FC2ブログ














天保山と天保山渡船場 『地盤沈下で低くなった築山』 

2019年5月2日 撮影

落合上・落合下・千本松渡船場についての記事はこちら→大阪市の渡し(千本松・落合下・落合上) 夕景 『今も現役!大阪の渡し』 

渡船場案内マップ 

大阪市内には8か所の渡しがあります。無料で乗ることができますよ♪

天保山跡

①日本で2番目に低い山

天保山は標高4.53mの築山で、1996年から2014年までは日本一低い山とされていました。
しかし、2014年の調査で、宮城県仙台市の日和山が標高3mで日本一低い山と認定されたので、天保山は日本で2番目に低い山となりました。

日和山は以前は天保山よりも標高が高かったのですが、2011年の東日本大震災の際、地盤沈下し、さらに津波にみまわれて消滅したそうです。
地元住民がその場所に砂利を積み上げるなどした結果、国土地理院は日和山を山として認定したということです。

消防艇 
天保山公園より安治川を望む 消防艇

②天保山は高度成長期の地盤沈下で標高が低くなった。


天保山は築山=人口の山です。




天保山の北には安治川が流れていますが、水上交通が盛んだったころ、安治川は淀川の本流で大阪湾と大坂市中を結ぶ重要な航路でした。
しかし淀川が大量の土砂を運んでくるため、1831年に「天保の大川浚」とよばれる浚渫(しゅんせつ)工事が行われました。
浚渫とは皆底の土砂を取り除くことをいいます。
この浚った土砂を積み上げて築いたのが天保山なのです。

Unusual Views of Celebrated Bridges in the Provinces-Sesshu Ajikawaguchi Tenpouzan

葛飾北斎が描いた天保山

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Unusual_Views_of_Celebrated_Bridges_in_the_Provinces-Sesshu_Ajikawaguchi_Tenpouzan.jpg
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/c/c3/Unusual_Views_of_Celebrated_Bridges_in_the_Provinces-Sesshu_Ajikawaguchi_Tenpouzan.jpg よりお借りしました。
葛飾北斎 [Public domain]

上は葛飾北斎が描いた天保山の絵ですが、現在の天保山とはずいぶん違います。
現在の天保山周辺には大観覧車があったり、工場や倉庫が立ち並んでいるというのもありますが
一番の違いは天保山の標高です。
現在の天保山は標高4.53mとされますが、北斎が描いた天保山はそれよりもずっと高いように見えます。

これは北斎が山の高さを誇張したのではないようです。

1854年、ロシア軍艦ディアナ号が大坂湾沖にやってきて、艦長・エフイム・プチャーチンが親善通商条約の締結交渉を要求しました。
これに対して大坂城代・土屋寅直は砲台を天保山に建設してロシアの攻撃に備えました。
その際、天保山は削られたということです。
大砲は一度も使用されないまま、明治期に廃棄されました。
明治期の標高は7.2mとされます。

昭和46年には標高7.1mあったそうです。
ところが高度成長期に地下水をくみ上げた影響で地盤沈下がおこり、その結果標高が低くなってしまったということです。

現在の天保山の標高は4.53m、と言うことは、地盤沈下で2.57mも沈んだ?

人工島の関西国際空港は開港より四半世紀で、1期島は最大3.43m、2期島は最大4.14mも沈んでいるということなので長い年月の間に2.57mならまだいいほうなのかも?

サンタマリア

 天保山公園より安治川を望む サンタマリア

③天保山渡し

明治38 年、安治川の天保山と此花区桜島三丁目間の400メートルを渡しが開設され、現在も運航されています。

天保山渡船場 

Tenpozan Ferryと書いてあります。

「英語では渡し船やフェリーなど含めてferryであるが、日本語では渡し船とフェリーは明確に区分される。 」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%83%BC より引用

ウィキペディアには↑ このように書かれていますが、このごろは外国人観光客が多いので、Tenpozan Ferryでまちがいないですね!

天保山渡船場 乗り込み

バイクはダメだけど、自転車の乗船はok。座席はなく、立ったまま乗ります。

天保山渡し と 橋

天保山大橋と渡し船

天保山渡し と 観覧車

天保山大観覧車

観光船 夕景

キャプテンライン

サンタマリア 夕景 
サンタマリア 船が建物にかぶっちゃってるのがイマイチだなあ~

天保山渡し 夕景

夕暮れの渡し船

キャプテンラインやサンタマリアに乗るのもいいけど、渡し船も風情があっていいですよっ♪




まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。

毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!




にほんブログ村




 

関連記事
スポンサーサイト




[2019/05/06 00:00] 大阪府 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kntryk.blog.fc2.com/tb.php/1460-6da4b0e2