天武天皇の皇子・草壁皇子の岡宮があった場所だと伝えられています。

岡宮を守護する神として、小墾田宮(小治田宮)の神はぴったりではないかと思ったりもしますがw。

治田神社 藤 


まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。

毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!




にほんブログ村












関連記事
スポンサーサイト




[2019/06/10 10:35] 奈良県 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kntryk.blog.fc2.com/tb.php/16-f30dcf9c