fc2ブログ














羽淵鋳鉄橋 桜 生野銀山 地下アイドル 『亀と鉱山』 


兵庫県朝来市 羽淵鋳鉄橋 生野銀山
2019年4月14日撮影(羽淵鋳鉄橋)

羽淵鋳鉄橋 

①馬車道と羽淵鋳鉄橋

「羽渕のめがね橋」の愛称のある鋳鉄製二連の美しい洋式の橋である。明治20年に神子畑鋳鉄橋と同時に架橋されたものであり、神子畑鉱山・選鉱所から生野精錬所へ鉱石を運搬用の五つの鋳鉄橋のうちのひとつである。

https://www.city.asago.hyogo.jp/0000000401.html より引用

IMG_2266.jpg

神子橋選鉱所


https://www.city.asago.hyogo.jp/0000000401.html
上の羽淵鋳鉄橋の説明のタイトルに「馬車道」とありますので、羽淵鋳鉄橋の上を鉱物を運ぶ馬車が通っていたのでしょう。

銀の馬車道 
銀の馬車道(道の駅 銀の馬車道・神河ふきん)※上2枚は秋に撮影したものです。

生野には古より生野銀山がありましたが、おそらくその近くに生野精錬所があった(ある)のではないかと思います。
生野精錬所って今もあるんでしょうか?

前回ご紹介した竹田城の城主が生野銀山を管轄していたようです。
竹田城は織田信長が派遣した羽柴秀長〈豊臣秀吉の弟)によって攻撃され、竹田城主・太田垣朝延が敗戦していますが、
竹田城を責めた目的は生野銀山を手に入れるためであったとも考えられています。

竹田城 桜2 
竹田城

②地下アイドル♪

現在の生野銀山にはたくさんの人形が置かれていて「地下アイドル」として評判になっていますねw。



かなり以前に生野銀山に行ったことがあります。
そのとき地下アイドルたちはすでにいました。↓ 

生野銀山 唐箕で風を送る手子 
生野銀山 手彫り 

生野銀山 負子 

生野銀山 竪穴 

③銀石を乗せた亀の伝説

生野銀山には、「大亀が背中に銀石を乗せて這い出した所を掘り進むと、良質の鉱石が見つかった」と言う伝説があるそうです。

亀は鉱山と関係があるような気がします。

④ムカデと鉱山と毘沙門亀甲

坑道のことをムカデ穴といいます。
それは坑道が枝分かれして伸びる様子がたくさんの足を持つムカデにたとえられたためだと思います。

で、奈良の朝護孫子寺では額などにムカデのレリーフが刻まれています。↓

朝護孫子寺 額

朝護孫子寺 ムカデのレリーフ

朝護孫子寺のある信貴山はかつて鉱山だったんでしょうか?

その朝護孫子寺の門は毘沙門亀甲といいます。↓

File:Bisyamonkikkou3.svg

毘沙門亀甲紋 

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Bisyamonkikkou3.svg?uselang=ja よりお借りしました。
作者はLife of Rileyさんです。(ありがとうございます)

どうでしょう、亀と鉱山には関係ありそうに思いませんか?

⑤毘沙門天=玄武(亀+蛇)=北方守護の神=鉱山の神?


また朝護孫子寺は毘沙門天をご本尊としていますが、毘沙門天は四天王のメンバーとしては多聞天といい、北方守護の神とされます。
(東=持国天、南=増長天、西=広目天)

四天王は仏教の神ですが、中国では北は玄武、東は青龍、南は朱雀、西は白虎という創造上の四聖獣がそれぞれの方角を守護すると考えられていました。

玄武は丘陵に、青龍は清流に、朱雀は湖沼に、白虎は大道に棲むとされ、
北に給料、西に清流、南に湖沼、西に大道のある土地は四神相応の地であるとして都が作られたりしました。
平安京などが四神相応の地とされます。
江戸も四神相応の地だといわれることもありますが、北ー玄武に相当する富士山が西に大きくずれており、私は江戸は四神相応の地に作られた都市ではないと思います。

詳しくはこちらの記事をお読みください。→ カシオペア・北斗七星・北極星の呪術⑰ 『江戸の町は北極星になぞらえて造られた?』 

さて、北方守護の聖獣・玄武についてですが、亀に蛇が巻き付いた姿をしています。

新熊野神社 玄武 

新熊野神社 玄武

そして北方守護の神・毘沙門天はもともとはとはもとはクベーラという地下の財宝を守護する神、鉱山の神です。

毘沙門天=北方守護の神=地下の財宝を守護する神。鉱山の神。
玄武(亀&蛇)=北方守護の神
∴玄武(亀&蛇)=北方守護の神=鉱山の神

上の写真の玄武にも亀甲柄が描かれています。
この亀甲柄は鉱物をあらわすものではないかと思います。
鉱物はだいたい角張った形をしているので。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%89%B1%E7%89%A9#/media/File:%E9%89%B1%E7%89%A9.jpg


このようなところから、大亀が背中に銀石を乗せて這い出した所を掘り進むと、良質の鉱石が見つかったという伝説が創作されたのではないでしょうか。



※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。

毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!




にほんブログ村  





関連記事

[2019/04/17 20:49] 兵庫県 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kntryk.blog.fc2.com/tb.php/1437-8d50dd59