蔵王堂光福寺 久世六斎 『空飛ぶ鉢の正体とは』 

蔵王堂光福寺では毎年8月31日に八朔祭が行われており、久世六斎会の人々によって六斎念仏が奉納されています。
六斎念仏って何?という方はこちらをクリックしてください。→『京都のお盆は六斎念仏! 阿弥陀寺 嵯峨野六斎 』

八朔って何?という方はこちらをクリックしてください。→ 『祇園白川 八朔 舞妓さんと芸妓さん 』

蔵王堂光福寺 久世六斎

↑ 六斎念仏の演目のひとつ『祇園囃子』です。

平安時代、浄蔵貴所は吉野山大峰山で修行を終えて帰ろうとしていたところ、蔵王権現が現れて「連れて帰ってほしい」とおっしゃったので、浄蔵は蔵王権現を背負って帰りました。
途中、浄蔵は桂川にを落としてしまいました。
その鉢が流れ着いた場所で蔵王権現は動かなくなったので浄蔵はそこに寺を建てました。
それが蔵王堂光福寺だと伝わっています。
奈良県吉野山の金峯山寺に蔵王堂があり、蔵王権現を祀っています。
蔵王堂光福寺という寺名はここからつけたのでしょう。

『八坂の塔(法観寺) 夕焼けと月 』 ← こちらの記事にも書いたのですが浄蔵はたいへん8に縁の深い人物でした。

3月8日に、文章博士・三善清行の八男として生まれ、東山の八坂の塔を法力でな直しています。
さらに浄蔵が創建した光福寺で行われている祭は八朔祭です。

また八の音は鉢に通じますが、光福寺の創建説話にも鉢が登場しています。
浄蔵は托鉢のを飛ばして食べ物を集めていたという話もあります。

鉢を飛ばしたという話は奈良の朝護孫子寺に伝わる『信貴山縁起絵巻』にも記されています。
そして頭のことを鉢ということがありますが、蘇我入鹿や平将門、玄昉らの首が飛んだという伝説があります。
浄蔵が鉢を飛ばしたという伝説があるのは、浄蔵が頭・・・髑髏と関係が深いからではないかと私は考えています。

浄蔵は吉野山大峰山で修行をしていたということですが、吉野山にある金峯山寺の塔頭に竜王院(脳天大神)があり、頭の神様として信仰されています。
その脳天大神には狛犬ならぬ狛蛙が置かれています。

龍王院 狛蛙

亀石

↑ 飛鳥の亀石は亀ではなく蛙ではないかともいわれていますが、亀や蛙よりももっと妖怪・ぬらりひょんに似ています。

ぬらりひょん

↑ 上は京都の大将軍商店街(妖怪ストリート)に置かれてあった妖怪・ぬらりひょんの人形ですが、眉間に皺があるところまで亀石にそっくりです。

飛鳥の亀石は髑髏を象ったものであり、龍王院(脳天大神)に狛蛙が置かれているのは、蛙が人間の頭蓋骨=髑髏に似ているためではないでしょうか。

どうも吉野は髑髏に関する信仰の深い土地であったようです。
そして吉野で修行をした浄蔵は髑髏を用いる呪術を会得して京に戻ったということなのかもしれませんね。

平将門の首が京でさらされたのち、胴体を求めて空を飛び、故郷に戻って落ちたという伝説があり、首が落ちたとされる場所には平将門の首塚があります。
そこには蝦蟇(蛙)の置物がたくさん奉納されているそうです。
京から故郷へ無事帰ってきたので『無事帰る』『蛙』の語呂合わせから蝦蟇の置物が奉納されていると一般にはいわれていますが、私は蛙が人間の頭蓋骨=髑髏に似ているため、将門の首が飛んだという伝説にちなで蝦蟇の置物が奉納されているのではないかと考えています。


写真(風景・自然) ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[2014/08/30 21:00] 京都の祭 | トラックバック(-) | コメント(-)

がんがら火祭 (阪急池田駅周辺)『大、大一の送り火は何を意味しているの?』 


がんがら火祭  

8月24日、阪急池田市周辺でがんがら火祭が行われています。
がんがらと町中に響き渡る鉦の音、松脂の焦げるにおいはどこか懐かしく、なぜか心が高揚してしまいます。

がんがら火は二本の松明を上部で合わせて山型にしたもので、『人』という文字に見えます。
がんがら火はお盆にこの世に戻ってきた死者の霊が池田の町を練り歩くさまを表したものなのではないでしょうか。 
 

がんがら火祭2 

大文字と大一文字の送り火が点火されます。 

がんがら火祭り 

送り火の 『大』や『大一』は何を表すものなのでしょうか。

『大』は星を象ったものだとか、人間を表す、『大』は天で『一』は地を表しているなどの説があります。

『大』は天、『一』は地を表すものであるならば、『大』は男性を、『一』は女性を表しているといってもいいと思います。
八卦では乾の卦は自然では天を表しますが、家族では父(男性)を表します。
坤の卦は自然では地を表しますが、家族では母(女性)を表すからです。

また、中国の神に伏羲、女媧という兄妹で夫婦の神がいますが、兄の伏羲は定規を、妹の女媧はコンパスを持っています。
定規は天を、コンパスは地を表すといわれています。
つまり伏羲は天の神、女媧は地の神というわけです。
 ← 伏羲&女媧の絵

旧暦ではお盆は7月15日を中心として行われており、7月7日の七夕は盆の入りの行事でした。
お盆には死者の霊がこの世に戻ってくると考えられ、その供養を行う習慣がありますね。
いっぽう七夕は牽牛と織姫が1年に1度の逢瀬を楽しむ日とされています。
逢瀬と先祖供養はどう関係があるのでしょうか。

盆の時期には死者の霊が戻ってくると考えられていましたが、死者の霊の中には荒霊のような人に禍をもたらすものもあります。
そのため、このような荒霊を鎮魂する必要があると昔の人々は考えたのでしょう。
そして男女和合は荒霊を鎮魂する方法だと考えられたのではないかと私は思います。

神はその表れ方によって、御霊・和霊・荒霊の3つに分けられるといいます。
そして女神は和霊を、男神は荒霊をあらわしているとする説があります。
ということは御霊とは男女双体ということになりますね。

御霊・・・神の本質・・・男女双体
和霊・・・神の和やかな側面・・・女神
荒霊・・・神の荒々しい側面・・・男神


神と霊はほとんど同じものだと考えてもいいと思います。
そして伏羲、女媧は二柱の蛇身の神がからみつく男女双体の姿で現され、伏羲の右手と女媧の左手はつながっていますが
仏教の神・大聖歓喜天もまた男女双体の姿をしています。

この歓喜天の説話を読めば、男女双体の意味がわかると思います。

昔、インドの国中に不幸なできごとが蔓延し、それらはビナヤキャの祟りであるとされた。
そこで十一面観音はビナヤキャの女神に姿を変え、ビナヤキャの前に現われた。
ビナヤキャはビナヤキャ女神に一目ぼれし、『自分のものになれ』と命令した。
女神は『仏法を守護することを誓うならおまえのものになろう』と言い、ビナヤキャは仏法守護を誓った。

 ← 歓喜天の絵
上の絵ではわかりにくいですが、歓喜天はビナヤキャ女神が、ビナヤキャの足をふみつける姿で現されます。

日本には道祖神という男女双体の神がいます。。
道祖神は一般的には手をつなぎ合う姿で現されますが、中には足を踏みつけているものや、和合する姿のものもあります。
おそらく伏羲&女媧、歓喜天、道祖神は習合されているのだと思います。

このように、荒霊(男神)に和霊(女神)を和合させることで、御霊(仏法守護の神)となるという考え方が古にはあったのではないかと思います。
そのためお盆の行事として牽牛と織姫が逢瀬を楽しむ七夕の行事があり、がんがら火祭では天=男性を表す『大』と地=女性を表す『大一』の送り火を点火するのではないでしょうか。



写真(風景・自然) ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村

[2014/08/23 21:00] 大阪の祭 | トラックバック(-) | コメント(-)

京都のお盆は六斎念仏! 阿弥陀寺 嵯峨野六斎 

京都のお盆といえばなんといっても六斎念仏です。
仏教では8日・14日・15日・23日・29日・30日の6日を六斎日(ろくさいにち)とし、この日は悪鬼がでる縁起の悪い日なので念仏を唱えて精進潔斎するべき日とされていました。
六斎念仏はかつてはこの六斎日に行われていました。 

阿弥陀寺 嵯峨野六斎  

六斎念仏の開祖は平安時代の僧・空也上人とされています。
空也上人は南無阿弥陀仏と唱えれば誰でも極楽浄土へ行けるととき、鉦や瓢箪をたたきつつ踊りながら念仏を唱える踊り念仏を民衆に広めたと言われています。
 ← 六波羅蜜寺にある空也象です。
空也は肩から鉦をかけ、手にバチを持っていますね。

六斎念仏には干菜寺系と空也堂系があります。
干菜寺系は念仏を唱えることに重点を置き(念仏六斎)、空也堂系は芸能色が濃い(芸能六斎)のが特徴です。
8月23日、阿弥陀寺で六斎念仏を行っている嵯峨野六斎は空也堂系です。 

阿弥陀寺 嵯峨六斎

↑ これは『祇園囃子』という演目です。
祇園祭の際に奏される祇園囃子と同じですが、テンポが早い~。
単調で激しいリズムはヘビメタに似ていて、聞いているとトランス状態に~。
写真向かって右は阿弥陀寺の住職さんです。
「笑いは禅である」とおっしゃっていたのが印象的でした。
とても気さくで面白い住職さんですよ。 

阿弥陀寺 嵯峨六斎3

↑ 神楽獅子 

阿弥陀寺 嵯峨六斎4

↑ 獅子と土蜘蛛

六斎日は念仏を唱えて潔斎しなければならない日なのに、こんな娯楽やっちゃっていいのか?
もしかしたら、そう思われた方もおられるのでは?

現在では芸能は娯楽ですが、古には芸能は神事だったのです。
そして明治まで日本では神仏は習合されていました。
祇園囃子や土蜘蛛などの芸能は神事であり、六斎日に行うのにふさわしいものだと考えられたのではないでしょうか。

阿弥陀寺・・・京都府京都市右京区嵯峨野宮ノ元町76
嵯峨野六斎奉納・・・8月23日


これ以外にもまだまだ六斎の奉納が各地で行われます。
京都観光ナビ 六斎念仏← こちらを参考にしてくださいね。


写真(風景・自然) ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村


[2014/08/22 21:00] 京都の祭 | トラックバック(-) | コメント(-)

大仏殿 万灯供養会 『大仏は長屋王の怨霊封じ込めの像?』 

大仏殿 ライトアップ

東大寺大仏殿で8月15日に行われる万灯供養会に行ってきました♪
数年前に行ったときは無料で大仏殿を拝観できたのですが、有料になっていました。(500円)
無料だったときは写真を撮るのに立ち止まることが禁止だったのですが、
今回は立ち止まって撮影してもいいということなのでよかったです。(三脚は禁止)

大仏殿 万灯供養会

大仏殿正面の観相窓(かんそうまど)が開かれて、大仏様のご尊顔を拝むことができます。

東大寺 大仏

大仏様の前ではお坊様がお経を読んで法要が行われていました。
写真下中央にお坊様が写っていますが、お坊様と比較すると大仏様がいかに大きいかがわかると思います。

743年、聖武天皇が大仏造像を発願し、745年より制作が開始されました。
752年に開眼供養会が行われ、インドの僧・菩提僊那が導師を務めました。
当時の日本は国際色が豊かだったのですね~。

大仏は長屋王の怨霊封じ込めの像であるとする説があります。

729年、長屋王は謀反を企てたとして厳しい取り調べを受け、自殺においこまれました。(長屋王の変)
当時、聖武天皇と夫人の藤原光明子の間には男子がなく、長屋王は皇位継承に近い立場にありました。
そのため藤原四兄弟(藤原武智麻呂・房前・宇合・麻呂)が長屋王を廃するためにしくんだ陰謀であると考えられています。
長屋王の変ののち、藤原光明子は人臣として初の皇后となり、藤原四兄弟が政治の実権を掌握しました。
しかし737年、藤原四兄弟は流行っていた天然痘にかかって次々に死亡し、長屋王の怨霊の仕業であると怖れられました。

また大地震がおこったり、740年には藤原広嗣の乱がおこりました。
聖武天皇はこのような社会不安をみほとけに帰依することによって払拭したいと考えたのではないでしょうか。

ところが大仏造立は民衆の暮らしを圧迫する結果となり、多くの餓死者が出たようです。
大仏鋳造の釜が破れたという記録があると聞いた記憶もあります。大参事ですね。
また、水銀を用いて鍍金を施したため、多くの人が水銀中毒で死亡したと考えられています。

757年、橘奈良麻呂がクーデターを企てたとしてとらえられた際、東大寺建立が民衆を苦しめたと批判しています。

現存する大仏像の大部分は鎌倉時代の補修で、当時のおもかげはほとんどとどめていないそうです。

大仏殿 多聞天

多聞天もすごく大きいです。


写真(風景・自然) ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村

[2014/08/16 21:00] 奈良の祭 | トラックバック(-) | コメント(-)

元興寺 桔梗 

元興寺 桔梗

元興寺極楽坊のご本尊・智光曼荼羅(写真→ )にまつわるエピソードが『日本往生極楽記』に記されています。

元興寺の僧・智光と頼光は子供のころからともに学問にはげんできました。
ところが晩年の頼光は学問もせず、物も言わず、いつも眠っているようで、数年後入滅しました。 
智光が祈ると、夢の中に極楽に生まれ変わった頼光が現れて次のように言いました。
「私は人間関係を断ち切り、言葉を発せず、ただ阿弥陀仏のご尊顔顔と、浄土の世界だけを観じ、ようやくここに来られました。
あなたはそのような浄土に至る修行が足りないので、早くお帰りなさい。」
そして頼光は智光を仏の前に連れていきました。
仏は智光に「仏の顔や、浄土の素晴らしい姿を観じなさい」と言い、掌の中に小さな浄土の姿を現しました。
智光は夢から醒めると、夢で見た浄土を絵師に描かせました。
智光は一生これを観じ続けて往生することが出来ました。

また『日本霊異記』では、智光は行基が大僧正に任じられたのに嫉妬して地獄に落ちたのですが懺悔して生きかえり、行基に帰依したという話が記されています。

『日本往生極楽記』は智光が頼光のいる極楽へ行ったけれど追い返される話、『日本霊異記』は智光が地獄へ行ったけれど生き返る話で、ふたつの話は陰陽に書き分けられてはいますがどちらも死んだ智光が生き返った話だといえますね。

それにしても頼光のように、人間関係を持たず、人と話さず、いつも眠っているなんてことは普通の人間にはできることではありません。
もしかして、頼光は即身仏?

元興寺・・・奈良県奈良市中院町11

元興寺 桔梗2 



写真(風景・自然) ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村

[2014/08/05 19:30] 奈良県 | トラックバック(-) | コメント(-)