fc2ブログ














石光寺 當麻寺 寒牡丹 『二上山と西方浄土』 

奈良県葛城市  石光寺・當麻寺

石光寺 寒牡丹 

 石光寺 ↑ ↓

石光寺 山茶花 

雪がつもるといい写真になると思うんですが、このあたりって滅多に雪が降らないんですよね~。

①中将姫伝説

石光寺や當麻寺には次のような伝説が伝わっています。

奈良時代、藤原鎌足の曾孫・藤原豊成と妻・紫の前の間に娘が誕生し、中将姫と名付けられました。
紫の前は中将姫が5歳のときになくなり、豊成は照夜の前を後妻としました。
照夜の前は中将姫を嫌い、事あるごとに中将姫をいじめました。
中将姫が14歳のとき、父の豊成は諸国巡視の旅に出かけました。
継母の照夜の前は従者に中将姫の殺害を命じました。
しかし従者はかわいそうに思って中将姫を殺すことができず、雲雀山に置き去りにしました。
中将姫は雲雀山で念仏三昧の生活をおくっていましたが、1年後、遊猟にやってきた父・豊成と再会して都へ戻りました。
その後、出家して當麻寺入りました。
26歳のとき、中将姫は蓮の茎から糸をつむぎ、石光寺の庭に井戸を掘って糸を浸したところ五色に染まりました。
中将姫はその蓮糸をつかい、一夜のうちに當麻曼茶羅を織りあげました。
29歳のとき、阿弥陀如来をはじめとする二十五菩薩が来迎して中将姫は生きながらにして西方浄土に向かいました。

當麻寺 冬牡丹2 

當麻寺 ↑ ↓


當麻寺 冬牡丹 

②當麻寺や石光寺は二上山のふもとにある。


當麻寺や石光寺は二上山のふもとにあります。
奈良では太陽は三輪山(東)の方角から昇り、二上山(西)の方角に沈みます。

③二上山の彼方に西方浄土がある

西方には阿弥陀如来の住む浄土(極楽)があると信じられていました。
おそらく古の人々は二上山のはるか彼方に西方浄土があると信じていたのでしょう。
阿弥陀如来をはじめとする二十五菩薩が来迎したという石光寺や當麻寺の伝説はこうした立地から生じたのではないでしょうか。

二上山 夕景 


毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!

※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。



いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



[2016/12/30 00:00] 奈良県 | トラックバック(-) | コメント(-)