FC2ブログ















久安寺 紅葉 『隼人は戌(北西)なのになんで九州は南西にあるの?』 

大阪府池田市 久安寺
撮影 2011年12月4日


久安寺 紅葉4

①猪早太の意の猪は干支の戌亥(いぬい/乾)を、早太は隼人をあらわす? 

久安寺 躑躅 『妖怪・鵺と猪早太』 
↑ こちらの記事にこんなことを書きました。

a.久安寺は平安時代に賢実上人が鳥羽天皇の皇后の安産祈願を行ったところだと伝えられる。
その結果、皇后は近衛天皇をお産みになられた。

b.この近衛天皇が鵺(ぬえ)に怯えたという話が平家物語に記されている。
鵺とは頭が猿、胴が狸、手足が虎、尾が蛇という鵺と呼ばれる怪物で、源頼政は弓で鵺を射、郎党・猪早太(いのはやた)が太刀で仕留めた。
その後、頼政は仕留めた鵺の体をバラバラに切り刻み、それぞれ笹の小船に乗せて海に流した。

c.鵺伝説で鵺を太刀でしとめた郎党の名前は猪早太だった。
、早太は隼人(古代、九州に住んでいた民。畿内に強制移住させられ、犬の鳴き声をまねて宮廷の警備の仕事をさせられていた。)を表すとする説がある。

この中のc、「猪は干支の戌亥(いぬい/乾)を、早太は隼人(古代、九州に住んでいた民。畿内に強制移住させられ、犬の鳴き声をまねて宮廷の警備の仕事をさせられていた。)を表すとする説」が私はすごく気になっていました。

久安寺 紅葉6

②乾は北西、隼人が住んでいた九州は南西

乾(戌亥)は方角では北西をあらわします。
しかし隼人が住んでいた九州は京からみて南西です。

干支 方角

九州は京から見て南西(未申/ひつじさる)の方角にあるのに、なぜ九州に住んでいる民が犬(=戌=北西)の鳴きまねをするの?

猪早太(戌亥=乾)とは、鵺(未申=坤)が陽に転じたものなのか、などとも考えてみたり
昔の日本列島は混一疆理歴代国都之 図のように南北が逆転していたのか、などとも考えてみました。

KangnidoMap

混一疆理歴代国都之 図

https://commons.wikimedia.org/wiki/File%3AKangnidoMap.jpg
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/7/75/KangnidoMap.jpg よりお借りしました。
作者 Kim Sahyung, Lee Moo, Lee Hui (...) [Public domain], ウィキメディア・コモンズ経由で


③太陽は曲線を描いて南西→北西へ動く。

乾=戌亥は犬と猪ですね。
で、猪は摩利支天の神使とされています。
摩利支天は陽炎を神格化した神とされますが、原語のMarīcīは太陽や月の光線を意味する言葉なので、
摩利支天とは太陽の光を神格化した神だと考えていいと思います。

そこで太陽の動きについて調べていて、下の動画を見つけました。



動画、お借りしました。 動画主さん、ありがとうございます。

私は理数系が苦手なもので(恥~)、太陽は東から西へ直線運動で進むと思っていたんです!
でもそうじゃなかったんですね。
東から出た太陽は弧を描いて、いったん南西(未申)に進み、それから北西(戌亥)に進んでいくのですねー。

それで南西にある九州は太陽が向かう方角ということで、畿内につれてこられた隼人たちは犬の鳴き声をまねて警備の仕事をしたのかも。

久安寺 紅葉2 

久安寺 紅葉 

久安寺 紅葉5 



 まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。

毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!




にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

[2017/12/13 00:00] 大阪 | トラックバック(-) | コメント(-)