fc2ブログ














長浜城 昼夕晩 & 長浜の街並 『琵琶湖はなぜ堆積物が埋まって消滅しないの?』 


滋賀県長浜市 長浜城模擬天守(長浜歴史博物館)


長浜城 

琵琶湖に浮かぶ竹生島へ向かう船の上から撮影

①河川からの堆積物で埋め立てられて湖の寿命は尽きる。

ウィキペディアの「古代湖』の項目に次のように記されています。

古代湖(こだいこ、英語:ancient lake)とはおよそ10万年以上存続している湖の呼び名。
一般的に湖の寿命は数千年から数万年と言われている。
これは、流入する河川からの堆積物で湖が埋め立てられるためである。
しかし一部の湖は10万年以上の年齢をもち、なかには数百万年から2000万年以上の寿命を有する湖が存在する。
このような湖を古代湖と呼ぶ。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E4%BB%A3%E6%B9%96 より引用

琵琶湖は約400万年前にできたとされる古い湖です。

琵琶湖はなぜ約400万年もの間、堆積物で埋まって消滅しなかったのでしょうか?

 長浜の商店

②琵琶湖は地震で大きくなる。

https://services.osakagas.co.jp/portalc/contents-2/pc/tantei/1270833_38851.html

上記記事にこんなことが記されていました。

琵琶湖博物館学芸員の里口さんによると、
琵琶湖に流れ込んでいる100以上の河川が運んでくる土砂が湖の縁を埋めるのが原因で琵琶湖は年々小さくなっているそうです。
これはどんな湖でも起こる現象です。
しかし、琵琶湖の西側にある断層が、数百年~数千年に一度の周期で地震を起こすことが原因で、
琵琶湖の湖底が下がって深くなり、湖岸線の位置が広がって湖の面積が広くなっていくということです。

 長浜の町並

③琵琶湖は北へ移動している。

琵琶湖ははじめは現在の三重県の山田村あたりにでき、地殻変動によって北へ移動し、現在地に至ったと考えられています。

https://services.osakagas.co.jp/portalc/contents-2/pc/tantei/1270833_38851.html

上記6枚目の図に、琵琶湖の変遷がわかりやすく記されています。

一番左の図は琵琶湖ができたばかりのころの図ですが、現在の琵琶湖に比べるとかなり小さな湖ですね。
左から2枚目の図では琵琶湖はかなり大きくなっています。
左から3枚目の図には湖はなく、川・沼を含む湿地が広範囲に広がっています。かなり堆積物が積もったため、湖は沼になったということでしょうか?
一番右側の図では、沼地の西側に湖ができています。

通常ならば堆積物で湖は消滅してしまうところ、②でのべたように地震が起きて湖底がさがり、その結果、安定した湖が出来たということでしょうか?

浄琳寺


ウィキペディアの「琵琶湖」の項目には次のように記されています。

「琵琶湖が形成された時期は、約400万年~600万年前で、現在の三重県伊賀市平田に地殻変動によってできた構造湖であった。(大山田湖)。
湖は次第に北へ移動し、現在から約100 - 40万年前、比良山系によって止められる形で現在の琵琶湖の位置に至ったという。
大山田湖以前、現在の琵琶湖の位置には山(古琵琶湖山脈)があり、鈴鹿山脈は未だ隆起せず、今日の琵琶湖東南部の河川は伊勢湾へ流れていた。それを裏付けるように、鈴鹿山脈の主要な地質は礫岩である。
また、琵琶湖に流入する最大の川で、東南に位置する野洲川は、当時西方ではなく、東方へ流れていたという。


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%90%B5%E7%90%B6%E6%B9%96より引用

長浜城 夕景

長浜水中遺跡

1枚目の長浜城の写真は琵琶湖に浮かぶ竹生島へ向かう船の上から撮影したものです。
長浜城は琵琶湖のほとりに建てられていたのですね。

そして長浜城の近くに長浜水中遺跡があります。

2015年、沖合100メートル、水深1・8メートルの湖底で木製の柱8本(最大直径19.5センチ、最長65.7センチ)などが発見されました。

建物は東西2.1メートル、南北1.8メートルで、祠跡と考えられています。
放射性炭素年代測定法によれば、建物が作られたのは江戸時代後期の1801年~1818年ということです。

1819年に湖東地域を震源に起きたマグニチュード7.2前後の文政近江地震による地盤沈下で水没したのではないかと考えられています。

琵琶湖には長浜水中遺跡のほかにも水中遺跡が多数あります。
地震による地すべりが原因と記された記事もありました。
地すべりでできたと思われる湖底の小山が確認されているというのです。
しかし地すべりだけでなく、地震によって湖底がさがり、湖岸線の位置が広がったことが原因で水没した建物や村などもあるのではないでしょうか。

長浜城 月


まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。

毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!




にほんブログ村






 

関連記事

[2019/06/24 11:38] 滋賀県 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kntryk.blog.fc2.com/tb.php/1499-3675e621