fc2ブログ














藤森神社 追儺式 『紀氏は早良親王の怨霊の祟りにおびえた?』 


京都府伏見区 藤森神社
追儺式・・・2月3日


藤森神社 紫鬼2  

ヘビメタライブか、と思えるほどハデなパフォーマンス!しびれるかっこよさの追儺式でした。

①紀氏の神を祀る神社

藤森神社はもともとは伏見稲荷大社の場所にあったとされています。
その場所に伏見稲荷大社が建てられることになったので、藤森神社は移転したというのです。

伏見稲荷大社があるあたりは山城国紀伊郡といい、紀氏の土地であったのが、藤原氏や秦氏が権力を持つようになって紀氏は土地を奪われたと考えられています。

 藤森神社 節分 お焚き上げ  
伏見稲荷大社では宇迦之御魂大神、佐田彦大神、大宮能賣大神、田中大神、四大神を祭っていますが
柴田實氏によると、四大神とは、五十猛命(いそたけるのみこと)、大屋姫(おおやつひめ)、抓津姫(つまつひめ)、事八十神の四柱の神々のことだということです。(式内社調査報告)

五十猛命(イソタケル)は、スサノオの子で、林業の神です。
記紀の記述によれば五十猛神は紀伊国に祀られている神とあります。紀伊国とは紀州のことです。

 また記紀の記述によれば、大屋都姫命(大屋姫)はスサノオの娘で、五十猛命は兄、抓津姫は妹としており
大屋都姫命と抓津姫はスサノオに命じられて五十猛命と共に全国の山々に木種を撒いたあと紀伊国に戻ったとあります。

そして、和歌山市宇田森の大屋都姫神社では大屋都姫命を、和歌山市伊太祈の伊太祁曽神社では五十猛命を主祭神としています。
都麻都姫命(抓津姫)は都麻都比売神社の主祭神とされていると古い文献には記されていますが、この都麻都比売神社が現在のどの神社のことであるのかは不明です。

藤森神社 赤鬼3

紀州は古より林業が盛んだったので、紀州の人々は林業の神・五十猛神や、木種をまいた大屋都姫命・抓津姫を信仰していたのでしょう。
そして紀州は紀氏の本拠地でした。
五十猛神・大屋都姫命・抓津姫は紀氏の神だと考えられるでしょう。

伏見稲荷大社は紀氏の土地を奪っただけでなく、紀氏の神まで奪ってたのではないか、と思えます。

和歌山県有田氏の糸我稲荷神社が最古の稲荷社だともいわれています。

藤森神社 緑鬼2

②スサノオは紀氏の祖神

藤森神社の主祭神はスサノオです。
ホツマツタエという書物では、紀氏の祖神はソサノオであるとしています。
紀伊半島の南部を昔ソサといい、ソサで生まれたのでソサノオと名付けられたというのです。

すると藤森神社が紀氏の神社であるということと整合性がとれます。

藤森神社 赤鬼2 

③御霊(怨霊)を祀る神社

藤森神社ではスサノオのほか、次のような神々を祀っています。

本殿(中座)・・・スサノオ・別雷命・日本武命、応神天皇・神功皇后・武内宿祢・仁徳天皇
東殿(東座)・・・天武天皇 崇道尽敬皇帝(舎人親王)を、
西殿(西座)・・・崇道天皇(早良親王)伊予親王・井上内親王

西殿に祀られているのは御霊(怨霊)と言われている人々です。

怨霊とは政治的陰謀によって不幸な死を迎えた人のことで、疫病の流行や天災は怨霊の仕業で引き起こされると考えられていました。

伊予親王について→飛鳥 光の回廊 川原寺 『伊予親王が幽閉された川原寺は飛鳥の川原寺ではなかった?』  
井上内親王について→室生寺 石楠花 『龍神の正体』 

藤森神社 緑鬼 

④紀氏と早良親王

早良親王は桓武天皇の同母弟で皇太子だったのですが、桓武天皇は我が子の安殿親王(のちの平城天皇)を皇太子にしたいと考えていました。
そして桓武天皇は藤原種継暗殺事件にかかわったとして早良親王を流罪としました。
早良親王は無実を訴えてハンガーストライキを決行し、淡路にむかう舟の上で憤死したと伝えられます。

紀氏はこの早良親王と関係があるみたいで、奈良紀寺のとなりにも早良親王をまつる御霊神社があります。

藤森神社 赤鬼 
⑤早良親王は征夷大将軍ではなかった。

藤森神社には、早良親王についての、こんな伝説が伝えられています。

早良親王が皇太子になった後、蝦夷の反乱がおこった。
早良親王は征夷大将軍となり、藤森神社に戦勝祈願をして出陣しようとしたが、蝦夷はこれを聞いて畏怖し、乱は戦わずして平定された。


これは史実とは思えないです。
皇太子のような位の高い人が征夷大将軍になるとは考えられませんし、ウィキペディアの「歴代征夷大将軍」を見ても早良親王の名前はありません。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%81%E5%A4%B7%E5%A4%A7%E5%B0%86%E8%BB%8D

藤森神社 節分 


⑥征夷大将軍・紀古佐美、早良親王の怨霊の祟りで死ぬ。


歴代征夷代将軍の中に紀氏の名前があります。
8代目の紀古佐美です。

789年、紀古佐美は征夷大将軍となって阿弖流為率いる蝦夷と戦いますが、大敗しています。
そして、この大敗は早良親王の怨霊の祟りとされたのです。

さらにこの人は797年に亡くなっていますが、その死もまたは早良親王の怨霊の祟りだとされたようです。

そういうわけで紀氏は早良親王の霊を鎮めるため、御霊として祀り、さらには征夷大将軍になって勝利をおさめたという作り話まで作ってしまったということではないでしょうか。

藤森神社 追儺式 
がおーーっ

藤森神社 追儺式2 
わ、豆ぶつけないでえー!

藤森神社 紫鬼 

歴史ブログ・旅 free style もよろしくお願いします~。

毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!





にほんブログ村    




関連記事

[2019/01/30 14:29] 京都の祭 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kntryk.blog.fc2.com/tb.php/1372-b751cc5d