FC2ブログ














園城寺(三井寺) 紅葉 『大友与多王の正体』 


滋賀県大津市 園城寺(三井寺)

園城寺6


①大友皇子の子の与多王が創建した寺


園城寺の創建は次のように伝わっています。

天智天皇は667年大津京を造営して遷都したあと、念持仏の弥勒菩薩像を建立したいと考えていましたが、果たせないまま672年に崩御されました。
同年、天智天皇の皇子・大友皇子vs天智天皇の弟・大海人皇子が皇位をめぐって争います。(壬申の乱)
結果、大海人皇子が即位して天武天皇となり、大友皇子は自害して果てました。25歳の若さでした。
大友皇子の子の大友与多王(よたのおおきみ)は、父・大友皇子の菩提を弔うために、天智天皇念持仏の弥勒菩薩像を本尊とする寺を建立しました。
686年、天武天皇はこの寺の建立を許可し、「園城寺」の寺号を与えました。
園城寺という寺号は大友与多王が自分の「荘園城邑」(「田畑屋敷」)を投げ打って一寺を建立しようとする志に心を打たれてつけたとされます。


園城寺の通称・三井寺は、寺にある井戸(閼伽井屋)の霊泉が天智・天武・持統の3代の天皇の産湯に使われたため、
御井→三井となったといわれます。

金堂付近より飛鳥時代~奈良時代前期の瓦が出土しているので、創建時期はほぼ上の伝説にちかいと考えられます。

園城寺4

②園城寺は大友氏と関係が深い

大友氏と園城寺との関係を示す史料もあるということです。

大友氏は近江国周辺に住んでいた氏族で、姓(カバネ)は村主、曰佐、史、連、宿禰、漢人があります。
姓とは、古代日本において、天皇から有力氏族に与えられた王権との関係や地位を示す称号です。

村主(すぐり)は古代朝鮮語で「族長」という意味で、地方官職名または朝鮮系漢人(あやひと)集団の統率者ではないかとされます。

史(ふひと/ふみひと)とは、古代の日本において文筆や記録を行ってい渡来系官人組織で、のちに姓になりました。
先祖が史という官人であったとか、代々史の官職についていたということかもしれませんね。

連(むらじ)は臣(おみ)とともに高位の豪族の称号。

宿禰は武人や行政官を表す称号。

漢人は中国系帰化系氏族の称号だと思います。(まちがってるかも)

大友氏は大友皇子の支持勢力であると考えられているようです。

園城寺3

与多王は伝承的人物

園城寺を創建した大友与多王は、日本書紀には名前がありません。
『本朝皇胤紹運録』には「大友皇子-与多王(大友賜姓)-都堵牟麿-黒主」いうい系図はあるほか、大津市内の御祭神、古墳の被葬者としては名まえがありますが。

そのため伝承的人物とされています。

ちなみに実在が確認される大友皇子の子としては葛野王(かどののおう/669-706)がいます。
淡海三船は葛野王の子・池辺王の子で、葛野王の孫にあたります。
彼は751年に淡海真人の氏姓を与えられて臣籍降下しています。

淡海三船はすでに諡号を贈られていた文武天皇をのぞき、神武天皇から元正天皇までの全ての天皇に漢風諡号をつけたことで有名ですね。

園城寺

④天武天皇はなぜ「園城寺」の寺号を与えたのか

大友皇子と天武天皇は皇位継承を争った敵同士ですが、なぜ天武天皇は敵である大友皇子を弔うための寺の建立を許し、「園城寺」という称号を与えたのでしょうか?

天武天皇は心が広かった?

いやいや、天武天皇は大友皇子の怨霊を恐れ、それで大友皇子の霊がきちんと成仏するようにとの願いをこめて寺の建立を赦したのではないかと思います。

いや、もっと積極的に、大友皇子の霊を弔うための寺を建立したいと強く願い、寺の建立を推し進めた可能性もあると思います。

園城寺7

日本には古より怨霊信仰がありました。
怨霊とは政治的陰謀によって不幸な死を迎えた者のことで、疫病の流行や天災は怨霊の仕業で引き起こされると考えられていたのです。
そして、荒ぶる怨霊は十分に慰霊すると、ご利益を与えてくださる和霊に転じると考えられていました。
さらに、神仏は本地垂迹説で同一視されます。
本地垂迹説とは、日本古来の神々(権現)は仏教の神々(本地仏)の生まれ変わりであるとする考えかたです。
たとえば、天照大神の本地仏は大日如来であるとか、菅原道真の本地仏は十一面観音であるなどのように考えられていました。
すなわち、天照大神と大日如来は同一神、菅原道真と十一面観音は同一神のように考えられていたということです。
ただし、寺社によって権現と本地仏の組み合わせはかわりますし、十一面観音を本地仏とする神は菅原道真以外にもあります。

つまり、天武天皇が大友皇子の怨霊を恐れ、大友氏に命じて創建させたのが園城寺なのではないか?ということです。

園城寺2 

⑤与多王は大友皇子の分霊?

猿丸神社 紅葉 『謎の歌人・猿丸太夫の正体は弓削浄人だった?その②』 
↑ こちらの記事にこんなことを書きました。

「奈良豆比古神社の伝説によれば、弓削浄人(浄人王)の父親は志貴皇子の子の春日王となっていますが、
志貴皇子の別名は春日宮天皇・田原天皇、春日王の別名は田原太子で同じ名前なので、志貴皇子と春日王は同一人物ではないかと思います。」と。

志貴皇子=春日宮天皇=田原天皇
志貴皇子の子=春日王=田原太子

そして、「神が子を産むとは、神が分霊をつくる」という意味ではないかという説もあります。

つまり、「春日王は春日宮天皇(志貴皇子)の子」というのは「春日王は春日宮天皇の分霊」ということであり
与多王は大友皇子の分霊ということではないかと思ったりするわけです。
与多王は大友与多王とも呼ばれるのは、大友皇子の分霊であるからかも?

それに与多王という名前、いかにも偽名っぽいですよね。「大友の多くを与える王」ですから。
そして、この名前は「園城寺という寺号は大友与多王が自分の「荘園城邑」(「田畑屋敷」)を投げ打って一寺を建立しようとする志に心を打たれてつけた」という伝承を思い出させますね。

もしかすると三井寺あたりは大友皇子が所有する土地で、それを天武天皇が没収して三井寺を建てたのかもしれませんね。

園城寺5 




※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。

毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!




にほんブログ村   


スポンサーサイト




[2020/01/11 22:06] 滋賀県 | TB(0) | CM(0)

長等神社 馬神神社 紅葉 『馬肉を桜というのはなぜ?』 


滋賀県大津市 長等神社

長等神社

①スサノオと馬はイメージが重ねられていた?

長等神社の境内にある馬神神社。

興生相生大明神(こうしょうそうせいだいみょうじん)とも呼ばれているそうです。

馬神神社

もとは札の辻の人馬会所敷地内にあったのを、明治43年(1910)に現在地に遷宮したそうです。

寛永年間(1624~1644)疫病で多くの牛馬が死んだので、京都吉田社より神を勧請したのが創祀と伝わります。
吉田神社には多くの摂社・末社があり、多くの神々を祀っています。
吉田神社から勧請した神とはなんという名前の神なんでしょうね?

吉田神社の末社・今宮社では大己貴神・大雷神・スサノオを祀っています。
このスサノオを勧請したのでしょうか?

長等神社の主祭神はスサノオ・オオヤマツミ・イチキシマヒメ・シタテルヒメ・八幡大神です。
このうち、スサノオにはこんな神話がありますね。

スサノオは馬を逆剥ぎにしたものを天の機屋になげこみ、これに驚いた織女がシャトルでほとをついて死んでしまった。
天照大神は天岩戸に籠ってしまった。

このような神話があることから、スサノオと馬はイメージが重ねられていたのではないかと思います。
それで馬神神社をスサノオを祀る長等神社に遷宮したのかも?

 長等神社 紅葉

②獣肉の隠語

桜の紋の入った幕がかけられていますね。
桜は馬肉の隠語だからでしょうかw?

ヤフー知恵袋に隠語についてのオモシロイ回答がありました。

「奥山に紅葉踏み分け鳴く鹿の声聞く時ぞ秋はかなしき」

古今和歌集に詠まれた歌が由来といわれて、
それで鹿肉を「紅葉(もみじ)」と呼ぶんですよ。

花札の「鹿に紅葉」に由来する説もあります。

余談ですが・・・
イノシシ=牡丹→唐獅子牡丹(刺青)から。別名「やまくじら」
馬=桜→桜の咲く頃が美味しくて、桜色の肉だから。別名「蹴っ飛ばし」
鶏=柏→拍手を打つ姿が鶏に似ているから。(別の説もある)
河豚=鉄砲→当たると死ぬから。
うさぎ=月夜(げつよ)→月にウサギはつきもの・・・


https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1132487346 より引用

牛は、隠れて食べたから「安具楽(あんぐら=英語UnderGround)」だったかもしれません。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1132487346 より引用


特に河豚と牛がウィットがきいていておもしろいですね。
我々の先祖はたいへんユーモアセンスのある人々だったようです。

 
③鶏=伊勢神宮の神使い=柏手を打って参拝する=柏?

しかし、鶏のことを柏という理由が「拍手を打つ姿が鶏に似ているから」というのは、私は違うと思います。
鶏は伊勢神宮の神使です。
伊勢神宮には柏手を打って参拝する、それで柏というのではないでしょうか。

岩戸山ご神体 天照大神 

祇園祭 岩戸山 ご神体 天照大神 (こちらの天照大神は男神です。)神使の鶏がいます。

④鹿=紅葉は猿丸太夫の歌からくる?

鹿を紅葉というのは「奥山に紅葉踏み分け鳴く鹿の声聞く時ぞ秋はかなしき」の歌からくるというのはその通りかなと思います。

この歌は猿丸太夫の歌で、百人一首にも採られている有名な歌です。

猿丸神社 歌碑 

猿丸神社 歌碑

鹿は秋になると独特の物悲しい声でなくので、紅葉と関連付けられたのかもしれません。

鹿と紅葉を関連付けた歌としては次のような歌もありますよ。

岩根ふみ たれかは問わむ 楢の葉の そよぐは鹿の 渡るなりけり(平家物語・灌頂・大原入り)

建礼門院(平 德子)の父は平清盛、母は平時子で、高倉天皇の中宮として入内し、安徳天皇を産みました。
平家没落の時、安徳天皇は祖母の時子に抱かれて入水しました。
このとき、建礼門院も入水したのですが源氏方に捕らえられました。
彼女の母も、子も、一族の者も大勢死にました。
壇ノ浦で入水したものの捕縛された建礼門院は東山の麓の吉田の地に隠棲し、長楽寺で出家しました。
しかし大地震がおこり、築地が崩れて住めなくなり、人目のない大原に居を移しました。
あるとき、庭に散り敷いた楢の葉を踏みしだく音がし、女院は捕り方がやってきたのかと思って身を隠そうとしました。
しかしそれは鹿でした。
それを見ていた重衡の北の方が涙ながらに詠んだ歌が上の歌です。

⑤イノシシ=牡丹は唐獅子牡丹からくる?

「イノシシ=牡丹→唐獅子牡丹(刺青)から」とあります。

獅子は猪ではありませんが、「しし」の発音が同じなので、ありえる説かと思います。

ですが、どこがどうといえないですが、いまひとつしっくりこないようにも思えますので、宿題としておきたいと思います。

馬見岡綿向神社-猪像 

馬見岡綿向神社-猪像

⑥馬=桜は馬につける鞍からくる?

それでは馬肉のことを隠語で桜というのはなぜでしょう?

「桜の咲く頃が美味しくて、桜色の肉だから。」でしょうか?

河豚=鉄砲→当たると死ぬから。
牛=安具楽(あんぐら=英語UnderGround)→隠れて食べたから。

のように、謎々っぽいのがオモシロイと思います。
語呂合わせになっているんじゃないでしょうか?

そう考えたとき、桜の語源が「さ・くら」で、「さ」は「さおとめ」のように神聖なものにつく接頭語
「くら」は神様の名前だとする説があったことを思い出しました。

桜の名所といえば吉野が有名ですが、桜の木は御神木として奉納されたものだそうです。
吉野には蔵王堂がありますが、蔵王堂の蔵は「くら」とも読みます。
それで、桜は吉野の神の御神木と考えられたのではないでしょうか。

そこから閃いたのですが、馬には鞍をつけますね。
それで、馬肉=さ鞍=桜 としたんだったりして?

鞍の図 ↓

 https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E9%9E%8D%E3%80%80%E6%97%A5%E6%9C%AC&fr=top_ga1_sa&ei=UTF-8&mfb=P039#mode%3Ddetail%26index%3D1%26st%3D0

長等神社 紅葉2 


※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。

毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!




にほんブログ村   







[2020/01/08 22:17] 滋賀県 | TB(0) | CM(0)

鶏足寺 紅葉 『天照大神の足跡』 


滋賀県長浜市 鶏足寺

鶏足寺付近2

鶏足寺付近

①鶏を神使いとする十一面観音

鶏足寺って変な寺名だなあ?
なぜそんな名前つけたんでしょう?

紅葉が美しい寺なので、鶏の足を紅葉に見立てたとかw?

調べてみると、そうではありませんでしたw。

奈良時代、行基(668?―749年)と、泰澄(682?ー767年)が近江の国の鬼門・己高山(こだかみやま)に常楽寺を創建し、十一面観音をご本尊としました。

平安時代、最澄(767?ー812年)がこのあたりにやってきたとき、不思議な鳥の声がしました。
道には鳥の足跡がついていたのでたどっていくと、朽ちた寺に十一面観音があったという伝説があります。
それで鶏足寺と名付けられたようです。

つまり、不思議な鳥の声とは鶏の「コケコッコー」という声だったのでしょう。
そして鶏は飛べない鳥なので、道に足跡がついていたのでしょうね。

鶏は朽ちた寺の十一面観音の神使だったということでしょう。


鶏足寺付近3 

鶏足寺付近

②本地垂迹説
 
鶏は伊勢神宮の神使です。

そして明治の神仏分離令まで神仏は習合して信仰されていました。
神仏習合のベースとなったのは本地垂迹説という考え方です。


本地垂迹説とは日本古来の神々は仏教の神々が衆上を救うために仮に姿を現したものである、とする考え方のことで
仏教の神々が衆上を救うために仮に姿を表した日本の神々のことを権現
日本の神々のもともとの正体である仏教の神々のことを本地仏といいます。

つまり鶏足寺の本地仏は十一面観音であり、天照大神は十一面観音の権現ということになります。

鶏足寺付近 
鶏足寺付近

③石上神宮と伊勢神宮は関係がある?

と書きましたが、鶏を神使いとしているのは伊勢神宮だけではありません。
奈良県天理市にある石上神宮も鶏を神使いとしています。

伊勢神宮の古名は「磯宮(いそのみや)」といい、「いそのかみ」と関係があるのではないかとも言われています。

鶏足寺4 
鶏足寺

④天照大神は男神だった?

石上神宮は物部氏が祭祀する神社だが、磯部氏の祖神・ニギハヤヒは、天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊(あまてるくにてるひこあまのほのあかりくしたまにぎはやひのみこと)といい、ニギハヤヒが本当の天照大神ではないかともいわれています。

天照大神は女神とされていますが、ニギハヤヒは男神です。
しかし、天照大神を男神とする伝承は各地に伝わっており、祇園祭・岩戸山のご神体の天照大神も男神です。

岩戸山ご神体 天照大神 

岩戸山ご神体 天照大神

記紀神話ではアメノウズメのストリップダンスを見て神々がどっと笑い、天照大神は不思議に思って岩戸をすこし開けて外を覗いたとありますが
この神話は天照大神がアメノウズメのストリップダンスに興味を持って岩戸の外を覗いたというようにも読めます。
女神のストリップダンスに興味を持つのは男神だ、よって天照大神は男だ、とする説もあります。

鶏足寺6 
鶏足寺

⑤石上神社、伊勢神宮、石切神社に共通する五角形(鶏足寺はニギハヤヒと関係がある?)

石上神宮の御祭神はフルノミタマという、剣の霊ですが
ニギハヤヒを祀る石切神社のシンボルは剣です。

石切駅 

石切駅付近

この剣、熨斗を包む紙に似ていませんか。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%86%A8%E6%96%97#/media/ファイル:Noshi.gif


熨斗とは本来、アワビの肉を薄くそいで乾燥させて伸ばすという作業を繰り返してつくった熨斗鮑のことでした。
剣形に折った紙はこの熨斗鮑をつつむためのものです。

伊勢神宮では6月と12月の月次祭(つきなみさい)、10月の神嘗祭(かんなめさい)に熨斗鮑を奉納する習慣があるということです。

また伊勢の名物といえば赤福餅のほか、生姜糖がありますが、この熨斗の形をしていますよ。

https://iwatoya.shop-pro.jp/?pid=90423357

もしかして、天照大神とはニギハヤヒのことであり、熨斗が五角形なのはニギハヤヒを御祭神とする石切神社のシンボル・剣を象ったものであるなんてことないかな?

長々と語ってしまいましたが、言いたいことは、鶏足寺の十一面観音がニギハヤヒと習合されている可能性があるということです。

そしてニギハヤヒは神武より早く天の磐船を操って畿内に天下った神で、のち日向より東征してやってきた神武に服した(政権を譲った)神です。

鶏足寺2 

鶏足寺

⑥長屋王はニギハヤヒのイメージと重ねられた?

創建に行基や泰澄の名前がでてくるのは、彼らの次代、このニギハヤヒのイメージに重ねられた人物がおり、その人物を祀るために常楽寺(のちの鶏足寺)が創建されたのではないかとも考えられます。

とすれば、ニギハヤヒにイメージが重ねられた人物として長屋王が浮かび上がってきます。

というのは、有馬温泉にこんな伝説が伝えられているのです。

行基は旅の途中で出会った病人を有馬温泉に連れていきました。
病人は「温泉では私の皮膚病は治らないので、舐めてくれないか」と行基に頼みました。
行基はためらうことなく、膿んで異臭のする病人の肌を舐めました。
すると病人の肌は金色に輝いて薬師如来になりました。


これと同様の伝説が光明皇后にもあります。

光明皇后は法華寺に浴室を建立し、千人の民の汚れを洗い流そうと願を立てました。
千人目は膿のある病人で、病人は皇后に『膿を口で吸い出してほしい』と頼みましだ。
皇后が病人の膿に唇を近づけたとたん、病人は阿閦如来になりました。 


膿のある病人とは天然痘のことだと思います。
で、貧乏神はいかにも貧乏そうな姿をしていますね。
天然痘をはやらせる神は天然痘を患った姿をしていると考えられていたのではないでしょうか。

鶏足寺  
鶏足寺

そして光明皇后は天然痘を流行らせる神をたいへん恐れていたのではないかと思います。

729年、藤原四兄弟(武智麻呂・房前・宇合・麻呂)は、長屋王が謀反を企てているとでっちあげ、長屋王を自殺に追い込みました。(長屋王の変)
長屋王を廃した藤原四兄弟は妹の光明子(光明皇后)を人臣初の皇后とすることに成功します。
しかし737年、天然痘が流行り藤原四兄弟は次々に天然痘にかかって死亡してしまいました。
そしてそれらは長屋王の怨霊の祟りだと噂されたのです。

天然痘を患った病人とは長屋王の怨霊だと思います。
しかし光明皇后が怨霊の体を洗って浄めたので、怨霊は荒魂から和魂に転じ、本地垂迹説で阿閦如来に転じたという話だと思います。

※神は現れ方で御霊・荒魂・和魂の3つに分けられるといいますが、和魂=仏と考えられたのではないでしょうか?
御霊・・・神の本質
荒魂・・・神の荒々し側面
和魂・・・神の和やかな側面・・・仏

すると同様の話なので行基が出会った病人とは長屋王のことではない思われます。

鶏足寺の十一面観音は長屋王のイメージを写したものだったりして?

鶏足寺3 

鶏足寺5 

鶏足寺 





※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。

毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!




にほんブログ村   








[2020/01/07 14:50] 滋賀県 | TB(0) | CM(0)

石山寺 紅葉 『源氏物語の作者は男だった?』 


※紅葉まとめはこちらをご覧ください。↓
和歌山・滋賀・兵庫・その他の紅葉 まとめ 
大阪の紅葉 まとめ 
奈良の紅葉 まとめ 
京都の紅葉 まとめ 


滋賀県大津市 石山寺
2009年11月23日 撮影

石山寺-多宝塔2

①紫式部が源氏物語を書いたので、日本は男女平等だった?

紫式部は石山寺に参篭して、源氏物語を書くアイデアを思いついたという伝説がありますよ。
そういうわけで、石山寺本堂には紫式部の像が置かれています。

石山寺-紫式部像 

武田邦彦先生がよくこんなことをおっしゃっています。
「紫式部が女性として世界で初めて小説を書いたことは、日本が男女平等社会であったことの証拠である。」

「なるほど、武田先生の言うとおりだよ!」と思う人もいらっしゃると思います。
でも、私なんかは「へ?」と思ってしまいます。

「武田先生の言うとおりだよ」と思う方は、次の点について考えてみてほしいと思います。

石山寺 三十八所権現社本殿 
a.小説を書くことと男女平等はどのようにして結びつくのか。その説明がない。

b.紫式部は貴族の娘だが、当時、日本人の多くは農民などの庶民だった。
一部の貴族の例をもちだして、日本全体を語っていいのか?

c.男女差別が問題視されるようになったのは、近年になって多くの人が企業に就職するようになってからといわれている。
それより以前の社会では男女差別より身分差別が問題だった。

d.紫式部が源氏物語を書いたという一例だけで、日本は男女平等だったと断じてしまっていいのか?


わかりやすい例をあげましょう。

ある男女共学の学校で、ひとりの女子学生が小説を書き、芥川賞をとったとしますね。
そのことをもって、男女平等な学校だと断定してもいいでしょうか。
実はその学校では受験テストで、男子の合格ラインは60点、女子の合格ラインは90点としているとしたら?
実際、そんな大学があって、女性差別だと問題になりましたねw

石山寺 本堂

②紫式部が源氏物語の作者だと考えられているワケ

そもそも紫式部が源氏物語を書いたという例は、男女平等を語るのにふさわしくないです。
というのは、源氏物語の作者は男ではないかとする説があるからです。

紫式部という女性は、一条天皇の中宮・藤原彰子(藤原道長の娘)の女房として実在していたことはほぼ事実とみてよいと思います。

ただ、源氏物語には作者名が記されていないんですね。

石山寺2

紫式部が源氏物語の作者だと考えられている理由は次のようなもののようです。

a.『紫式部日記』に次のような記述がある。

・宮中の宴で、藤原公任が「若紫はおいでですか」と紫式部に訊ねたが、
 紫式部は「光源氏のような方もいないのに紫の上がいるはずない」と思って聞いていた。
 
・一条天皇が 「源氏物語の作者は日本紀を読んでいるのだろう。才能のある人のようだね。」とおっしゃったのを聞て左衛門の内侍が「紫式部は才能をひけらかしている」などと殿上人に言いふらし、「日本紀
の御局」というあだ名をつけているのは滑稽なことだ。

・娘・中宮彰子が源氏物語を読んでいるのを知った道長が、そばにあった梅の枝が置かれている色紙を取り、歌を書いて紫式部をからかった。
すきものと 名にし立てれば 見る人の 折らで過ぐるは あらじとぞ思ふ
(梅は酸き物ですが、あなたは好き者として評判ですから、梅の枝を折らないで過ぎていく男なんていないでしょうねえ)

これに対して紫式部は次のように歌を返しました。
人にまだ 折られぬものを たれかこの すきものぞとは 口ならしけむ
(梅の枝はまだ折られていませんが、誰が好き者などと言うのでしょうか)


これらの記述は、紫式部が源氏物語の作者であると断定できるものではありませんね。
紫式部が源氏物語の作者でなくとも、上のような会話は十分なりたちそうに思えます。

石山寺 滝蔵権現社

b.『新編纂図本朝尊卑分脉系譜雑類要集』に次のように記されている。
上東門院女房 歌人 紫式部是也 源氏物語作者 或本雅正女云々 為時妹也云々 御堂関白道長妾
(上東門院の女房 歌人 紫式部はこれなり。 源氏物語の作者、ある本には藤原雅正の娘うんぬん、藤原為時の妹うんぬんとある。御堂関白道長の妾)

石山寺-心経堂 

③源氏物語の著者は男だった?

さて、それでは源氏物語の著者は男だったとする説の根拠についてみてみましょう。

a.源氏物語は臣籍降下した源氏が藤原氏との政争や恋愛に打ち勝つというもの。(現実は藤原氏が勝利している。)
そういう物語を藤原氏の紫式部が書くだろうかという疑問。

b.源氏物語の妊娠・出産の記述では子供を産んだ経験のある女性が書いたとは思えない矛盾がある。(紫式部は20代後半に藤原宣孝と結婚し娘を出産している。結婚3年後に宣孝は死亡。)

c.作中に婦人語がない。

d.紫式部の父親の役職は式部大丞であり、そこから彼女は紫式部と呼ばれていたと思われる。
作中に登場する「藤式部丞」は紫式部の父親がモデルと考えられるが、愚かな人物として描かれており、紫式部が書いたとするには不自然。

石山寺 三十八所権現社-鳥居 

源氏物語の作者は紫式部なのか、どうかについては、これからじっくり考えてみたいと思います。

ただ、男が書いた説もあるので、「日本は男女平等だった」の証拠としてあげるにはふさわしくないですね。
また、源氏物語を書いたのが紫式部でまちがいないとしても、さきほども述べたようにたった一例だけをあげて「日本は男女平等だった」というのはあまりにお粗末です。

ですから、紫式部以外の例を4~5個程度はあげて戴きたいと思います。

石山寺 

石山寺 紅葉

石山寺 東大門

石山寺-多宝塔 


まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。

毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!




にほんブログ村




[2019/11/11 17:11] 滋賀県 | TB(0) | CM(0)

彦根城 紅葉 ライトアップ 『人柱になったお菊の正体とは?』 


滋賀県彦根市 彦根城
2014年11月23日 玄宮園より撮影


彦根城 ライトアップ2

①彦根城の人柱伝説

彦根城に次のような伝説があります。

1603年、関ヶ原の戦いで勝利した徳川家康は征夷大将軍となりました。
関ヶ原の合戦で功のあった井伊直政の息子・直継(直勝)が彦根の地を賜り、彦根城を築城することとなりました。
しかし工事ははかどらず、直継は「人柱をたてよ」と命じました。
ある藩士の娘・菊が「自分が人柱になる」と名乗り出、菊は生き埋めになりました。
その後、工事は順調に進みましたが、それ以来、彦根城に菊の花を植えてもすぐに枯れてしまうようになりました。

彦根城 ライトアップ

②伊井直政は徳川家康とBLの仲だった?

変態BL好きの私なんかは菊といえば男色を思い出してしまいます。
井伊直政は徳川家康と菊の契りをかわしていたとする説があるんですよね―❤

井伊直政は徳川家康の小姓で万千代と名乗っていましたが、小姓は男色の相手とされることが多かったのです。
また、『甲陽軍鑑』には「万千代、近年家康の御座を直す」と記されています。
「御座を直す」というのは菊の契りをかわすという意味ではないかといわれています。

彦根城 ライトアップ3 

③井伊直正、家康の小姓になって出世する。

井伊直政の父・直親は直政が2歳のときに謀反の嫌いをかけられて今川氏真に殺されました。
そこで直親の従妹の井伊直虎(大河ドラマで有名ですね。)という女性が中継ぎとして井伊氏の当主となりましたが、所領を失ってしまいます。

このように直政は不幸な幼年期を過ごしたのですが、家康の小姓になって以降、直正の人生はどんどん開けていきました。
直政は井伊氏の旧領を与えられ、井伊家は復活を遂げるのです。

直政は武田氏との戦いで戦功をあげ、旗本先手役となります。
本能寺の変では、家康の伊賀越えに従いました。
その後、井伊の赤備えと呼ばれる精鋭部隊の大将となっています。
ひこにゃんが被っている兜は井伊直政が用いていたもので、鬼の角のような前立物から「井伊の赤鬼」と称されました。

伊吹山と伊井直正

直政は関ヶ原の戦いで家康本軍に随行し数々の手柄をあげますが、銃弾を右腕(または右肩)に受けて大けがをしてしまいました。

戦後も精力的に戦後処理などに尽力しましたが、鉄砲傷に破傷風を生じ、1602年に死亡しました。享年41歳でした。
その後、直政の息子・直継が彦根城の築城し、彦根藩(35万石)が置かれました。
彦根藩は明治まで井伊氏の藩として栄えることになるのですが、それは直政の功績と、直政が家康より寵愛を受けたことによるところが大きかったりして?


人柱になった娘・菊とは直政を女性に見立てて創作された物語なのではないでしょうか。
直政は関ヶ原の戦いで功労があったにもかかわらず、そのとき受けた怪我がもとで亡くなってしまったことを「人柱」と表現しているのかも~。
菊という名前にしたのは、直政が家康と菊の契りを結んでいたためだったりして?

彦根城 ライトアップ4 

彦根城 玄宮園2 
彦根城 玄宮園 


 ※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。

ありがとうございました!






にほんブログ村    






[2019/11/04 00:16] 滋賀県 | TB(0) | CM(0)

長浜城 昼夕晩 & 長浜の街並 『琵琶湖はなぜ堆積物が埋まって消滅しないの?』 


滋賀県長浜市 長浜城模擬天守(長浜歴史博物館)


長浜城 

琵琶湖に浮かぶ竹生島へ向かう船の上から撮影

①河川からの堆積物で埋め立てられて湖の寿命は尽きる。

ウィキペディアの「古代湖』の項目に次のように記されています。

古代湖(こだいこ、英語:ancient lake)とはおよそ10万年以上存続している湖の呼び名。
一般的に湖の寿命は数千年から数万年と言われている。
これは、流入する河川からの堆積物で湖が埋め立てられるためである。
しかし一部の湖は10万年以上の年齢をもち、なかには数百万年から2000万年以上の寿命を有する湖が存在する。
このような湖を古代湖と呼ぶ。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E4%BB%A3%E6%B9%96 より引用

琵琶湖は約400万年前にできたとされる古い湖です。

琵琶湖はなぜ約400万年もの間、堆積物で埋まって消滅しなかったのでしょうか?

 長浜の商店

②琵琶湖は地震で大きくなる。

https://services.osakagas.co.jp/portalc/contents-2/pc/tantei/1270833_38851.html

上記記事にこんなことが記されていました。

琵琶湖博物館学芸員の里口さんによると、
琵琶湖に流れ込んでいる100以上の河川が運んでくる土砂が湖の縁を埋めるのが原因で琵琶湖は年々小さくなっているそうです。
これはどんな湖でも起こる現象です。
しかし、琵琶湖の西側にある断層が、数百年~数千年に一度の周期で地震を起こすことが原因で、
琵琶湖の湖底が下がって深くなり、湖岸線の位置が広がって湖の面積が広くなっていくということです。

 長浜の町並

③琵琶湖は北へ移動している。

琵琶湖ははじめは現在の三重県の山田村あたりにでき、地殻変動によって北へ移動し、現在地に至ったと考えられています。

https://services.osakagas.co.jp/portalc/contents-2/pc/tantei/1270833_38851.html

上記6枚目の図に、琵琶湖の変遷がわかりやすく記されています。

一番左の図は琵琶湖ができたばかりのころの図ですが、現在の琵琶湖に比べるとかなり小さな湖ですね。
左から2枚目の図では琵琶湖はかなり大きくなっています。
左から3枚目の図には湖はなく、川・沼を含む湿地が広範囲に広がっています。かなり堆積物が積もったため、湖は沼になったということでしょうか?
一番右側の図では、沼地の西側に湖ができています。

通常ならば堆積物で湖は消滅してしまうところ、②でのべたように地震が起きて湖底がさがり、その結果、安定した湖が出来たということでしょうか?

浄琳寺


ウィキペディアの「琵琶湖」の項目には次のように記されています。

「琵琶湖が形成された時期は、約400万年~600万年前で、現在の三重県伊賀市平田に地殻変動によってできた構造湖であった。(大山田湖)。
湖は次第に北へ移動し、現在から約100 - 40万年前、比良山系によって止められる形で現在の琵琶湖の位置に至ったという。
大山田湖以前、現在の琵琶湖の位置には山(古琵琶湖山脈)があり、鈴鹿山脈は未だ隆起せず、今日の琵琶湖東南部の河川は伊勢湾へ流れていた。それを裏付けるように、鈴鹿山脈の主要な地質は礫岩である。
また、琵琶湖に流入する最大の川で、東南に位置する野洲川は、当時西方ではなく、東方へ流れていたという。


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%90%B5%E7%90%B6%E6%B9%96より引用

長浜城 夕景

長浜水中遺跡

1枚目の長浜城の写真は琵琶湖に浮かぶ竹生島へ向かう船の上から撮影したものです。
長浜城は琵琶湖のほとりに建てられていたのですね。

そして長浜城の近くに長浜水中遺跡があります。

2015年、沖合100メートル、水深1・8メートルの湖底で木製の柱8本(最大直径19.5センチ、最長65.7センチ)などが発見されました。

建物は東西2.1メートル、南北1.8メートルで、祠跡と考えられています。
放射性炭素年代測定法によれば、建物が作られたのは江戸時代後期の1801年~1818年ということです。

1819年に湖東地域を震源に起きたマグニチュード7.2前後の文政近江地震による地盤沈下で水没したのではないかと考えられています。

琵琶湖には長浜水中遺跡のほかにも水中遺跡が多数あります。
地震による地すべりが原因と記された記事もありました。
地すべりでできたと思われる湖底の小山が確認されているというのです。
しかし地すべりだけでなく、地震によって湖底がさがり、湖岸線の位置が広がったことが原因で水没した建物や村などもあるのではないでしょうか。

長浜城 月


まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。

毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!




にほんブログ村






 


[2019/06/24 11:38] 滋賀県 | TB(0) | CM(0)

馬見岡綿向神社 日野祭 『猪は陰を陽に転じる莫だった?』 

滋賀県蒲生郡日野町 馬見岡綿向神社
日野祭 5月2日~3日

馬見岡綿向神社-日野祭 神輿


①猪は綿向大神の神使


馬見岡綿向神社の境内に猪の像が。

馬見岡綿向神社-猪像 

猪は綿向大神の神使なのだそうです。

その言われは次のとおり。

欽明天皇6年(545年)、蒲生野の豪族・蒲生稲置三麿と山部連羽咋が綿向山麓に狩にやってきましたが
4月(新暦五月)だというのに雪が降り出し吹雪となりました。
雪が止んだのち、ふと見ると大きな猪の足跡がありました。
二人が足跡を追っていくと綿向山山頂にいたり、綿向大神の化身の白髪の老人があらわれて、「この山の頂に祠をたてて祭れ」といいました。
ふたりは言われたとおりに社殿を建てて祭りました。(大嵩神社)
ここから猪は綿向大神の神使とされています。
大嵩神社は綿向神社の奥宮で20年ごとに式年遷宮しています。

馬見岡綿向神社 日野祭 行列

②摩利支天・護王神社の神使も猪

猪を神使としている神社や寺はほかにもあります。
まず摩利支天の神使が猪とされていますね。

あと和気清麻呂を祀る護王神社には狛猪が置かれています。
これは和気清麻呂が流罪となって大隅国に流されていく途中、猪が和気清麿を道鏡が差し向けた刺客から守ってくれたという伝説に基づくものでしょう。
(道鏡が和気清麻呂に刺客を差し向けたというのは史実ではないと思います。)

馬見岡綿向神社 日野祭 行列3

③鹿の夏毛の斑点は謀反人に降られた塩の喩え?

神使とされている動物には、ほかにも、鶏(伊勢神宮・石上神社)・猿(日吉大社)・虎(朝護孫子寺・鞍馬寺)鹿(春日大社)などiいろいろあります。

このうちの鹿については、このブログの中で何度かお話ししていますが、謀反人の比喩だと考えています。

鹿には次のような伝説があります。

雄鹿が雌鹿に「全身に霜が降る夢を見た」と言った。
雌鹿は「霜だと思ったのは塩で、あなたは殺されて全身に塩が振られているのです」と言った。
翌日、雄鹿は漁師に打たれて死んだ。
(日本書紀/トガノの鹿)

昔、謀反の罪で死んだ人は死体に塩を振られることがあり、鹿とは「謀反の罪で殺された人」を比喩的に表現したものではないかとする説があります。

摂津国風土記に同様の話がありますが、こちらでは雄鹿は「全身に雪が振り、背中にススキが生えた」夢をみたとあり
雌鹿は「雪は殺されて塩が振られている、薄は背中に刺さった矢」と答えています。

鹿の夏毛には白い斑点があります。これを霜や雪に喩えたのでしょう。

大仏殿 鹿

謀反の罪で死んだ人は死後、怨霊となったことでしょう。
怨霊とは政治的陰謀によって不幸な死を迎えた人のことで、昔の人々は疫病の流行や天災は怨霊の仕業で引き起こされると考えていたのです。

そして陰陽道では荒ぶる神は十分に祀ればご利益を与えてくださる神に転じると考えました。
春日明神の神使・鹿とは、怨霊となった人の霊が慰霊されて神になった、その神の使いなんでしょうね。

とすれば猪もまたもともとは怨霊であった人が、慰霊されて神になった、その神の使いなのではないかと考えられますね。

馬見岡綿向神社 日野祭 行列2

先日、高台にある柏原八幡宮を参拝し階段を下りてきたところで、ボランティアガイドをされている方からこんな話をお聞きしました。

「柏原八幡宮の本殿には猪の彫刻があります。猪は莫だと考えられていたので・・・」

いや~、「お話し聞いてから参拝したらよかった」と思いました。
もう一度階段駆け上がって本殿の彫刻見てきたかったんですけど、友人が「早く百毫寺へ行こう」といいますし、時間なかったんですよね。

それにしても「猪は莫」。これはありえると思いました。

馬見岡綿向神社-日野祭 曳山

④獏はパンダ?

莫とは「夢を食べる」とされる伝説上の動物で、中国の文献には次のように記されています。

貘屏賛・・・鼻はゾウ、目はサイ、尾は牛、脚は虎に似ている。
爾雅 釈獣・・・白豹
説文解字・・・熊に似て黄黒色、蜀中(四川省)に住む。
爾雅 郭璞注・・・熊に似て頭が小さく脚が短く、黒白のまだらで、銅鉄や竹骨を食べる。
説文解字注・・・・今も四川省にいる

獏とパンダは同一視されていたそうです。

説文解字には黄黒色とありますが、虎のようにはっきりした黄色ではなく、淡いクリーム色のことだそうです。
そして説文解字には「今も四川省にいる」爾雅 郭璞注には「竹骨を食べる」とあります。
四川省に住んで竹を食べる黒白まだらの動物といえばパンダ(ジャイアントパンダ)ですね。

ただし、貘屏賛には「獏は鼻はゾウ、目はサイ、尾は牛、脚は虎」とあって、パンダとは全然ちがう動物のようです。

馬見岡綿向神社-日野祭 曳山2  


⑤パンダはなぜ獏と同一視されたのか?

獏は悪い夢を食べてくれるという俗信があります。
つまり獏は陰を陽に転じてくれる聖獣というわけですね。

陰陽の象徴といえば太極図です。

Yin yang

https://commons.wikimedia.org/wiki/File%3AYin_yang.svg
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/1/17/Yin_yang.svg よりお借りしました。
作者 Gregory Maxwell [Public domain], ウィキメディア・コモンズ経由で


太極図は白と黒の図で構成され、白は陽、黒は陰をあらわします。

パンダは黒白まだら模様の動物なので、陰陽をあらわす動物、または陰を陽に転じさせる動物だと考えられ、獏と同一視されたのではないでしょうか。

馬見岡綿向神社6 

 ⑥莫はマレーバク?

古代中国にはマレーバクが生息していましたが、絶滅したそうです。
このマレーバク、みごとな白黒モノトーンなんですね!



動画お借りしました。動画主さん、ありがとうございます!

マレーバクは「鼻はゾウ、目はサイ、尾は牛、脚は虎に似ている。」に近いですね。

先日テレビで、「想像上の動物獏に似ているから、マレーバクという名前がついた」と言っていましたが、私は逆だと思います。

獏はマレーバクをモデルとして創作された動物、またはマレーバクそのものではないでしょうか。
そう思う理由は見事な黒白モノトーンの毛です。



動画折しました。動画主さん、ありがとうございます。


古事記に次のように記されています。

昔、天地がまだ別れず、陰陽も分かれておらず、混沌として卵の中身のように固まっていなかったが、薄暗い中にきざしがあった。
やがて清らかな陽気がたなびいて天となり、重く濁った陰の気が滞って地となった。(天地開闢)


マレーバクは子供のころは黒白がまだらになんですが、成長すると白黒にくっきりわかれた柄になります。
この様子はまるで古事記に記された天地開闢のようではありませんか。

夢を食べる獏とはマレーバク、もしくはマレーバクをモデルとして想像されたものであり
マレーバクの白黒モノトーンの柄が太極図を思わせるため、「悪い夢(陰)を食べて、よいこと(陽)に転じさせる」と信仰されたのではないかと思います。

マレーバクは木の葉や果実を食べますが、竹をたべるとは聞きません。
爾雅 郭璞注に「熊に似て頭が小さく脚が短く、黒白のまだらで、銅鉄や竹骨を食べる。」とあるのはやっぱりパンダだと思います。

中国でマレーバクが絶滅してしまっため、マレーバク同様白黒模様のパンダが獏だと考えられたではないかと思います。

馬見岡綿向神社 日野祭 

 ⑦茶色(黒っぽい)の猪は陰、雪をかぶった白い猪は陽?

猪は鼻が長い点がなんとなくマレーバクに似ていますし、
猪の子供のまだら模様はマレーバクの子供のまだら模様を思わせます。(色はちがいますが)



ここで①の伝説を思い出してください。

本来ならば茶色の毛の猪の成獣ですが、伝説では吹雪だったということで雪をかぶって真っ白になっていたのではないでしょうか。

陰陽では白は陽、黒は陰です。
つまり雪をかぶらない茶色(黒っぽい)の猪は陰だが、雪をかぶった白い猪は陽、ということではないでしょうか。

そのあと綿向山山頂に現れた綿向大神も白髪だったとありますが、雪をかぶって真っ白になった猪はこの白髪の神の神使なのでしょう。

十二支の順番は子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥で亥(猪)は十二支の一番最後です。
亥=猪=莫とすれば、十二支の一番最後で「悪夢を食べて、陰を陽に転じる」というのはとても理に適っているように思えます。

馬見岡綿向神社-日野祭 神輿 

馬見岡綿向神社-日野祭 神輿2 



 ※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。

ありがとうございました!






にほんブログ村    







[2019/05/18 12:11] 滋賀県 | TB(0) | CM(0)

滋賀の桜 イロイロ 2019 


撮影 2019年4月11日


せっかくきれいな桜なのに、腕がいまいちなのが残念だーーっ(涙)

余呉川 
余呉川提

川

高時川提

青山神社

白山神社(高月町雨森)
 
乙高山観音寺 
乙高山観音寺(高月町雨森) 

小谷城 
小谷城跡

真宗大谷派五村別院 
新宗大谷派五村別院

矢合神社 
矢合神社

長浜城

長浜城

徳源院

徳源院

清滝神社 
清滝神社

彦根城  
彦根城


※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。

毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!






にほんブログ村    




[2019/04/12 16:12] 滋賀県 | TB(0) | CM(0)

寿長生の郷 雛人形展 ほか『大黒天が踏みつけている渦巻きは何?』 


滋賀県大津市 寿長生の郷
2019年3月17日 撮影


寿長生の郷 子供の人形

①大黒天は男性のシンボルの神様?

寿長生の郷ではアンティークの雛人形のほか、いろんな人形が展示されていました。

↓ これは人形というより神像または仏像というべきかもしれません。大黒天ですね。

寿長生の郷 大黒天

大黒天像にはさまざまな像容がありますが、この写真のように、頭巾をかぶり、大きな袋を背負い、右手には小槌を持ち、米俵に乗る姿で表されることが多いです。

Daikoku8727

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Daikoku8727.jpg
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/0e/Daikoku8727.jpg

上は神田明神の大黒天像の写真をウィキペディアよりお借りしたものです。
頭巾・袋・小槌・俵に乗るなど同じですね。

俵に如意宝寿の飾りがついているのも同じです。

大黒天のふたつの米俵は睾丸で、頭巾は亀頭をあらわすなどと言われます。

寿長生の郷 市松人形2体

②大黒天の袋の中身はドクロ?


袋は子宮と書いてあるサイトもありました。

袋は子宮と考えることもできますが、私見では、袋の中にはドクロが入っているのではないかと思います。

真言立川流ではドクロに漆を塗ってドクロ本尊をつくり、これを袋に入れて抱いて寝ると8年目にドクロは命を持って話だす、と考えられていたそうです。

ドクロが命を持って話だす、というのは、いったん命を失って体から切り離されたドクロが生き返るということでしょう。

寿長生の郷 五人囃子 
細かい刺繍がすてきですね~

七福神の布袋尊も袋をもっていますが、布袋は死後に姿を見かけられています。
これは布袋は死後に生き返ったので、姿を見かけられたと考えることができます。

また、大黒天は日本神話に登場する大国主と習合されていますが、大国主は数回死んではそのたび生き返っています。

西洋のサンタクロースのモデル・聖ニコラオは殺されて塩漬けにされた子供を生き返らせています。

袋の中には復活のシンボルであるドクロがはいっているということではないでしょうか。

寿長生の郷 ,駕籠と人形

弥勒菩薩は釈迦が56億7000万年後に復活した姿であると私は思いますが
釈迦涅槃図図(釈迦が入滅した際、人々が嘆き悲しむ様子を描いたもの)には、袋が描かれています。
http://www.gyokusenzi.com/sanbukki/nehanz/nehanz.htm
釈迦のお母さまの摩耶夫人が、釈迦のために投じたもので、中には薬が入っているとされます。
薬とはドクロであり、この薬によって釈迦は56億7000万年後に弥勒菩薩として復活するということなのではないかと思ったりします。
また、布袋は弥勒菩薩の化身だとされていますね。

寿長生の郷 市松人形1体 

③小槌は男性のシンボルをあらわす?

餅つきの臼は女性器を、杵は男性器をあらわすなどといわれます。
槌は英語ではハンマーであり、ものを打ち付ける道具です。
そういう点が杵と槌は似ています。

小槌もまた男性器をあらわすものではないかと思います。

寿長生の郷 恵比寿と大黒 

恵比寿と大黒

④俵の間の渦巻きは何?

寿長生の郷の大黒天像(上から2枚目)をもう一度見てください。

おや、ふたつの俵の間になにか渦巻きのようなものがありますね?これはなんでしょうか?

蓮の葉の上にあるので、カタツムリでしょうか?

これは女性のシンボルではないかと私は思います。

寿長生の郷 登り窯 
登り窯

⑤璉珹寺の庭の渦巻きは何を意味している?

璉珹寺の阿弥陀如来は女人裸形のみほとけといわれますが、お胸はないです。
お胸がないのになぜ女人のみほとけといわれているのでしょうか。
人裸形の阿弥陀如来立像は裸の阿弥陀如来さまで、布で作った袴をはかせてあります。
この罰当たり目が!といわれそうですが、このみほとけの下半身に女人をあらわすものがあるのではないでしょうか。

もちろん、袴をめくってみるわけにはいきません。

ふと見ると門にこんな張り紙がしてありました。↓

璉珹寺 張り紙

璉珹寺-庭の渦巻き

よく見ると庭に渦巻きが描かれていました。
裸形のみほとけの股間は蓮の形をしたものもありますが、渦巻きがついたものを過去に見た記憶があるのです。

⑥イザナギとイザナミは日本の中心で国生みを行った。

鳴門 渦潮2 
記紀神話によるとイザナギとイザナミは天の浮橋に降り立ち、矛を海に差し入れてこおろこおろとかきまぜ矛を引き上げた際、滴った潮が固まってオノゴロ島ができたとあります。

古の人々は鳴門の渦潮はイザナギとイザナミが矛でかきまぜてできた渦だと考えていたのではないでしょうか。

鳴門の渦潮は多くは右巻きですが、赤ちゃんは生まれてくるとき産道を右回りに回って(まれに左回りもあるそうです)生まれてきます。
鳴門の渦潮はイザナミの女陰に喩えられているのではないでしょうか。

詳しくはこちらの記事をお読みください。→鳴門の渦潮 『国生みは渦潮で行われた?』 
 

寿長生の郷 古民家 

寿長生の郷 古民家-へっついさん 
寿長生の郷 古民家-囲炉裏 

寿長生の郷 梅


※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。

毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!






にほんブログ村    




[2019/03/23 00:01] 滋賀県 | TB(0) | CM(0)

寿長生の郷 梅 雛人形展 『六楽人 八人囃子?』 


滋賀県大津市 寿長生の郷
2019年3月17日 撮影

 
寿長生の郷 梅

寿長生の郷は和菓子の 叶 匠壽庵さんが和菓子の原料となる梅や柚子などを栽培しておられる農園です。
広大な梅林が広がり、レストランやカフェ、茶室のほか、陶芸工房や炭焼き工房などもありました。
駐車料金は1000円ですが、1000円の商品券がついてくる♪
園内は掃除が行き届いていて気持ちよく、スタッフの方も親切でニコニコ笑顔で接してくださるので、とても感じがいいです。
雛人形展もやっていて、すごく得した気分に~。また行きたいです。
 
寿長生の郷 雛人形-五人囃子 
①五人囃子は能楽だった。


一般的な五人囃子は能楽のバンドになっています。

向かって右側から、扇子、横笛、小鼓(こづつみ)、大鼓(おおづつみ)、太鼓(たいこ)となっているのが一般的なようです。
扇子をもっている人は謡、ボーカルですね。

寿長生の郷 雛人形 三人官女 五人囃子

上の写真の五人囃子は扇子(謡/ボーカル)がいませんね。
向かって左から小鼓・横笛・火焔太鼓(かえんだいこ/かな?)・大鼓(小鼓のようにも見えますが)、太鼓となっています。
いろんなパターンがあるんでしょうか?
もしかしたら他の雛人形セットと楽器が混同してしまったのかも?




実際に能を見てみるとわかりやすいですね。
楽器を演奏しているのは4人です。
謡は向かって左ではなく、向かって右に6人ほどいます。
ですが、途中でひとり立ち上がって舞台の中央に向かいます。
この人がメインボーカルで、残りの5人はコーラスみたいなもんでしょうか。

寿長生の郷 五人囃子

↑ こちらは向かって右に扇子(謡/ボーカル)、その隣に小鼓がいます。あとは残念ながら楽器が紛失してしまったようです。

②五楽人の雛人形もある。


五人囃子でなく五楽人になっている雛人形もあるときいていましたが、寿長生の郷に五楽人の雛人形の展示がありました。

寿長生の郷 五楽人2

↑ 楽器が失われていますが、楽人の衣装をきているので、五楽人ですね。


楽人は「がくじん」と読み、能とは別の、雅楽を奏する演奏者をさします。
向かって左から、横笛(よこぶえ)、縦笛(たてぶえ)、火焔太鼓(かえんだいこ)、笙(しょう)、羯鼓(かっこ)を持つのが一般的なようです。

寿長生の郷 五楽人

↑ ↓ 中央の人形が笙を持っています。

寿長生の郷 五楽人-しょう

 笙は17本の竹管を円形に並べた楽器で、竹管に空けられた指穴を押さえ、下部横側の穴から息を吸ったり吐いたりして音を出すものです。
吸っても吐いても息がでるとのことです。

また七楽人の雛人形もあるそうです。
こちらは琴、横笛、縦笛、火焔太鼓(かえんだいこ)、大太鼓笙、琵琶、羯鼓(かっこ)のようです。



上の動画の前列中央の大きな打楽器が火焔太鼓、前列向かって右が羯鼓(かっこ)じゃないかと思います。(まちがってたらすいません)
前から2列目向かって右が琵琶、向かって左が琴ですね。後列に笙を吹く人がいます。

寿長生の郷 五人囃子2

↑ 五人囃子か五楽人かわかりませんが、前二人は髪を結い、後ろ3人は剃髪しています。また前二人は若そうに見えますね。


③六人囃子、八人囃子、5人官女、七人官女も!

加茂船屋 ひなまつり 『お雛様とお内裏さまは双子だった?』 
上の記事にこんなことを書きました。

「私はお雛様は天照大神、お内裏様はスサノオで、三人官女は宗像三女神、五人囃は五柱の男神(正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命・天之菩卑能命・天津日子根命・活津日子根命・熊野久須毘命)ではないかと考えています。

宗像三女神と五柱の男神(正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命・天之菩卑能命・天津日子根命・活津日子根命・熊野久須毘命)は
天照大神とスサノオが「うけいの子産み」をして生んだ神々です。」

ところが、寿長生の郷に展示されていた雛人形の中に、六楽人や八人囃子のようなものがあったのでびっくり!

寿長生の郷 雛人形 御殿

↑ 享保雛(享保は1716年~1736年)と雅楽雛と書いてありました。雅楽ということは、六楽人?

寿長生の郷 雛人形 八人囃子

↑ 二段目は三人官女のようには見えません。八人囃子?

さらに、調べてみると五人官女や七人官女もいた、というのです。http://www.tenhodo.co.jp/archives/kanjo.html

囃子の5人は正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命・天之菩卑能命・天津日子根命・活津日子根命・熊野久須毘命、
官女の3人は宗像三女神であってるかもしれませんが、

六人囃子、八人囃子、5人官女、七人官女はどういうイメージから創作されたんでしょうか?
それとも人数なんて適当なんでしょうか?

寿長生の郷 雛人形

④六人囃子、八人囃子は六所御霊、八所御霊?

私なんかは6とか8とかの数字を聞くと、御霊思い出してしまいますが。
御霊とは怨霊が祟らないように慰霊したもののことをいいます。

863年、神泉苑で御霊会が行われています。御霊とは政治的陰謀によって不幸な死を遂げた人(怨霊と同義と考えていいと思います)が祟らないよう、慰霊されたもののことを言います。


寿長生の郷 雛人形2

↑ 1800年代に作られた雛人形。目にはガラス玉がはめられています。


863年の御霊会では、次の六柱の御霊が慰霊されました。

①早良親王(藤原種継暗殺事件に関与したとして廃太子となり、流刑となって淡路に向かう船上で憤死。無実を訴えてハンガーストライキを行った。)

②伊予親王(謀反を企てたとして母親の藤原吉子とともに川原寺に幽閉され、服毒自殺。死後無実であることが判明/伊予親王の変)

③藤原吉子(伊予親王の母親。伊予親王とともに川原寺に幽閉され服毒自殺。/伊予親王の変)

④橘逸勢(謀反を企てたとして伴健岑とともに捕えられ拷問をうけた。流罪となって伊豆へ向かう途中死亡/承和の変)

⑤分室宮田麻呂(唐よりの物産を勝手に没収しようとしたとして伊豆に流罪となった。のち、無罪とされた。)

⑥藤原仲成(平城上皇を担ぎ上げて謀反をおこしたことにより斬殺された/薬子の変)

または藤原広嗣(九州で反乱をおこし斬殺された/藤原広嗣の乱)

この六所御霊に吉備大臣(吉備真備)・火雷神(菅原道真とされるところもある。)を加えて八所御霊といい、京都の上御霊神社・下御霊神社などに祀られています。

吉備真備が御霊とされている理由はよくわかっていないようです。

六人囃子、八人囃子は六所御霊、八所御霊と関係があるなんてことないかな?

寿長生の郷 梅と河津桜




※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。

毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!






にほんブログ村    





[2019/03/21 16:56] 滋賀県 | TB(0) | CM(0)