fc2ブログ














箕面大滝 紅葉 『歓喜天の3つの滝』 

箕面大滝 紅葉

箕面大滝の上に2つ滝があるそうです。(見たことはないのですが~)
瓔珞(ようらく)滝と雄滝です。
雄滝に対応して大滝は雌滝とも呼ばていているそうです。

瓔珞とは菩薩像が身に着けているネックレスのようなもののことで、瓔珞滝の瓔珞は大日如来の瓔珞であると云われています。

古の人々は3つの滝を御霊(みたま)・荒魂(あらたま)・和魂(にぎたま)に喩えたのではないでしょうか。

神はその現れ方で御霊(神の本質)・荒魂(神の荒々しい側面)・和魂(神の和やかな側面)に分けられるといわれます。
そして男神は荒魂を、女神は和魂をあらわすとする説があります。
すると御霊とは男女双体となると思います。

御霊(神の本質)・・・・・・・・・・男女双体・・・瓔珞滝・・・・大日如来
荒魂(神の荒々しい側面)・・・男神・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・雄滝    
和魂(神の和やかな側面)・・・女神・・・・・・・・・・雌滝(箕面大滝)


箕面には次のような伝説があります。

役行者が葛城、大峰、熊野で修行をしていた時、北の方角に霊光を見ました。
役行者がその光を追って箕面山に来てみると歓喜天の化身である老人に出会い、山の奥に滝があることを教えられました。
老人は「この山は自分の領地であるが、これをお前に与えるから、ここに伽藍を建てよ」といいました。
こうして建てられたのが箕面の山麓にある西江寺です。


役行者に滝を教えた老人が歓喜天の化身であったというのが興味深いです。
瓔珞滝の瓔珞は大日如来の瓔珞だと言われていますが、歓喜天は大日如来の権化身とされているのです。
そして歓喜天は鬼王ビナヤキャとビナヤキャ女神が抱きあう姿で表されます。
つまりこういうことだと思います。

御霊(神の本質)・・・・・・・・・男女双体・・・瓔珞滝・・・・・・・・大日如来(歓喜天)
荒魂(神の荒々しい側面)・・・男神・・・・・・雄滝・・・・・・・・・・・・・鬼王ビナヤキャ
和魂(神の和やかな側面)・・・女神・・・・・・雌滝(箕面大滝)・・・ビナヤキャ女神


箕面が我が国最初の歓喜天の出現の地であるといわれているのは、歓喜天・鬼王ビナヤキャ・ビナヤキャ女神に喩えられる3つの滝が存在していたからだと思います。

撮影/10年以上前の11月(銀塩カメラ)

箕面大滝・・・大阪府箕面市箕面公園

いつも応援ありがとうございます♪


写真(風景・自然) ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

[2014/11/28 20:00] 大阪府 | TB(0) | CM(0)