大覚寺 大覚寺狂言 『閻魔大王と地蔵菩薩は同体』 


兵庫県尼崎市 大覚寺
大覚寺狂言・・・2月3日


①大覚寺狂言

京都などに民俗芸能である大念仏狂言が伝えられています。
大念仏狂言とは融通念仏(大念仏)の中興者・円覚上人の念仏の教えを無言劇(パントマイム劇)としたものです。
兵庫県尼崎市の大覚寺に伝わる大覚寺狂言も、大念仏狂言のひとつなのだと思います。

②閻魔庁

多くの演目が奉納されましたが、今日はその中から『閻魔庁』をご紹介します。


大覚寺狂言 閻魔庁3 
鬼たちは閻魔大王に命じられて・・・・・・

大覚寺狂言 閻魔庁6

幽霊さんをいたぶります。

大覚寺狂言 閻魔庁7




大覚寺狂言 閻魔庁
mind-travel

ぎゃーーーーっ!

大覚寺狂言 閻魔庁5 

幽霊さんはさらに釜ゆでにされて鬼たちに食べられてしまいます。

大覚寺狂言 閻魔庁2 
お地蔵様があらわれて錫杖で釜をかきまぜると・・・・・

大覚寺狂言 閻魔庁 

錫杖につかまって幽霊さんが釜の中から出てきました。

③うちわは魂を呼び寄せる呪具

古の人々はうちわを『魂を呼び寄せる呪具』であると考えていました。
お地蔵様が手にうちわを持っているのは、鬼に食べられてしまった幽霊さんの魂を呼び寄せるためなのではないでしょうか。

③閻魔大王とお地蔵さまは同体

閻魔大王とお地蔵様は見かけは全く異なりますが、同体であると言われます。
閻魔大王は死者を裁きますが、死者が地獄で受けるのと同じ痛みを自分自身も受けるといわれます。
また、地蔵菩薩は地獄に現れて人々の身代わりになって地獄の責め苦を受けてくださるとも言われています。
つまり死者を裁く閻魔大王は地獄で地蔵菩薩となって現れ、人々の身代わりになってくださるということでしょう。

④陰の閻魔大王が陽に転じて地蔵菩薩になった?

閻魔大王とお地蔵様が同体であるというのは、陰陽道の考え方によるものだと思います。
陰陽道では陰が極まれば陽に転じると考えます。
ここから、陰=祟り神は、祀り上げれば陽の存在=ご利益を与えてくださる守護神に転じると考えられるようになりました。

つまり陰が閻魔大王で、それが陽に転じたのが地蔵菩薩なのではないかと思うわけです。





毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!

※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・旅 free style もよろしくお願いします~。




いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[2017/02/12 00:00] 兵庫の祭 | トラックバック(-) | コメント(-)