fc2ブログ














蘆山寺 追儺式鬼法楽 『節分の豆になった元三大師』 


京都市上京区 蘆山寺
追儺式鬼法楽 2月3日


もうすぐ節分ですね!

蘆山寺 節分 赤鬼


①蘆山寺は紫式部の邸宅跡って本当?


角田文衞氏の考証によれば蘆山寺は紫式部の邸宅跡だといいます。
京都御所のすぐ横にある廬山寺の土地は紫式部の曽祖父・藤原兼輔の邸・堤第があった場所だそうです。
堤第は紫式部の父・為時に伝領されたといわれるため、為時の娘・紫式部はここで人生の大部分を過ごしたのではないかというのです。

蘆山寺 節分 鬼三匹3

しかしこの角田氏の考証には若干の疑問を感じます。

古代日本の結婚形態は妻問婚が多かったようです。
妻問婚とは男が女のもとへ夜這いしていくという結婚形態で、子供の養育権は母方が持っていました。
平安時代中期より子供の養育を父一族で行う習慣が生じました。
そのため後三条天皇以降、摂関政治が衰退したと言われます。

後三条天皇の生没年は1034年~1068年です。
紫式部の生没年は不明ですが、生年は970年~978年、没年はわかりませんが1019年までは存命したと考えられています。
紫式部が生きていた時代は、ちょうど妻問婚から夫居婚の切り替わり時期であったようにも思われます。
紫式部は母方(藤原為信の娘)の屋敷で育った可能性もあるんじゃないかと思うのです。

しかし角田文衞氏の考証については、「彼が考証した」内容を直接読んだわけではありませんので
(角田氏がこんな風に考証したという文章を読んだだけw)
できれば角田氏の論文等を読んでみて、もう少しじっくり考えてみたいと思います。

蘆山寺 節分 鬼三匹2

②蘆山寺は紫式部ゆかりの地というよりも元三大師ゆかりの地というべき?

写真に「元三大師」と記された提灯が写っていますね。
「元三大師」とは蘆山寺を創建した僧侶・良源の呼称です。

蘆山寺は938年に、元三大師によって創建されましたが、創建されたのは現在地ではなく北山でした。
1243年に法然の弟子・覚瑜が船岡山山麓に再興しました。
戦国時代、豊臣秀吉の寺町建設によって現在地に移転しました。

蘆山寺が紫式部の曽祖父・藤原兼輔が所有していた堤第跡に移転したのは、何か意味があったのかもしれません。
ですが、蘆山寺は紫式部ゆかりの地としてとらえるよりも、元三大師ゆかりの地と考えたほうがしっくりくるような気がします。

蘆山寺 節分 鬼二匹 
③鬼の姿になった良源


良源が元三大師と呼ばれるのは、彼が正月の3日に亡くなったためです。
また良源は角大師とも呼ばれていますが、それは、次のような伝説によるものです。

疫病が流行し、元三大師も感染して高熱を出しました。
自分と同じ苦しみを人々に与えたくない。
彼はそう考えて祈ったところ、疫鬼が現れましたが、そのとき元三大師は鬼のような姿になっていたので、疫鬼は逃げていきました。


正月には各地で角大師の姿を描いた護符が出されますが、それは鬼の姿をしています。

Ryogen1

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Ryogen1.JPG
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/2/29/Ryogen1.JPGよりお借りしました。
unknown (copyright holder is Kiemon Tsuruya) [Public domain], ウィキメディア・コモンズ経由で


④蘆山寺の三匹の鬼は疫鬼?

これをふまえて考えると、蘆山寺の追儺式鬼法楽(鬼おどり)は、疫鬼が元三大師の鬼のような姿を見て退散したという伝説に基づくものではないかと思えます。

蘆山寺 節分 鬼二匹2 
鬼は松明や小槌、斧をもって参拝者を威嚇しているように見えますが、やがて上下の写真のようにヘロヘロになって退散します。
これは、元三大師の前に現れた疫鬼の姿ではないでしょうか。

蘆山寺 節分 鬼三匹

③お加持する鬼は元三大師のイメージ

蘆山寺 鬼のお加持
 
上の写真は参拝者を加持祈祷する鬼です。
これは元三大師のイメージですよね。

④豆大師

元三大師は豆大師とも呼ばれ、豆粒のように小さい33人の元三大師を描いた護符もあります。

https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E8%B1%86%E5%A4%A7%E5%B8%AB

観音さまは33に変化するといわれます。
元三大師は観音様の化身ということで、33人の元三大師が描かれているのでしょうが
豆大師の護符は節分の豆をも意味しているように思えます。

蘆山寺 節分 豆まき 
節分には豆を鬼にぶつけて退散させますね。
元三大師は節分の豆となって、鬼を退治してくださる。
そんな信仰から豆大師の護符は作られたのではないでしょうか。

蘆山寺 節分 蓬莱師 

蓬莱師って始めて聞いたけど、蓬莱に住む仙人という意味かな?
(蓬莱は古代中国で東海上にある仙人が住む山のことです。)




歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。

毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!





にほんブログ村    


関連記事

[2019/01/29 10:44] 京都の祭 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kntryk.blog.fc2.com/tb.php/1371-c2383081