fc2ブログ














大阪天満宮 猿回し 『こぐま座は猿座?』 


大阪市北区 大阪天満宮


猿回し 竹馬


①厩猿信仰


函館山 猿回し 『猿はなぜ馬の守護神とされたのか』 
↑ こちらの記事で次のようなことを書きました。

①古くから猿は馬の守護神と考えられていた。(厩猿信仰)
②正中年間(1324~1326)成立の石山寺縁起絵巻には、厩につながれた猿が描かれている。
③十一面観音の長い腕は猿をおもわせる。
④猿は十一面観音、馬は馬頭観音をあらわしているのではないか。
⑤十一面観音は花瓶を持っているが花瓶には水が入っているだろう。十一面観音は水の神ではないか。
⑥馬頭観音は憤怒の表情で、光背は炎で表現されることが多い。馬頭観音は火の神ではないか。
⑦陰陽五行説の『相克説』では『水剋火(水は火を消す。)』と考える。
水=十一面観音=猿、火=馬頭観音=馬 となるところから、猿は馬の守護神と考えられたのではないか。

Hokkeiji Nunnery Eleven-Headed Kwannon I (303)

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Hokkeiji_Nunnery_Eleven-Headed_Kwannon_I_(303).jpg
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/7/77/Hokkeiji_Nunnery_Eleven-Headed_Kwannon_I_%28303%29.jpg
Imperial Japanese Commission to the Panama-Pacific International Exposition [Public domain]

大阪天満宮 猿回し

↑ この写真がわかりやすいかな? 
猿は膝を曲げて立つので、腕が長く見えますね。

②将門しか乗りこなせない馬

厩猿信仰から、私は繋ぎ馬の紋を思い出してしまいます。
繋ぎ馬の紋は相馬氏の家紋で、相馬氏は平将門の子孫を称しています。

CrestOfSoumaClan

https://commons.wikimedia.org/wiki/File%3ACrestOfSoumaClan.jpg
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/8/8b/CrestOfSoumaClan.jpg 
作者 正親町三条 (投稿者自身による作品) [CC BY-SA 4.0 (
https://creativecommons.org/licenses/by-sa/4.0)], ウィキメディア・コモンズ経由で

関西では平将門は朝廷に逆らい「新皇」を名乗った逆賊だととらえるむきが強いですが(私は将門ファンですが~)
関東では平将門は英雄視されているそうですね。

平安京の貴族たちが安逸をむさぼっているために将門が乱を計画し、天もこれを認めて黒馬を将門に与えたという伝説が伝えられています。
ところがこの馬は将門しか乗りこなすことができないので、繋いであるというのです。

 また「じゃじゃ馬に 常陸の伯父御 くいつかれ 」という川柳があります。
じゃじゃ馬とは平将門、常陸の伯父御とは将門の 伯父の平国香のことです。
このように将門自身が馬に喩えられることも多かったようです。

北斗七星は天帝の乗り物であるなどと言われます。
天帝にはさまざまな意味がありますが、道教でいう天帝とは北辰(天の北極)を神格化した神のことです。
天帝は天皇大帝ともいいわれます。

ということは、平将門が天帝であり、相馬氏の家紋の繋ぎ馬は北斗七星を表したものだったりして?

馬の形はなんとなく北斗七星を思わせる形をしていませんか?
頭から首が北斗七星の柄杓部分、胴体は持ち手です。

猿回し 竹馬  

③繋ぎ馬は北斗七星、二本の杭は北極星、をあらわす?

 飛鳥昭雄さんによれば古事記・神世第4代に登場する角杙神・妹活杙神という神名の『杙』とは牛や馬を繋ぎとめておくためのものであるといいます。

ヘブライ語で『角』と『光る』はどちらも『krn』と記します。
つまり角とは光のことで、角杙神とは光りながら地球のまわりを回る神=太陽、妹活杙神の活とは『満ち欠けする』の意で、満ち欠けしながら(活)地球の周りをまわる女神=月のことであるというのです。
『杙』は地球で、太陽や月は地球につなぎ留められていると考えるわけですね。

飛鳥さんの説をヒントに考えてみたのですが、繋ぎ馬紋の馬を繋いである杭は北極星を表しているのではないでしょうか。
そして杭につながれている馬は北斗七星を表しているのではないかと思います。

「北極星はひとつだ、でも繋ぎ馬の家紋には杭が二つあるやん」って?

北極星がひとつだというのは現代の感覚ではないかと私は思います。
かつては北極星がふたつあった時代があったかも?

猿回し 竹馬


④歳差運動と変化する北極星

地球の北極の延長線上に位置する天球上の場所のことを天の北極(北辰)といいます。
これを神格化したのが天皇大帝(天帝)でしたね。

天の北極にある星のことを北極星といいますが、時期によって北極星は変わります。
北極星が変わるのは、地球が歳差運動といって下図のように独楽がぶれるような動きをしているためです。
地球の歳差運動の周期は約25800年です。

Gyroscope precession

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Gyroscope_precession.gif
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/8/82/Gyroscope_precession.gif
LucasVB [Public domain] 


この歳差運動が原因で北極星になる星がかわってくるのです。

地球の歳差運動の周期は約25800年です。

Precession N

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Precession_N.gif
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/1/16/Precession_N.gif 
Tauʻolunga [CC BY-SA 2.5 (
https://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.5)]

↑ 歳差による北極星の変遷の図を見ると、かなり大きな円を描いて北極星が変遷することに驚かされます。

現在の北極星はポラリス(こぐま座α星/上図+2000の文字の向かって左の星)とされていますが、若干天の北極からずれており、天の北極の周囲を小さな円を描いて回っています。

上記図に+2000とか+4000とあるのは西暦だと思います。

武家の家紋は保元平治の時代(1156年以降)説、源頼朝の時代(1192年以降)説などがあります。
平将門が亡くなったのは940年、将門の子孫を称する相馬氏の初代・相馬 師常の生没年は1139-1205です。

そこで、ざっくりと1000年ごろの天の北極をみてみると、特に目立った星がありません。
ポラリスの下にある星はといいます。
天の北極はポラリスとイルドゥンの中間あたりにあったので、杭がふたつあるのではないでしょうか。

猿回し

⑤こぐま座は猿座?

http://shinshizo.com/2012/10/%E9%A6%AC%E3%82%92%E5%AE%88%E3%82%8A%E4%B8%96%E8%A9%B1%E3%82%92%E3%81%99%E3%82%8B%E7%8C%BF-%E3%83%BB%E3%83%BB%E3%83%BB-%E7%8C%BF%E3%81%A8%E9%A6%AC/

↑ こちらのブログに興味深い写真が掲載されています。 
神馬をひく猿の像の写真です。

神馬が北斗七星をあらわしているとするならば、猿はこぐま座をあらわしていたりして?

北斗七星・こぐま座・カシオペア座2 

こぐま座という名前は西洋でつけられたものです。
一方、厩猿信仰はインドから中国をへて日本に伝わったものですから、子熊ではなく、猿と認識されていた可能性はあります。

こぐま座には長い尻尾がある、日本猿は尻尾が短いといわれるかもしれません。

でも、中国に住んでいるキンシコウや、インドの猿の姿をした神・ハマヌーン、ハマヌーンのモデルとされるハマヌンラングールは尻尾が長いです。





Hanuman showing Rama in His heart

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Hanuman_showing_Rama_in_His_heart.jpg
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/3/38/Hanuman_showing_Rama_in_His_heart.jpg
Anant Shivaji Desai [Public domain] 


そして厩猿信仰はインドから中国をへて日本に伝わったのでしたね。
なので日本においてもこぐま座は猿座であると考えられていた可能性はあります。

つまり、猿が馬を曳く像は、こぐま座が北斗七星を曳くのをあらわした像、いや北斗七星は平将門などの怨霊を象徴する星であり、猿(こぐま座)がその怨霊(北斗七星)が逃げ出さないようにとらえているの図なのではないかと思ったりします。

猿回し 




※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。

毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!



にほんブログ村 








[2019/09/30 17:35] 大阪の祭 | TB(0) | CM(0)