常楽寺 紅葉 『阿星山は紫香楽宮の鬼門守護の寺ではないと思う。』 

滋賀県湖南市 常楽寺
2017年11月中旬 撮影


常楽寺 本堂 五重塔2 
常楽寺 本堂 三重塔


①阿星寺と長寿寺・常楽寺

先日、長寿寺と長寿寺の鎮守・白山神社の記事を書きました。
長寿寺 紅葉 『長寿寺は孝謙(称徳)天皇誕生に伴って建立された?』 
白山神社(長寿寺) 紅葉 称徳天皇はククリヒメ? 

その長寿寺・白山神社から約1kmほど行ったところに常楽寺があります。
どちらも山号は阿星山といいます。

かつてこのあたりに阿星寺(阿星山寺)があったようで、次のように記されているサイトがありました。

元明天皇の和同年中(708~715)、金粛菩薩が甲賀郡の大岳(阿星山)の霊地を開き、初めて仏門弘道の精舎(寺院)を建て、数字の殿堂を構え、僧坊が甍を並べ、阿星寺と号したが、魔風のため火災にかかり、本尊の千手千眼観音像は常楽寺に飛んで来たという(『常楽寺文書』「近江国常楽寺勧進帳」)。

今日、山腹にある「堂立遺跡」や「阿星寺跡」と名づける寺院遺跡は、往時の阿星寺の一部であろう。

~略~

阿星寺の由緒をひく石部町東寺の長寿寺と西寺の常楽寺が、「もと聖武帝信楽宮に遷都の時、鬼門守護の寺なり」といわれるのは(『東海道名所図会』)、阿星寺の存在を抜きにしては考えられない。


http://www.edu-konan.jp/ishibeminami-el/kyoudorekishi/202030100.htm より引用

常楽寺 鐘楼 
常楽寺 鐘楼

②長寿寺・常楽寺は鬼門守護の寺?

上記リンク先に
長寿寺と西寺の常楽寺が、「もと聖武帝信楽宮に遷都の時、鬼門守護の寺なり」といわれるのは
http://www.edu-konan.jp/ishibeminami-el/kyoudorekishi/202030100.htm より引用
とありますね。

ウィキペディアにもそう記されています。
【常楽寺】
寺伝では、奈良時代に聖武天皇の勅願により、良弁が紫香楽宮の鬼門を封じるために創建したという。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%B8%E6%A5%BD%E5%AF%BA_(%E6%B9%96%E5%8D%97%E5%B8%82)より引用

【長寿寺】
寺伝では、奈良時代に聖武天皇の勅願により、良弁が紫香楽宮の鬼門を封じるために創建し、
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E5%AF%BF%E5%AF%BA_(%E6%B9%96%E5%8D%97%E5%B8%82) より引用

常楽寺 本堂 五重塔3 
常楽寺 本堂 三重塔

③鬼門は北東

次に鬼門について調べてみましょう。

鬼門(きもん)とは、北東(艮=うしとら:丑と寅の間)の方位のことである。
陰陽道では、鬼が出入りする方角であるとして、万事に忌むべき方角としている。
他の方位神とは異なり、鬼門は常に艮の方角にある。
鬼門とは反対の、南西(坤、ひつじさる)の方角を裏鬼門(うらきもん)と言い、この方角も鬼門同様、忌み嫌われる。
南東(巽)を「風門」、北東(艮)を「鬼門」とした。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AC%BC%E9%96%80より引用

常楽寺 本堂 五重塔5 
常楽寺 三重塔

④比叡山延暦寺は平安京鬼門封じの寺

比叡山延暦寺は平安京鬼門封じの寺といわれます。

延暦寺 東塔 阿弥陀堂 
延暦寺


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E5%AE%89%E4%BA%AC#/media/File:Heiankyo_landsat.jpg
平安京の位置は、上記リンク先で確認してください。

地図上に京阪鴨東線と表示のある西あたりが平安京です。
延暦寺は平安京の北東の位置にありますね。
すなわち、平安京の北東に延暦寺をおくことで、鬼門より鬼がやってくるのを防ぐという呪術的な意味あいがあるのでしょう。

常楽寺 本堂 五重塔4

常楽寺 三重塔 

⑤常楽寺や長寿寺は紫香楽宮跡の北北西では?


次に常楽寺・長寿寺と紫香楽宮跡の位置関係を見てみましょう。
常楽寺は阿星山の北、長寿寺は常楽寺の東1kmほどの場所です。


あれ?常楽寺は紫香楽宮跡の鬼門(北東)ではなく、北北西あたりにありますね?

ウィキペディアをよく読んでみると、次のように書いてあります。

聖武天皇が天平17年(745年)に遷都した紫香楽宮(しがらきのみや)の跡に比定され、1926年(大正15年)に史跡として約33000平方メートルが指定された。
しかし、その後の発掘調査の進展により、当遺跡の北2キロメートルにある甲賀市信楽町宮町宮町遺跡が実際の紫香楽宮跡とみなされるようになり、黄瀬・牧にある遺跡は東大寺に先駆けて紫香楽宮で大仏建立を行った甲賀寺の跡、または近江国国分寺の跡である可能性が高くなった。


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%AB%E9%A6%99%E6%A5%BD%E5%AE%AE%E8%B7%A1 より引用




滋賀県甲賀市信楽町宮町641−1の甲賀市紫香楽宮跡関連遺跡群発掘調査事務所 遺構展示室にピンを立ててみました。
宮町遺跡はたぶんこのあたりだと思います。

うーん、でもやっぱり常楽寺・長寿寺は鬼門の方角にはありません。
常楽寺・長寿寺は信楽の宮の鬼門封じの寺ではないということではないでしょうか。

⑥阿星山は玄武の山?

710年から794年までの間に何度も遷都が繰り返されています。

平城京(710)→恭仁京(740)→紫香楽宮(74?)→難波宮(744)→平城京(745)→長岡京(784)→平安京(794)

常楽寺・長寿寺はこのうちの難波宮の鬼門にあるとはいえそうです。

また紫香楽宮は四神相応の地に作られたともいいます。
北方守護の神・玄武は丘陵に、南方守護の神・朱雀は湖沼に、東方守護の神・青龍は清流に、西方守護の神・白虎は大道に棲むといわれ、北に丘陵、南に湖沼、東に清流(川)、西に大道のある土地は指針相応の地であり大変縁起がいいといわれていました。

阿星山(常楽寺・長寿寺)はほとんど紫香楽宮の北にあると言ってもいいので、阿星山は玄武の丘陵なのでしょうか?
でも、南に湖沼、東の清流が見当たりません~。

常楽寺 本堂
常楽寺 本堂 


まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。

毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!




にほんブログ村




スポンサーサイト

[2017/11/19 00:00] 滋賀 | トラックバック(-) | コメント(-)

白山神社(長寿寺) 紅葉 称徳天皇はククリヒメ? 

滋賀県湖南市 長寿寺
2017年11月中旬 撮影


長寿寺 白山神社 鳥居

白山神社 

①白山信仰


前回ご紹介した長寿寺の隣というか?境内?に白山神社があります。長寿寺の鎮守です。

長寿寺 門 
長寿寺

白山神社については結構たくさん記事を書いています。すごく気になる神社なんですね~♪
http://kntryk.blog.fc2.com/?q=%E7%99%BD%E5%B1%B1&charset=utf-8

石川県白山市と岐阜県大野郡白川村にまたがって、標高2702mの白山があります。

白川郷 合掌造 集落

白河郷からみた白山(向かって右の雪を被った山が白山)

②ククリヒメは括り姫?潜り姫?


この白山に対する信仰を白山信仰といい、白山神社にはたいてい菊理姫(ククリヒメ)が祀られています。

イザナギは死んだイザナミを迎えに黄泉平坂に行きますが、腐って蛆がたかったイザナミの姿を見て恐ろしくなり、逃げ帰ってしまいます。
イザナミはこれに腹を立ててイザナギを追いかけますが、イザナギは黄泉平坂まで戻り、大きな石をおいてあの世とこの世の出入り口である黄泉平坂を塞ぎます。
そしてイザナギは「私がはじめ悲しみ、慕ったのは私が弱かったからだ」といいました。
すると泉守道者(よもつちもりびと)がイザナギにイザナミの言葉を伝えました。
「私はあなたと、すでに国を生みました。これ以上生む必要はないでしょう。私は黄泉の国にとどまります。あなたとは一緒に帰りません。
このとき菊理媛神が何か言いました。イザナギはこれをほめ、その場を去りました。

(『日本書紀』の一書 第十)

ククリヒメは何を言ったんですかね?気になりますが、発言の内容は記されていません。

ククリヒメは「ククリ」は「括る」で縁結びの神、「潜る」で水神とする説などあります。

 長寿寺 白山神社 鳥居2

白山神社

③ククリヒメは皇位継承の神?

ククリヒメから私は在原業平の有名な歌を思い出します。


ちはやぶる 神代もきかず 龍田川 からくれなゐに 水くくるとは(在原業平)

龍田川 紅葉

龍田川

「ちはやぶる」・・・「神」にかかる枕詞です。
「神代も聞かず」・・・「神代にも聞いたことがない」
「竜田川」・・・奈良県生駒郡斑鳩町竜田あたりを流れる川。
「から」・・・「韓の国」や「唐土(もろこし)」
「くれなゐ」・・・「紅色」

ここまでは難しいところはありませんね。 

問題は「水くくる」です。
「水くくる」には2つの解釈があります。

a.水を「括り染め」にした。→「神代にも聞いたことがない。竜田川が韓や唐土の衣の鮮やかな紅のように水を括り染めにするとは。」
b.水を潜った。→「神代にも聞いたことがない。韓や唐土の衣の鮮やかな紅に染まった紅葉の下を竜田川の水が流れていくとは。」

この在原業平の歌は在原業平の祖父・平城天皇の次の歌と対応していると思います。

龍田河 もみぢみだれて 流るめり 渡らば錦 なかや絶えなむ(平城上皇)
(龍田川の上を紅葉が乱れて流れている。私が渡ると紅葉の錦がちぎれてしまうだろう。)

平城上皇は嵯峨天皇と対立して敗れ出家しています。(薬子の変)
これに連座したとして阿保親王は大宰府に流罪となりました。

10年以上たち、ようやく阿保親王は許されて京に戻りました。
そして阿保親王は自分の子供(在原行平・業平ら)の臣籍降下を願い出て許されています。
阿保親王は自分の子供たちを臣籍降下させることによって、反逆する気持ちがないことを示そうとしたのではないかと思います。

そして藤原高子が清和天皇の皇子として産んだ陽成天皇は在原業平の子であると言う説があります。
というのは伊勢物語に在原業平と藤原高子が駆け落ちするというシーンがあるからです。

百人一首かるた

龍田川のもみじは皇位継承の血筋の比喩だと思います。
「龍田川を渡る」とは「平城天皇が薬子の変をおこす」ことの比喩で「薬子の変をおこすと皇位継承の血筋が途切れてしまうだろう(私の子孫は皇位につけないだろう)」というのが歌の意味ではないでしょうか。

そして在原業平は、自分の祖父・平城上皇が薬子の変をおこして途切れた皇位継承の血筋が、陽成天皇即位によって括られると詠んだのだと思うのです。

詳しくはこちらの記事をお読みください→龍田川 紅葉 『陽成天皇の父親は在原業平だった?』 

ククリヒメは括り姫で皇位継承を括る(結びつける)神なのではないでしょうか?

④称徳天皇は天智系天皇にとっての皇位継承を括る神?


長寿寺は聖武天皇の皇女誕生の際に七堂伽藍が整備されたといいます。
聖武天皇の皇女は3人いますが、そのうち阿倍内親王が即位して孝謙天皇(重祚して称徳天皇)となっています。
おそらく阿倍内親王誕生の際に長寿寺の七堂伽藍が整備されたのでしょう。

称徳天皇で天武系天皇の血筋が絶え、天智系天皇に変わったことは、こちらの記事に書いたとおりです。
長寿寺 紅葉 『長寿寺は孝謙(称徳)天皇誕生に伴って建立された?』 

なるほど!称徳天皇は天智系天皇が皇位継承するきっかけになった神=括り姫だといえる。
それで長寿寺の鎮守に白山神社が勧請されたのだろうって?

長寿寺 白山神社 拝殿 

白山神社

⑤称徳天皇は阿倍仲麻呂と藤原光明子の子?

うーん、そういうこともあるかもしれないけど
私は称徳天皇って阿倍仲麻呂と藤原光明子の間に生まれた娘ではないかと思ってるんです。

四つの船 早帰り来と しらかつく 我が裳の裾に 鎮ひて待たむ/孝謙天皇(のちの称徳天皇)
(四隻の船よ、早く帰ってくるように。しらかをつけたこの我が裳の裾に祈りをこめて待っています。)


大船に 真楫しじ貫き この吾子を 唐国へ遣る 斎へ神たち/光明皇后〈藤原光明子)
(大きな船にたくさんの櫂を取り付けて、わが子を唐へ遣わします。神々よ、護り給え。)

この二つの歌は、第12次遣唐使を送る際に詠んだもので、この遣唐使船が帰国する際、阿倍仲麻呂が乗船して日本に帰る予定になっていました。

帰国まぎわに阿倍仲麻呂は次のような歌を詠んでいます。

あまの原 ふりさけ見れば 春日なる みかさの山に いでし月かも/阿倍仲麻呂

(夜空を仰ぎ見ると月が出ていた。奈良の都で三笠の山から上る月と同じ月なのだなあ。)

仲麻呂が乗った船は暴風雨にあい、結局仲麻呂は日本には戻れず唐でなくなるのですが~。


ならるりえ 遣唐使船 
なら瑠璃絵で展示されていた遣唐使船

光明皇后の「光明」とは「暗闇を照らす光」のことをいいます。
暗闇を照らす光とは月のことではないでしょうか。
そして三笠山は春日大社の背後にあって春日大社とは関係が深そうに思えますが、春日大社は藤原氏の氏神、
光明皇后は藤原不比等の娘です。
「みかさの山に いでし月」とは光明皇后のことだと思えて仕方がないんですね~。


浮見堂 三笠山 百日紅 
向かって右の濃い緑色に見える山が三笠山

そして孝謙天皇は聖武天皇と光明皇后の娘とされていますが、本当の父親は阿倍仲麻呂では?
孝謙天皇は阿倍内親王といい、阿部氏と関係がある女性のように思えるんですよね~。

⑥称徳天皇は蝦夷だった?


『東日流外三郡誌(つがるそとさんぐんし)』には、称徳天皇は蝦夷の安倍一族の出身であると記されています。

当時、日本の東国には蝦夷と呼ばれるまつろわぬ民が住んでおり、朝廷はたびたび蝦夷征伐の軍を送っていましたが、あるとき、朝廷軍は蝦夷軍に大敗し、それによって蝦夷の安倍氏の血を引く彼女が次期天皇になると取り決められたというのです。

また東大寺の大仏建立に用いられた黄金は、彼女の縁で奥州から送られた、とも記されています。

東日流外三郡誌は後世の偽書とされており、その内容をそのまま信じることはできないんですが、気になる記述です。

長寿寺 白山神社 神殿 
白山神社 神殿

阿倍仲麻呂は蝦夷の安倍(阿倍)氏なのか?
そして私は称徳天皇(孝謙天皇/阿倍内親王)は阿倍仲麻呂の娘ではないかと考えているのですが、阿部仲麻呂が蝦夷だとすれば、称徳天皇もまた蝦夷だといえます。

これが正しければ、蝦夷の女性が皇位についたということになり、女性とはいえ、万世一系の建前が崩壊してしまいます。

ところが称徳天皇は急死して天智天皇の孫の光仁天皇が即位しました。
そのため称徳天皇は皇位継承を天皇家に戻した神、皇位継承を正しく括った神(阿倍氏が皇位継承せず、天皇家が皇位継承する)として信仰され、
その結果白山神社がここに勧請されたんだったりして?


詳しくはこちらの記事をお読みください→海龍王寺 雪柳 『光明皇后と阿倍仲麻呂のスキャンダル?』 

長寿寺 本堂 白山神社 拝殿

白山神社 拝殿(向かって右)と 長寿寺本堂(向かって左)



まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。

毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!




にほんブログ村








 
[2017/11/17 00:00] 滋賀 | トラックバック(-) | コメント(-)

長寿寺 紅葉 『長寿寺は孝謙(称徳)天皇誕生に伴って建立された?』 

滋賀県湖南市 長寿寺
2017年11月中旬 撮影

長寿寺 門

①長寿寺は阿倍内親王誕生に感謝して創建された寺?

長寿寺は奈良時代、聖武天皇の勅願によって良弁が紫香楽宮の鬼門封じとして創建したと伝わります。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E5%AF%BF%E5%AF%BA_(%E6%B9%96%E5%8D%97%E5%B8%82)
上記ウィキペディアには、聖武天皇の皇女誕生の際、七堂伽藍を建立して長寿寺と名付けたとあります。

皇女誕生の際に七堂伽藍を建立したという話は、私は初めて聞きました。
(皆さんはこういう話を聞いたことがありますか?もしあればぜひ教えてくださいね!)

のちに天皇に即位した皇子誕生が、みほとけの御加護を受けたものであるとして、寺院が建立されたり伽藍整備されたという話はあります。

岩船寺 紅葉 『長屋王、皇位継承の神となる?』 
↑ こちらの記事では
813年、嵯峨天皇が第二皇子・仁明天皇の誕生を感謝して岩船寺の堂塔伽藍の整備を行ったことなどを書きました。

聖武天皇の皇女としては、光明皇后との間に阿倍内親王、県犬養広刀自との間に井上内親王、不破内親王がいます。
聖武天皇の3人の皇女のうち、阿倍内親王は史上初にして史上唯一の女性皇太子となり、孝謙天皇となっています。

長寿寺の伽藍整備は阿倍内親王誕生に伴って行われたものではないかと思います。

長寿寺 鐘楼 

②今の帝は常の祀りと小事を行え、国家の大事と賞罰は朕が行う!

孝謙天皇は淳仁天皇に譲位しますが、淳仁天皇・藤原仲麻呂との関係が悪化。
ついには「今の帝は常の祀りと小事を行え、国家の大事と賞罰は朕が行う!」と宣告しています。(かっこええ~)

そして藤原仲麻呂の乱を制圧し、淳仁天皇は廃されます。
こうして孝謙天皇は再び皇位について称徳天皇となりました。

長寿寺 弁天堂

③女性天皇はいたが天皇家は男系継承

最近、女性天皇を認めるか認めないか、というような議論があります。
女性天皇賛成派は古代に女性天皇がいたことなどを賛成の理由としてあげたりしますね。

しかし、御存知のように日本の女性天皇はすべて中継ぎであり、天皇家は男系で継承されています。
持統天皇から光仁天皇までを表にまとめました。↓ (女性天皇は飛鳥時代に推古天皇・皇極(斉明)天皇、江戸時代に明正天皇、後桜町天皇もいます。)
 天皇 性別その他
41持統 天智天皇蘇我遠智娘天武の皇后。草壁皇子を設けるが草壁は早世。孫の文武を即位させるため中継ぎで即位
42文武草壁皇子元明天皇
43元明天智天皇蘇我姪娘草壁皇子の皇后。文武の母。文武が早世したとき、孫の聖武がまだ幼かったため中継ぎとして即位
44元正草壁皇子元明天皇文武の姉。文武の子(元正の甥)聖武がまさ幼かったため中継ぎとして即位。生涯独身。
45聖武文武天皇 藤原宮子
46
孝謙
聖武天皇光明皇后 聖武天皇には県犬養広刀自との間に安積親王があったが、女性の孝謙が即位。
安積親王の母親が藤原氏でないためか?生涯独身。
47淳仁舎人親王当麻山背父親の舎人親王は天武天皇の皇子。
48称徳聖武天皇光明皇后孝謙と同一人物。天武系天皇ここで絶える。
49光仁志貴皇子紀 橡姫志貴皇子の父親は天智天皇。


現在の皇太子徳仁親王の子供は敬宮 愛子内親王だけですね。
そこで敬宮 愛子内親王が女性天皇となり、さらに敬宮 愛子内親王が結婚されて親王をお産みになられたとしましょう。
敬宮 愛子内親王がお産みになられた親王が仮に皇位についたとすると、男系継承だった皇位継承の伝統が大きく変わってしまいます。
あくまでも、天皇家の血筋の男性の子孫が皇位継承するというのが日本の伝統なのです。
また、敬宮 愛子内親王の配偶者に権力が生じることにもなります。

それゆえ、女性天皇に反対する人々がいるのでしょう。

私?私は天皇制そのものが反対なので、女性天皇に賛成だとか反対だとかいうような意見はありません(笑)
これについてはまた書く機会があるかもしれません。

長寿寺-本堂 

④天武系天皇の血筋絶え、天智系天皇に。

たぶん、そういう皇位継承のゴタゴタを避けるためだと思いますが、独身で即位したふたりの女性天皇、元正・孝謙(称徳)は生涯独身でした。

(のちの明正・後桜町も生涯独身。)

そして天武系の天皇は称徳で絶えてしまい、49代天皇には天智天皇の皇子・志貴皇子を父親に持つ光仁天皇が即位します。

⑤天智系天皇への転換は藤原氏の策略?

天武系天皇の血筋が絶え、天武系天皇へ転換したのは、藤原氏の策略だったのではないかと思ったりします。
というのは大鏡・公卿補任・尊卑分脈などの史料に、藤原不比等は天智天皇の後胤だと記されているのです。

天智天皇は藤原鎌足に中臣鎌足は天智天皇の后であった鏡王女を妻としてもらいうけていますが、 その時鏡王女はすでに天智天皇の子供である不比等を身ごもっていたと記した史料があるのです。
真偽はともあれ、藤原氏は自分たちは天智天皇の血をひいていると考えていたことでしょう。

とすれば、天皇を天智系に戻したいと考えるのは当然のことと思われます。

実際、称徳天皇の次代の天皇に天智天皇の孫にあたる光仁天皇を押したのは、中臣鎌足の孫で藤原不比等の子である藤原百川や藤原永手でした。


十王寺



まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。

毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!




にほんブログ村










 
[2017/11/15 15:43] 滋賀 | トラックバック(-) | コメント(-)

延暦寺 紅葉 『なすび婆の正体とは?』 

滋賀県大津市 延暦寺
2017年11月5日 撮影

延暦寺 大講堂 鐘楼 紅葉  
延暦寺 鐘楼

①なすび婆

延暦寺には『なすび婆』の伝説が伝えられています。

昔宮中に仕えていた女が人を殺して地獄に堕ちました。
しかし仏の慈悲によって心は比叡山に住むことが許されました。
織田信長の比叡山焼き討ちのとき、なすび婆は大講堂鐘楼の鐘をついて人々にこれを知らせました。

延暦寺 東塔 阿弥陀堂 
延暦寺 東塔 阿弥陀堂 101

②一富士・二鷹・三茄子の謎

玉雲宮 百日紅 『一富士・二鷹・三茄子の謎、そして殺生石はなぜ高田の地に飛散したのか』 

↑ こちらの記事に次のようなことを書きました。

い.初夢で見ると縁起がいいとされるものとして、一富士・二鷹・三茄子という。
ろ.私は、一富士・二鷹・三茄子とは鉱山または鉱物の隠語ではないかと考えている。
は.栃木県那須町の近くには足尾銅山がある。愛媛県新居浜市のなすび平の近くには銅山川が流れ、別子銅山がある。
       銅は茄子色をしている。そして茄子が鈴なりになっている状態を坑道に見立てたのではないか。
に.鷹は鷹の爪ではないか。
       鷹の爪の赤い色は辰砂(丹/水銀)を、また鷹の爪の実が鈴なりになるようすを坑道に見立てたのではないか。
ほ.富士は不死の意味で、輝きを失わない金を意味しているのではないか。
       富士はまた藤をも意味し、藤の花が房になって咲くようすが坑道に喩えられたのではないか。

延暦寺 東塔 阿弥陀堂前の鐘楼 
延暦寺 東塔 弥陀堂前の鐘楼

③信仰心からくる言葉の表現

日本語では、信仰心から事実とは異なる表現を用いることがあります。
事実とは違うことを言うのは嘘ですが、嘘ともいいきれないような『言い回し』なんですね~。

たとえば日本語では「亡き父が見守ってくれたおかげで事業がうまくいった」のように言うことがありますね。
実際には事業がうまくいったのは自分や社員が努力した結果だといえるのですが、こういう言葉を聞いて「嘘つき」と思う人はいないはずです。
この人にとっては亡き父親は神様のように自分を見守ってくれる存在なのです。
また、この人にとって「亡き父が見守ってくれたおかげ」というのは嘘ではないのです。
「亡き父がいつも見守ってくれている」と信じているのですから。

織田信長の比叡山焼き討ちのとき、なすび婆は大講堂鐘楼の鐘をついて人々にこれを知らせました。

というのも、これと同様の表現ではないかと思います。

元三大師堂 紅葉 
元三大師堂 

④「なすび婆」とは大講堂鐘楼の愛称だった?


「なすび婆」とは大講堂鐘楼そのものの愛称であるように思えます。
鐘は銅でできています。
「銅=なすび」なので、「なすび婆」というわけです。
そして「なすび婆」は単なる鐘という存在を超え、神として信仰されていたのではないでしょうか。

比叡山焼き討ちのとき、誰かがこの大講堂鐘楼の鐘をついて人々に危険を知らせたのかもしれません。
ところが実際にはそうでも、人々はなすび婆(大講堂鐘楼)を神のように信仰していたため、なすび婆(大講堂鐘楼)が自ら鐘を鳴らしたという表現を用いたのではないでしょうか?

比叡山より京都を望む 

比叡山より京都方面を望む




まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。

毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!




にほんブログ村






[2017/11/06 19:22] 滋賀 | トラックバック(-) | コメント(-)

池田町洋館街 『ヴォーリズのサインと禅画』 


①池田町洋館街

明治時代にタイムスリップしたかのような洋館を発見。

池田町 洋館街 
旧ウォーターハウス邸

この一画には赤煉瓦の塀がめぐらされていました。

池田町 洋館街2 
ダブルハウス

異国を歩いてるような気分に。

池田町 洋館街-ポーチ 

これらの建物はヴォーリズが設計したものです。

池田町 洋館街-ドア 
 
②一柳米来留のサイン

ヴォーリズはメンソレータム(現在はメンタームに改称)で有名なヴォーリズ合名会社(のちの近江兄弟社)の設立者であり
また高名な建築家でもありました。
子爵令嬢の一柳満喜子と結婚したのち、日本国籍を取得し、一柳米来留(ひとつやなぎ めれる)と改名しています。

米来留は「米(アメリカ)から来て留まる」という意味だそうです。

http://vories.com/album/09.php ←こちらに米来留(ヴォーリズ)のサインの画像が掲載されています。

 http://1gan.co.jp/2016/09/05/post-1965/←ヴォーリズのサインは丸・三角・四角を描いた禅画に似ています~~!

③天円地方

中国では、天は円く、地は方形であると考えられていました。(天円地方/てんえんちほう)

中国の女神・女媧は手にコンパスを、男神の伏義は手に直角定規をもっており、コンパスは天を、直角定規は地をあらわすと言われています。

Anonymous-Fuxi and Nüwa3

https://commons.wikimedia.org/wiki/File%3AAnonymous-Fuxi_and_N%C3%BCwa3.jpg
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/a9/Anonymous-Fuxi_and_N%C3%BCwa3.jpg
 よりお借りしました。
作者 匿名 [Public domain], ウィキメディア・コモンズ経由で

陰陽で考えれば、陰は女性や大地を、陽は男性や天を表します。
すると女神である女媧が天を表すコンパスを、男神であるが地をあらわす直角定規をもっているのは逆じゃないかと思われるかもしれません。

女媧や伏義が手に持っている道具は自分自身を表すシンボルであるとは限りません。
女媧が手に持つコンパスは伏義を、伏義が手に持つ直角定規は女媧を意味し、女媧と伏義が和合していることを表しているのかもしれません。

近江八幡市立八幡小学校 

池田町洋館街近くにある近江八幡市立八幡小学校。
もともとは大正時代に田中松三郎氏の設計で建てられたものでしたが、最近改築したそうです。
でもとてもおしゃれな建物で、洋館にマッチしていますね。


③ヴォーリズのサインは禅画の影響?キリスト教の影響?

それはさておき、禅画はこの中国の天円地方を表現したものではないでしょうか。

ヴォーリズは禅画にインスピレーションを受けて上記のサインのデザインを思いついたのでしょうか?
それもありえますが、ヴォーリズは信仰していたキリスト教からデザインのヒントを思いついた可能性もありそうです。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/37335.htmlに、キリスト教の壁画の初期のものは丸や三角の記号だったとの旨が記されています。

またフリーメイソンのシンボル(
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Square_compasses.svg?uselang=ja)はコンパスと直角定規をダビデの星の形に組み合わせたもので、陰と陽、天と地、男と女の融和を表すとされます。
フリーメイソンは16世紀後半から17世紀初頭に西洋で発生したものですが、このフリーメイソンのシンボルもコンパスと直角定規が用いられているというが興味深いです。

近江八幡市立八幡小学校2 
近江八幡市立八幡小学校 

④Λは男性を、∨は女性を表す?

ダン・ブラウンの「ダビンチコード」には、キリスト教ではΛは男性を、∨は女性を表すと書いてあったと思います。。
Λは△、∨は▽といってもいいのではないでしょうか。
すると初期のキリスト教の壁画に描かれた三角は男性や女性をあらわすものであった可能性があります。

▽と△を組み合わせた六芒星(イスラエルのダビデの星)は男女和合を表しているのではないかと思います。
フリーメイソンのシンボルのコンパスは△またはΛで男性を、直角定規は▽またはⅤで女性を表すものであるとも考えられます。

荒魂(男神)と和魂(女神)を和合させることは、荒魂を仏法守護の神に転じさせる呪術であったのではないかと私は考えています。
詳しくはこちらをお読みください。→ 飛鳥 光の回廊 岡寺 『龍を池に閉じ込める呪法』  


ついでにいえば、日本では六芒星は籠目紋といい、魔除けに用いられることもあったそうです。

東洋と西洋には似たものがたくさんあるようです。
ルーツが同じなのか、はたまたシンクロニシティなのか?

池田町 洋風住宅 

池田町 洋館街3   


まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。

毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!




にほんブログ村




[2017/09/27 12:39] 滋賀 | トラックバック(-) | コメント(-)

三大神社 藤 『中臣鎌足は本当に藤原姓を賜ったのか?』 

滋賀県草津市 三大神社
2017年5月5日 撮影

三大神社 藤3

①老藤由来記


境内には『老藤由来記』を記した説明版がありました。
文語体かな? 現代では口語体で文章を書くので、少しわかりにくいですね。
私なりに口語体に直してみました。(間違っていたら指摘をお願いします~。)

三大神社 藤6

老藤由来記

古老ノ伝説ニ曰ク、
(古老の伝説では次のように伝える。)

聖徳太子十七条憲法ヲ 御創立シ給ヘリ、
(聖徳太子が十七条憲法を作られた。)

是ヨリ後中大兄皇子(天智 天皇)ト和州中臣鎌足等ト蘇我入鹿ヲ誅スル 事ヲ謀リ給ヒ、
(この十七条憲法を受けてのちに中大兄皇子(天智天皇)と倭国の中臣鎌足らが蘇我入鹿を征伐することを計画された。)

蘇我氏滅亡セル後内大臣藤原 鎌足公薨去セラレ飛鳥ニ葬リタリシカ其長子 定恵墓トシテ大和ノ談峯ニ改メ葬リタリ、
(蘇我氏が滅亡した後、内大臣・藤原鎌足公は薨去され、飛鳥に葬られたが、鎌足公の長子・定恵が鎌足公の墓として大和の談峯に改めて葬った。)

然 シテ後天武天皇ノ勅ヲ拝シテ談峯ノ藤花ニ因 ミ藤原ノ隆盛ヲ祈念トシテ彼ノ倉橋山ノ藤ノ 苗ヲ移植セルカ
(そして後に天武天皇の勅により談峯の藤花にちなみ藤原氏の隆盛を祈念して、かの倉橋山の藤の苗を移植したが)

年ヲ追テ成木シ巨大ノ藤樹ト ナリシヲ織田信長ノ兵火ニ罹リ巨藤亦焼失。
(年を経て成木して巨大な藤樹となったが、織田信長の兵火によって巨大な藤の木は焼失した。)

後株元カラ芽生エ次第ニ繁茂セリ今ノ藤樹ハ 即チ是ナリ
(その後、株本から芽が出て繁殖した。これが三大神社の藤である。)

三大神社 藤4

談峯とは、談山神社のある奈良県桜井市の多武峰のことだと思います。
(談山神社には談峯如意輪観音がありますし、談山神社の由来を記した書物は『談峯記』というようですので。)

談峯の藤花に因み とは、「中大兄皇子と中臣鎌足が倉橋山の藤の花の下で蘇我入鹿誅殺計画について話し合ったという伝説に因む」ということでしょう。

藤原 中臣鎌足は死の直前、天智天皇(中大兄皇子)より藤原姓を賜りました。

倉橋山 「中大兄皇子と中臣鎌足は都の東にある倉橋山の藤の花の下で蘇我入鹿誅殺計画について話しあったため、その峯のことを談山(かたらいのやま)という。」との旨が『和漢三才図会』に記されています。
つまり倉橋山とは談山(かたらいのやま)のことだと考えられます。
倉橋山=談山は談山神社のある多武峰のことではないでしょうか。

三大神社 藤2

②八色の姓・52氏の中に藤原姓がない

三大神社は天智天皇4年〈665年)、天智天皇の勅を受けて大中臣金連が風神を祀ったのが起源とされます。

中臣金(?ー672年)は中臣鎌足〈614年-669年)の従兄弟にあたる人物です。

中臣鎌足が天智天皇(中大兄皇子)より藤原姓を賜ったのは死の間際の669年です。
こうして中臣鎌足(藤原鎌足)は藤原氏の始祖となったわけです。
三大神社が創建されたとき、まだ中臣鎌足は天智天皇より藤原姓を賜っていません。

そして鎌足の死後、鎌足の次男の不比等(659年―720年)が藤原姓を引き継いだとされます。

でも、おかしいんですよね。
天武天皇13年(684年)に八色の姓が定められ、52氏が朝臣を与えられたんですが、この中に藤原姓がない!

三大神社 藤

③藤原京建都に功績のあった不比等が藤原京にちなんで藤原姓を賜った?


https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14151135009

↑ 上記知恵袋のbanquo0421さんの回答が興味深いです。

要約すると次のような内容が記されています。

⑴臣下の姓と同じ名前が、新しい宮につけられる、というようなことはない。
臣下のほうが遠慮して改姓するはずである。(823年、大伴氏は大伴親王(淳和天皇)が即位した際)した際、天皇の諱と同じ姓であるのを憚って伴氏に改姓している。)

⑵天智天皇の子孫は近江京にちなんで淡海氏という姓を賜った。
天武天皇の子孫は飛鳥浄御原宮にちなんで清原氏という姓を賜った。
桓武天皇の子孫は平安京にちなんで平氏という姓を賜った。

⑶⑵の例からわかるように「都の名前が姓になる」ことは普通にあった。

⑷中臣鎌足が藤原姓を賜ったのではなく、藤原京建都に功績のあった不比等が藤原京にちなんで藤原姓を賜ったのではないか。

⑸実質上、日本書紀を編纂したのは藤原不比等である。不比等が「鎌足が天智天皇より藤原姓を賜った」と偽ったのではないか。

⑹不比等は手柄を誇らない性質で、生涯右大臣にとどまっていた。(政界のトップは左大臣)
また、律令・日本書紀の編纂を主導したが、自分の名前が表に出ないようにしている。
不比等は自分が「天皇から姓を給わるような大物である」ことを誇りたくなかったのではないか。

⑺自分一代でのしあがった成り上がり者だと思われたくなかったのではないか。

三大神社 藤5

おお~、すばらしい回答ですね!
座布団2枚!!

いままで藤原という臣下がいるのになんで新しい都を藤原京という名前にしたのかととても不思議に思っていましたが
banquo0421さんの回答でスッキリです!

不比等は自分の父・鎌足が中大兄皇子(天智天皇)をサポートして蘇我政権を倒したことを誇りに思っていたため
自分ではなく、父の鎌足が藤原姓を賜ったということにしたかったのかもしれませんね。

三大神社


※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。

毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!



にほんブログ村


にほんブログ村



 
[2017/05/07 11:27] 滋賀 | トラックバック(-) | コメント(-)

長命寺 雪 『武の暗号?』 

滋賀県近江八幡市 長命寺
2011年2月 2013年撮影


長命寺-雪2 

塔百景38


2011年雪景色を撮りたいと思ってやってきたのですが、雪は屋根の上にしか残っていない状態でした~。

2013年、リベンジしようと再び雪の長命寺を参拝しましたが、五重塔は修理中で箱の中~(涙)

長命寺-雪

向かって右より、三仏堂、護法権現社拝殿、鐘楼

300歳以上生きた武内宿禰

さて、長命寺には次のような創建説話が伝えられています。

景行天皇の御代、武内宿禰が柳の木に「寿命長遠諸願成就」と彫って長寿を祈願しました。
その後、飛鳥時代に聖徳太子がこれを発見しました。
そこへ白髪の翁が現れ、聖徳太子に「その木で仏像を彫りなさい」と告げました。
聖徳太子は十一面観音を彫り、寺をつくってこの観音様を安置しました。


創建説話に登場する武内宿禰は300歳以上という長寿で、景行・成務・仲哀・応神・仁徳の5代(第12代から第16代)の各天皇に仕えたとされます。

長命寺 鐘楼 

鐘楼

②兄・武内宿禰と弟・甘美内宿禰 

武内宿禰にはこんな伝説もありますよ。

武内宿禰の弟・甘美内宿禰(うましうちのすくね)は兄を失脚させるために「兄は謀反を企てている」と応神天皇に讒言しました。
盟神探湯(くがたち/熱湯に手をつけて火傷をしない者が正しく、火傷をした者が偽りとする古代の裁判)をしたところ、武内宿禰が勝ちました。


甘美内宿禰は物部氏の先祖?

武内宿禰は蘇我氏、紀氏、巨勢氏、平群氏、葛城氏、波多氏、淡海氏、許勢氏らの先祖とされています。
この中に物部氏の名前はありません。
そして甘美内宿禰(うましうちのすくね)という名前はは物部氏の祖神とされるでウマシマジノミコトに似ています。
ここから、私は甘美内宿禰とは物部氏の先祖ではないかと考えました。

長命寺 六所権現 

六処権現影向石

③初代神武天皇よりも早く天下っていた神

ウマシマジノミコトの父親はニギハヤヒ、母親はナガスネヒコ(河内地方の豪族だと考えられています)の妹のトミヤヒメです。

初代神武天皇はもともとは日向に住んでいたのですが、日向があまりに国の端であるということで東征して畿内入りをめざします。
ニギハヤヒはこの神武が畿内入りするよりも早く畿内に天下っていたとされます。
そしてナガスネヒコはニギハヤヒを神として奉じていたのです。

長命寺-すたら岩 
すたら岩

④余談ですが天下りという言葉、変えたほうがよくないですか?

このようにもとも「天下り」とは、天にいる神が地上におりてくることを指す言葉でした。
ここから転じて、現在では公務員が民間企業に再就職することを指す言葉になりました。

でも「天下り」っておかしいですよね?
公務員は民に仕える職業なので、立場は民より下です。
「天下り」という言葉は、公務員は民より立場が上であると錯覚させます。
これはよくない。

最近、看護婦という言葉はよくないとして看護師といったり
保母さんを保育士と呼んだりしています。
でももっとも改めるべきは「天下り」という言葉ですよ。勘違いも甚だしい。
武田邦彦先生は「地上ぼり」と言うべきではないかとおっしゃっていました。

大阪府では公務員の天下りは条例で禁止されているそうです。

長命寺 太郎坊権現 
太郎坊大権現

⑤天皇家の先祖は物部王朝の入り婿になって政権をのっとった?

話を戻します~(汗)
このような記述が記紀にあるところから、畿内には初代神武以前に物部王朝があったのではないかとする説があり、私はこの説を支持しています。

邪馬台国とは大和朝廷のことで、大和朝廷とはもともとは物部王朝のことだったと考えています。
神武天皇は実在性が疑われていますが、天皇家の先祖は大和朝廷の入り婿になることによって政権をのっとったのではないでしょうか。
くわしくはこちらの記事をお読みください→ 崇神天皇陵 夕日 『邪馬台国を旅する?』

⑥『武』の暗号?

甘美内宿禰(うましうちのすくね)が物部氏だとすると、武内宿禰は神武天皇のことなのではないかと思えます。
名は体を表すといいますが、『武内宿禰』の『武』は『神武』の『武』を意味する暗号なのではないか、と思ったりするのです。

⑦名前の交換は政権交代を意味している?

武内宿禰はまだ幼かった応神天皇と伊奢沙和気大神の名前を交換しています。
また仁徳天皇と武内宿禰の子は同年の生まれで、仁徳天皇の産屋にはミミズクが、武内宿禰の子の産屋にはミソサザイが飛び込んだとあります。
武内宿禰は鳥の名前を交換して、仁徳天皇を大鷦鷯尊(オホサザキノミコト)、自分の子には平群 木菟(ヘグリノツク)と名前をつけています。

仁徳天皇・・・産屋にミミズク(ツク)が飛び込んだ・・・大鷦鷯尊(オホサザキノミコト)
武内宿禰の子・・・産屋にミソサザイ(ササキ)が飛び込んだ・・・平群 木菟(ヘグリノツク


名前を交換するというのは、人格の交換をも意味しているように思えます。
この物語も、物部王朝から天皇家への政権交代を意味しているのではないでしょうか?

長命寺より琵琶湖を望む 
長命寺より琵琶湖を望む


毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!

※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。




いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

[2017/02/22 00:06] 滋賀 | トラックバック(-) | コメント(-)

永源寺 紅葉 『世継観世音菩薩の謎』 


滋賀県東近江市 永源寺
2012年11月18日 撮影


永源寺 禅堂 紅葉 

●世継観世音菩薩

永源寺の御本尊・世継観世音菩薩は秘仏でおよそ四半世紀に一度のみ御開帳されます。

世継観世音菩薩には次のような伝説が伝えられています。

開山・寂室禅師が中国より留学を終えて日本へ帰国する際、海上で嵐にあいました。
禅師が祈ったところ白衣の観世音菩薩が顕れ、嵐はおさまり、無事日本へ帰国することができました。
帰国した寂室禅師が永源寺に住まわれていたとき、夜毎、寺の東の峰から光明がさすのが見えました。
禅師がそこを訪ねてみると石の上に丈一寸八分(約5cm)の小さな観世音菩薩の像がありました。
 「かつて海上で嵐を静めてくださった観音様に違いない」
そう考えた禅師は中国から仏師を招き、中国の土で観音像を作らせ、その像の額の宝冠の中に、石の上で見つけた小さな霊像を納めて御本尊としました。
 のちに近江守護職佐々木氏頼の子、満高が跡取りに恵まれず、この観音に祈願をされたところ世継を授かりました。


 

永源寺 渡り廊下 紅葉 
●佐々木氏頼

「のちに近江守護職佐々木氏頼の子、満高が跡取りに恵まれず、この観音に祈願をされたところ世継を授かりました。」
という部分に注目してください。

佐々木氏頼は1361年に寂室元光禅師に土地を寄進して永源寺を開いた人物です。

1349年、氏頼の子の義信満高の兄)が誕生しました。
ところが1368年、義信は17歳で急死してしまいました。
このとき満高はまだ生まれていませんでした。
そこで氏頼は母方の甥・京極高詮猶子としました。
1369年、氏頼の次男・満高が生まれました。(満高の生誕年は1365年説もあり)
1370年、氏頼は亡くなり、京極高が氏頼の跡を継ぎました。
しかし1377年、に京極高詮は追放され、満高が家督を継ぐことになっりました。
 
永源寺 鐘楼 紅葉 
●32歳で世継ぎを授かるのは遅かったのか?


満高公が跡取りに恵まれず、この観音に祈願をされたところ世継を授かりました。」
とありますが、満高の子の満綱は1401年に生まれているので、満高は32歳で世継を授かったということになります。
満高が生まれたのが1365年だったとしたら、世継ぎを授かったのは36歳です。
32歳や36歳で世継ぎを授かるというのは当時としては遅かったのでしょうか?
まあ、当時の平均寿命は50歳くらいだったでしょうし、結婚も早かったでしょうから10代で父親になることも珍しくはなかったでしょう。
32歳では遅かったといえるかもしれません。

永源寺 禅堂 紅葉

●世継ぎを授かるのが遅かったのは満高ではなく氏頼では?

でも、満高の父の氏頼のほうが、満高より世継ぎに恵まれなかったといえるのではないでしょうか。

氏頼の生誕年は1326年です。
1349年に義信生まれたとき、氏頼は23歳です。

ところが義信1368年に17歳で急死してしまいました。 
氏頼42歳で世継ぎを亡くしてしまったのです。
そして次男の満高が生まれたのは1365年または1369年とされています。
氏頼は39歳または43歳です。

ですから、氏頼39歳か43歳で世継ぎに恵まれたということになります。
これは世継ぎを授かるのが遅かったといえるでしょう。

氏頼1361年に寂室元光禅師に土地を寄進して永源寺を開いています。
そういった関係から、1368年のの死後、氏頼永源寺の観音様に『再び自分に子供が生まれますように』と祈願したのかも?

つまり『満高が跡取りに恵まれず、永源寺の観音に祈願をして世継を授かった』のではなく『氏頼が跡取りに恵まれず、永源寺の観音に祈願をして世継を授かった』というのが本来の物語なのではないかなあ、と思ったりします。

永源寺 含空院 紅葉   



毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!

※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。



いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村



[2016/11/17 00:00] 滋賀 | トラックバック(-) | コメント(-)

西教寺 紅葉 『鬼の念仏 と 猿の念仏』 

滋賀県大津市 西教寺
2010年11月20日 撮影

西教寺 猿の像 紅葉2

●猿の念仏

西教寺には次のような伝説があります。

明応2年(1493)、このあたりで徳政一揆が起こりました。
僧兵はその首謀者が真盛上人だと疑い、西教寺を攻めました。
境内には人影がありませんでしたが、本堂から鉦の音が聞こえてきました。
僧兵が本堂に入ると、一匹の手白の猿が上人の身代わりとなって鉦をたたいていました。
僧兵は日吉山王の使者である猿が念仏を唱えている様子に、真盛上人の影響力の強さを感じてその場を立ち去りました。

西教寺の近くには日吉大社があります。猿はこの日吉大社の神使なんですね。



西教寺の塔頭の瓦には猿の像がいくつも置かれています。
また本堂の阿弥陀如来像の前には鉦をたたきながら念仏を唱える猿の像が置かれていました。
それらは上記の伝説にもとづくものなのでしょう。

西教寺 猿の像 紅葉

●鬼の寒念仏

えー、大津といえば大津絵が有名です。
大津絵とは民族絵画であり、護符としての効能もあるとされていました。
いろいろな種類があるのですが、中でも有名なのは「鬼の寒念仏」です。

三井寺 鬼の寒念仏 

↑ これは三井寺にあった「鬼の寒念仏」

 ●鬼=怨霊

鬼とは成仏しきれず祟りをなす怨霊のことだと考えてもいいでしょう。
『鬼の寒念仏』はそんな怨霊までが成仏しようと念仏を唱えている様を描いたものだと思います。
それほど念仏が流行ったということでしょう。

西教寺 紅葉

●怨霊=神=猿

猿は申とも書き、申に示偏をつければ神になります。

そして、かつて怨霊と神とは同義語だったといわれます。
怨霊が祟らないように祀ったのが神だというのですね。
怨霊は神として祀り上げると、ご利益を与えてくれる和魂になる、などともいいます。

猿は神でありかつ怨霊でもあると考えられていたということでしょう。

すると『鬼の念仏』と『猿の念仏』は同じものだといえるかも?

西教寺 紅葉2

西教寺 庭園 紅葉

西教寺 本堂 紅葉 


毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!

※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。



いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
 



[2016/11/16 00:00] 滋賀 | トラックバック(-) | コメント(-)

西明寺(湖東三山) 紅葉 『三修上人は阿弥陀如来の化身?』 


滋賀県犬上郡 西明寺
2008年11月16日 撮影


西明寺(湖東) 三重塔 紅葉 
西明寺 三重塔

塔百景29

西明寺には次のような創建説話が伝えられています。

834年、三修上人(慈勝上人)が琵琶湖の西岸を歩いていたところ、琵琶湖東方より紫雲が現われ光がさしました。
三修上人は飛燕の術(空を飛ぶ術)を用いて琵琶湖を飛び越え湖東へやってきました。
そして閼伽池に向かって祈ったところ日光菩薩、月光菩薩十二神将を随えた薬師如来の姿が現れました。
この話を聞いた仁明天皇はこの地に勅願寺の建立を命じられました。
薬師如来が放った光が、仁明天皇がおられる京都の宮中に向かって、西方を明るく照らしたため「西明寺」と名付けられました。
また東には青龍、西には白虎、南には朱雀、北には玄武と四柱の聖獣が住むとされます。
西明寺は湖東にあるため、東の青龍が住む場所ということで「龍應山」と名付けられました。


西明寺(湖東) 二天門 紅葉 

西明寺 二天門

西明寺 二天門 増長天 

二天門 増長天

西明寺 二天文 持国天

二天門 持国天

●東は薬師如来、中央は池、西は阿弥陀如来


京都府木津川市加茂町西小札場にある浄瑠璃寺を思い出します。
浄瑠璃寺の境内には池があり、池の東には三重塔があって薬師如来が、池の西の本堂には阿弥陀如来が祀られているのです。



池の西の細長い建物が浄瑠璃寺本堂です。池を挟んだ東に三重塔があります。


薬師如来は東方浄瑠璃世界に住んで現世の苦しみを除く仏、阿弥陀如来は西方極楽浄土の教主とされています。
それで浄瑠璃寺では池の東に薬師如来、池の西に阿弥陀如来を祀っているのですね。

東・・・・・薬師如来
中央・・・池
西・・・・・阿弥陀如来


●三修上人は阿弥陀如来の化身?

西明寺は琵琶湖の東にあって薬師如来を祀っています。
そして西明寺を創建した三修上人は琵琶湖の西岸を歩いていたとあります。

東・・・・・薬師如来・・・西明寺
中央・・・池・・・・・・・・・琵琶湖
西・・・・阿弥陀如来・・・三修上人?


三修上人は伊吹山の弥高寺を開山したともされる伝説的な行者ですが、もしかして三修上人はて阿弥陀如来の化身であると考えられていたのでしょうか?

  西明寺(湖東) 門 紅葉

西明寺 門(庭園出入り口)


毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!

※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。



いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

[2016/11/10 00:00] 滋賀 | トラックバック(-) | コメント(-)