堂島薬師堂 節分お水汲み祭② 『お水汲みは修二会の行事?』※追記あり 



大阪市北区 
堂島薬師堂
節分お水汲み祭・・・2月3日


堂島薬師堂 節分お水汲み祭 『節分は日本版ハロウィン?』 
↑ こちらの記事の続きです。

堂島薬師堂 鬼 
節分お水汲み祭

堂島薬師堂の節分お水汲み祭では、新地の街に大勢の鬼が出没します。
難波っ子の鬼のせいか、気さくで乗りのいい鬼さんばかりです。

堂島薬師堂 鬼と山伏

節分お水汲み祭

①お水汲み護符


なぜ「節分お水汲み祭」というのかというと、節分の日、「お水汲み護符」を授与しているからだそうです。

堂島薬師堂 お水汲み 

節分お水汲み祭 たぶん薬師寺のお坊様

「お水汲み護符」とは、奈良・薬師寺の水と堂島川の水を清めたお香水のことで、竹筒に入っています。
堂島薬師堂と奈良の薬師寺は関係があったんですね!

薬師寺 月 

奈良 薬師寺

②修二会のお水取りと関係がある?

もしかしたら堂島薬師堂の「お水汲み」は修二会の「お水取り」と関係があるかもしれませんね。

修二会で有名なのは奈良東大寺二月堂のものですが、修二会の行事のひとつに、「お水取り」があります。
このお水取りに先駆けて、3月2日、若狭神宮寺近くの鵜の瀬でお香水を流す「お水送り」の行事が行われます。
鵜の瀬と二月堂閼伽井屋は繫がっており、10日で、二月堂閼伽井屋にお香水が届くといわれ、3月13日深夜にこのお香水を汲む「お水取り」の行事が行われます。

お水送り 鵜の瀬

鵜の瀬 お水送り

③修二会と節分、お水取りは一連の行事?

「お水取り」の行事は法隆寺でも2月11日に行われています。

夢殿の礼盤(お坊さんが座る台)の下の板を日にあてると、板の裏に水分があふれ出るというのです。
そしてこの水分によってその年が豊作か凶作なのかを占うのだとか。

法隆寺では、この「お水取り」行事の8日前の2月3日(節分)に、修二会の行事である追儺式を行っています。

参照/法隆寺 追儺式 夢殿のお水取り 『法隆寺追儺式とお水取りは一連の行事?』 

法隆寺 追儺式 青鬼

法隆寺 追儺式

③薬師寺 修二会〈花会式)


堂島薬師堂のお水汲み祭では奈良薬師寺と堂島川の水を汲むということですが
この薬師寺でも修二会が行われています。
行われるのは、3月30日から4月5日で、節分ではありませんが。

薬師寺の修二会でも追儺式が行われます。

薬師寺 花会式 追儺 

薬師寺 修二会 追儺

※追記 2月14日に行われる長谷寺のだだおしも修二会の行事でしたね。追加させていただきます。
やはり鬼が松明を持って登場しますよ。


長谷寺 ただおし 赤鬼

④お松明を振り回す童子は鬼?

奈良の新薬師寺でも修二会が行われています。こちらは4月8日に行われています。
追儺式はありませんが、東大寺二月堂と同様の、お松明の行事が行われます。

新薬師寺 お松明

新薬師寺 修二会 お松明

二月堂 修二会 お松明 
東大寺二月堂修二会 お松明

東大寺二月堂修二会のお松明は童子と呼ばれる人によって振り回されます。
鬼は茨木童子・酒呑童子などのように童子と呼ばれますし、京都八瀬の人々は鬼の子孫を称し「八瀬童子」と呼ばれています。
二月堂のお松明を振り回す人は鬼のコスプレはしていませんが、童子と呼ばれているので、鬼を表しているのではないでしょうか。

④薬師如来と修二会


修二会が行われる東大寺二月堂・法隆寺西円堂・薬師寺金堂・新薬師寺のうち、東大寺二月堂の御本尊は十一面観音ですが
他の法隆寺西円堂・薬師寺金堂・新薬師寺の御本尊は薬師如来です。
堂島薬師堂の御本尊も薬師如来です。

⑤まとめ


ややこしくなってきたので、表にまとめます。
寺名御本尊祭名日付松明追儺お水取り
堂島
薬師堂
薬師如来節分お水汲み祭2月3日✕ 
護摩有
? お水汲みが行われる
東大寺
二月堂
十一面観音修二会3月1日~15日✕ 
松明を振る人は童子(鬼?)
〇 3月12日
法隆寺
西円堂
薬師如来修二会2月3日 
〇 2月11日
薬師寺
金堂
薬師如来修二会(花会式)3月30日~4月5日✕ 堂島薬師堂のお水汲みは
薬師寺と堂島川の水を汲む
新薬師寺薬師如来修二会4月8日
松明を振る人は童子(鬼?)
長谷寺十一面観音修二会(だだおし)2月14日


上の表を見ると、他のお寺の修二会行事との類似性から、堂島薬師堂のお水汲みとは、お水取りと同様のものであり
修二会の行事にルーツを持つもののようにも思えます。(思わない?)

堂島薬師堂 黄鬼  

節分お水汲み祭

⑥お水取りと陰陽五行思想

それともお水取りやお水汲みは修二会とは関係なく、単に新春の行事なのかな?

陰陽五行思想では春は木、夏が火、秋が金、冬は水、春夏秋冬の最後の約18日を土(土用)とします。
この中の「冬は水」に注意してください。
水を取ることは、冬を取ることであると昔の人は考えたのかもしれません。
そして水=冬を取ると春がやってくるということだったりして。

堂島薬師堂 赤鬼

 ぎゃーーーーっ!
節分お水汲み祭

堂島薬師堂 お水汲み護符 

節分お水汲み祭



毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!

※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・旅 free style もよろしくお願いします~。




いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村


 

スポンサーサイト

[2017/02/11 00:00] 大阪の祭 | トラックバック(-) | コメント(-)

堂島薬師堂 節分お水汲み祭 『節分は日本版ハロウィン?』 


堂島薬師堂・・・大阪府大阪市北区堂島1-6
節分お水汲み祭・・・2月3日


堂島薬師堂はどこだ?

堂島薬師堂 鬼大集合

ええーーー!! このみどり館みたいな建物が堂島薬師堂!

堂島薬師堂 護摩

薬師堂の隣では護摩供が行われていました。

堂島薬師堂 美しすぐるお化けさんたち 太夫道中    
節分のお化け

節分には『お化け』といって変装して町を練り歩く習慣があります。
写真は太夫さんに扮したお化けさんです。
江戸では花魁というそうですが、関西では太夫といいます。
30cmはありそうな駒下駄をはき、八文字を踏んで歩いておられました。

堂島薬師堂 美しすぐるお化けさん 太夫


最近日本でもハロウィンに仮装する習慣が根付いてきましたが、日本には江戸時代末ごろより節分に仮装して練り歩く『お化け』という習慣がありました。
節分の夜には鬼が出ると信じられ、その鬼に狙われないよう、こうした仮装をするのだと考えられています。
昭和になって『お化け』の習慣は廃れてしまったのですが、大阪の北新地では節分の夜に大勢の美しすぐるお化けさんが現れます。

堂島薬師堂 美しすぐるお化けさん


②古代ケルト人と日本人は大晦日に仮装する

ハロウィンは古代ケルト人の祭が起源だと考えられています。
ケルト人は10月31日を1年の終わりだと考えていました。
そしてこの日には死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていたのです。
その際、悪い霊もやってくると考えられ、その悪霊から身を守るため、ハロウィンには仮装する習慣が生じたといわれています。

節分とは暦法・二十四節気の立春の前日のことです。
現在では春とは3月・4月・5月ですが、旧暦では春は1月・2月・3月でした。
従って、立春とは二十四節気の正月であり、その前日の節分は大晦日だといえるでしょう。
(詳しくはこちらの記事をお読みください。→長谷寺 観音万燈会 『冬至、クリスマス、正月、節分の関係』 

ハロウィン…10月31日・・・ケルト人の大晦日
節分・・・・・・・2月3日(新暦)=12月31日(旧暦)・・・旧暦の大晦日


古代ケルト人と日本人は、どちらも大晦日に仮装する習慣があるということになります。
これは偶然なのでしょうか?

堂島薬師堂 美しすぐるお化けさん2  

③秦氏が日本にキリスト教をもたらした?

ハロウィンはキリスト教の行事として根付いています。
日本にキリスト教が伝来したのは1549年、フランシスコ・ザビエルによってだとされています。
もしかしたら、このときハロウィンの習慣も日本にもたらされたのでしょうか?

しかし、キリスト教の伝来は実はもっと古く、古代渡来人の秦氏がもたらしたとする説もあります。

日本書紀によれば、283年、弓月君が百済より百二十県の人を率いて日本に帰化したのが秦氏であるとしています。

秦氏は百済からやってきたとありますが、それは百済を経由してやってきたということであり、秦氏の故郷は中央アジアにあったキリスト教国『弓月王国』ではないか、と佐伯好朗氏はおっしゃっています。

堂島薬師堂 美しすぐるお化けさん達

④記紀神話と聖書にそっくりな記述が!

また、飛鳥昭雄さんは、記紀神話と聖書の記述がそっくりのところがあると指摘されています。

聖書2日目/神は大空を作り大空の下と大空の上に水を分けました。
古事記神世第2代/豊雲野神 ※豊かな雲は大空の上を、野は大空の下に対応。

聖書3日目/神は地と海を作りました。
古事記神世第3代/宇比地邇神・妹須比智邇神
※宇比地は泥土で海、須比智は砂土で地に対応。

聖書4日目/神は太陽に昼を治めさせ月に夜を治めさせました。
古事記神世第4代/角杙神・妹活杙神
※ヘブライ語で角・光るは同様に『krn』と記します。このため古代よりしばしば混同され、ミケランジェロがモーゼの像に角をつけてしまったという例もあります。
杙は牛や馬を繋ぎとめておくためのもの。
つまり角杙神は光りながら地球のまわりを回る神(太陽)。
妹活杙神は満ち欠けしながら(活)地球の周りをまわる女(妹)神。

聖書5日目/神は水中生物・鳥を造り、祝福して言いました。生めよ、増えよ。
古事記/神世第5代/意富斗能地神・妹大斗乃弁神
※意富斗・大斗は世界。地は男性・弁は女性の意。つまり「男の世界」「女の世界」。

聖書/6日目/神は獣と人間を造り、造ったものを見て満足しました。
古事記/神世第6代/於母陀流神・妹阿夜訶志古泥神
※日本書紀では面足尊。地の面が完成したこと。あやに畏し(阿夜訶志古)は賞賛を意味します。つまりすべて完成し、あやに畏しと神が満足したということ。 


大晦日に悪霊(鬼)が出るので、仮装するという習慣が古代ケルト人と日本人に共通しているのは、日本神道がキリスト教の影響を受けたものであるためなのかも?

堂島薬師堂 美しすぐるお化けさん達と浄瑠璃人形 

 堂島薬師堂 龍



毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!

※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・旅 free style もよろしくお願いします~。




いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村



[2017/02/10 00:00] 大阪の祭 | トラックバック(-) | コメント(-)

御堂筋イルミネーション 三津寺 『安積親王を弔う寺?』 


大阪市中央区 三津寺
御堂筋イルミネーション 2017年度は1月9日で終了しました。


御堂筋イルミネーション 
イルミネーションがきらめく御堂筋をぶらぶらとウィンドウショッピングしました。

御堂筋 ハードロックカフェ2
ハードロックカフェ

御堂筋 ハードロックカフェ 




大丸
↑ 大丸

高島屋 

↑ 高島屋

三津寺 御堂筋イルミネーション

↑ 御堂筋には神社やお寺もあります。 写真は三津寺です。

①行基が創建した三津寺

三津寺は744年に聖武天皇の勅命を受けて行基が創建したお寺です。
ここからが本題です(汗~)

②長屋王の変

行基は自殺においこまれた長屋王を弔うために多くの寺を建てた人だと私は考えています。

729年、長屋王は謀反の疑いがあるとされ、厳しい取り調べを受けました。
そしてそれに耐え切れず自害してしまったのです。
長屋王が謀反を企てていたというのは事実ではなく、藤原四兄弟(藤原不比等の息子/武智麻呂、房前、宇合、麻呂)による陰謀であると考えられています。
長屋王の死後、藤原四兄弟は藤原四子政権を樹立し、妹の光明子を聖武天皇の皇后にすることに成功しています。
ところが735年から737年にかけて天然痘が流行り、藤原四兄弟は次々に天然痘をわずらって死亡しました。
藤原四兄弟の死は長屋王の祟りだと噂されました。

御堂筋 マクラーレン 
③行基は長屋王の霊を弔うためにたくさんの寺を建てた?

行基が創建した金剛輪寺の創建年は737年または741年と伝わっていますが。737年は天然痘が流行って藤原四兄弟が死亡した年です。
やはり行基が創建した東光院の創建年は735年ですが、この年、、舎人親王と新田部親王が死亡しています。
735年は天然痘が流行った年であり、舎人親王と新田部親王は長田王の取り調べを行った人物です。
舎人親王と新田部親王の死も藤原四兄弟と同じく長屋王の怨霊のしわざであると考えられたのではないでしょうか。
岩船寺も行基が創建していますが、岩船寺の創建は長屋王が自殺した729年です。
行基は長屋王を弔うためにこれらの寺を創建したのではないでしょうか。

④三津寺は安積親王を弔うための寺が亡くなった年に創建された。

三津寺が創建された744年は聖武天皇の第二皇子・安積親王が亡くなった年です。17歳という若さでした。
死因は脚気だとされています。

聖武天皇と光明皇后の間には第一皇子の基皇子がありましたが、基皇子は生まれてまもなく亡くなりました。
そのため安積親王は皇太子の有力候補でしたが、母親が県犬養広刀自で、当時権力を握っていた藤原氏ではありませんでした。
そこで藤原仲麻呂によって安積親王は毒殺されたという説もあります。

安積親王が亡くなったあと、聖武天皇と光明皇后の間に生まれた阿倍内親王(のちの孝謙天皇)が女性として初めての皇太子となっています。
藤原仲麻呂は光明皇后の甥で、光明皇后の信頼も得ていましたので、光明皇后の娘の阿倍内親王が皇太子となり、即位することは都合のいいことだと考えたのではないでしょうか。
しかし、のちに藤原仲麻呂と孝謙天皇(阿倍内親王)は仲たがいするようになり、仲麻呂は孝謙天皇の軍によって斬首されてしまうのですが。

三津寺は安積親王を弔うための寺であり。秘仏の十一面観音は安積親王のおもかげを映したものなのかもしれませんね。

あるいは安積親王が早世したのは長屋王の怨霊の仕業だと考えられ、行基は長屋王を弔うために三津寺を創建したのかも?

御堂筋イルミネーションを映す自動車 

毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!

※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ 「旅・free style」
http://arhrnrhr.blog.fc2.com/ もよろしくお願いします。




いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村



[2017/01/21 00:00] 大阪の祭 | トラックバック(-) | コメント(-)

堀川戎神社 福娘 しころ 『えべっさんの正体』 


    大阪市北区  堀川戎神社
十日戎・・・1月9日 ~1月11日

堀川戎神社 十日戎 福娘 
天神橋筋商店街を福娘さんたちや宝船が練り歩き、お店に福笹を届けていました。 

①しころ奉納

堀川戎神社境内では関西演芸協会の方々によって「しころ(錣)」が奉納されていました。

上方芝居芸能では正月興行の芝居が終演した際、木戸口で太鼓と双盤を用いて囃しつつ、「ひょっとこ」「おたふく」の面を被った人が「大入り」の字の形になるように踊っていた、と堀川戎神社のhpに説明があります。

写真のひょっとこは手にはたきを持っていますが、このはたきで「大入り」の形をつくるということでしょうか。

「ひょっとこ」と「おたふく」が踊るということですが、私が見に行ったときには「ひょっとこ」がひとりで踊っていました。
「おたふく」役の人が急用で出られなくなったのかも?

堀川戎神社 十日戎 しころ

②榎木神社と榎本神社

参拝を終えて境内をうろうろしていると、ななななんと、「榎木稲荷神社」を発見ーーーーーー!!! 

榎木稲荷神社 

前回の記事、京都ゑびす神社 宝恵かご 舞妓さん 『耳の悪い神』  を読んでくださった人はなぜ私が「榎木稲荷神社」にテンションをあげているのかおわかりいただけると思います。

えべっさん(蛭子神)は耳が悪いので、よく聞こえるように神殿の後ろをたたいて参拝するという習慣があります。
そして奈良・春日大社にある榎本神社も耳が悪いので、柱をたたいて参拝する習慣があります。
そこで、えべっさんと榎本の神は同一神ではないかと私は考えていたのです。

榎木稲荷神社の榎木と榎本は横棒が一本あるかないかの違いしかありませんが、これは偶然なんでしょうか? 

堀川戎神社 十日戎 宝船

③地車稲荷と狸

榎木神社は地車(だんじり)の形をしているので、地車稲荷とも呼ばれていおり、次のような伝説があります。

かつて天満堀川の堀止めに側に榎があり、その根元に木の神・句句廼知神を祀る祠がありました。
榎の大の木の根元には吉兵衛という老狸が住んでいて、毎夜、決まった時間に地車囃子の真似をしていました。
1839年、その地に本殿・拝殿を造営して正式に榎木神社を創建し、堀川戎神社末社の稲生神社の分霊を合祀しました。
明治40年に堀川戎神社と合併してここに遷座しました。
願い事が叶った夜には地車囃子が聞こえるといわれています。


ふつう、稲荷神社といえば狐ですが、榎木神社は狸なんですね。
四国の稲荷神社も狸なのだそうです。
弘法大師が四国の狐を追い出して、狸を開放したなどとも言われています。

1839年に榎木神社に堀川戎神社末社の稲生神社の分霊が合祀されたり、明治40年に榎木神社と堀川戎神社が合併されたりしていますが、これは戎神と榎木の神=吉兵衛が同一神だという認識を人々が持っていたためではないでしょうか。

堀川戎神社 十日戎 福娘2

④榎本の神は物部守屋?


春日大社にある榎本神社の御祭神は猿田彦神です。
日本書紀には猿田彦は『高天原から葦原中国までを照らす神』だと記されていますが、これにぴったりな神名を持つ神がいます。。
天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊(あまてる くにてる ひこ あめのほあかり くしたま にぎはやひ の みこと)=ニギハヤヒです。
猿田彦神とニギハヤヒは同一神なのだと思います。

ニギハヤヒは物部王朝の祖神ですが、物部守屋は蘇我氏との戦いの際、榎の上にいたところを矢で射られて死んでいます。
榎本神社とはこの物部守屋のことではないかと私は考えています。

堀川戎神社 十日戎 福娘3

⑤榎木の下に住む吉兵衛狸は物部守屋?

同様に榎木の大木の根本に住む狸の吉兵衛もまた物部守屋のことなのではないでしょうか。

大阪は物部守屋ゆかりの地で聖徳太子が建てた四天王寺は物部守屋の土地を没収して建てられたものです。



毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!

※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。



いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村


[2017/01/10 00:00] 大阪の祭 | トラックバック(-) | コメント(-)

今宮戎神社 十日戎 『日の神→海の神→商売繁盛の神へと神格を変えた神』 


今宮戎神社・・・大阪市浪速区恵美須西1丁目6-10
十日戎・・・
http://www.imamiya-ebisu.jp/h27hoekago
 
今宮戎 宝恵籠     

宝恵駕行列


①京都八坂神社の氏子、北向蛭子社を今宮に勧請


平安時代ごろから京都の八坂神社境内には北向蛭子社がありました。
そして今宮に移り住んだ八坂神社の氏子が今宮の地に蛭子社をお祀りしたのが今宮戎神社の始まりなのだそうです。

今宮戎 十日戎 文楽

文楽人形も宝恵駕に乗っていました。
  
②蛭子命と事代主命

今宮戎神社の御祭神は事代主命です。

『えべっさん』の総本社である兵庫県の西宮神社の御祭神は蛭子命です。
えべっさんには事代主命を御祭神としているところと、蛭子命を御祭神にしているところがあります。

今宮戎 十日戎 行列 
③入水した事代主命と海に流された蛭子命

事代主命は天照大神が派遣したタケミカヅチに、『国を譲るように』と迫られ、『承知した』といって入水自殺した神様です。

一方、蛭子はイザナギ・イザナミの御子でしたが、3歳になっても脚のたたない身体障害児でした。
そのため、イザナギ・イザナミは蛭子を葦船に乗せて海に流してしまうのです。
ひどい両親ですね!

西宮神社の社伝によれば、葦船に乗せて流された蛭児命は西宮に漂着し、『夷三郎殿』と称されて海の神として祀られたそうです。

今宮戎 十日戎 行列-芸妓さん

蛭子命と事代主命はどちらも海で死んだ神

水死体のことを『えびす』という地方があるそうです。
そして猟の網に水死体がかかると大漁になる、などといわれています。
たった3歳で、しかも身体障害児だった蛭子が海に流され、生きて漂着したとはちょっと考えられません。
蛭子は死に、水死体となって西宮に漂着したのでしょう。

事代主命は海を踏み傾けて入水しており、やはり海で死んだ神です。
蛭子と事代主命は同一神であるという認識が古の人々の中にあったため、事代主命と蛭子はどちらも『えべっさん』として信仰されているのだと思います。

今宮戎 十日戎 福娘さんたち 

⑤蛭子は日子だった?


『蛭子(ひるこ)』は、もともとは『日子』であったのが語呂合わせで『蛭子』にされたのではないかという説もあります。
「『日子』とは太陽神のことです。

太陽神であった『日子』は海に流されて『海の神』となったわけです。

今宮戎 献鯛神事 
大阪木津市場 献鯛神事

⑥蛭子、語呂合わせで商売繁盛の神になる。

さらに蛭子は脚が悪いことから『お足がでない』ということで商売繁盛の神にもなりました。

今宮戎 十日戎 福娘  

 今宮戎 十日戎 福娘さんたち2



毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!

※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。



いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村



[2017/01/09 00:00] 大阪の祭 | トラックバック(-) | コメント(-)

大阪光のルネサンス2016  『大阪大空襲と地下鉄』 

大阪市中央区 
大阪光のルネサンス2016・・・2016年12月14日〜12月25日 
http://www.hikari-kyoen.com/renaissance/index.html

中央公会堂 光のルネサンス2016② 
中央公会堂  

①レトロ建築


ウィキペディアに1930年代の中之島の写真がありました。

写真上の川が土佐堀川、下が堂島川だと思います。
五つある橋のうちいちばん上にあるのが淀屋橋ではないでしょうか。

すると中之島の向かって右上より日銀大阪支店、大阪市役所、中之島図書館、中央公会堂だと思いますが、どうでしょうか?

中の島図書館 ウォールタペストリー2016 
中の島図書館

中央公会堂 光のルネサンス2016

中央公会堂

こちらは旧大阪市役所です。

とても素敵なレトロ建築だったのですが、1982年に取り壊されてしまいました。

大阪市役所 
現在の大阪市役所

残念~。
レトロ建築を維持するのにお金がかかって残しておくのが難しいのでしょうか?

そのあと同地に新しい大阪市役所が建てられましたが、そのほかの日銀、中之島図書館、中央公会堂は1930年代のままです。

中の島図書館 ウォールタペストリー2016②
 
中の島図書館

②大阪大空襲


この写真が撮影されたのちの1945年、大阪大空襲があり阪の町は火の海につつまれました。
ウィキペディアより被害地域を書きだしてみました。

第1回大阪大空襲 ( 3月13日・14日)・・・、北区扇町、西区阿波座、港区市岡元町、浪速区塩草
第2回大阪大空襲 ( 6月1日)・・・福島駅近辺、福島区大開町、安治川口駅近辺、港区、大阪市立運動場(現在の八幡屋公園)、大正区福町(現在の鶴町5丁目)、東区(現中央区)上町、東雲町、森之宮・玉造
第3回大阪大空襲( 6月7日)・・・都島区高倉町、鶴橋駅付近、天王寺駅付近、城東の大阪陸軍造兵廠、長柄橋、柴島浄水場。
第4回大阪大空襲( 6月15日)・・・阪神本線出屋敷駅付近、国鉄福知山線支線金楽寺駅付近、西淀川区・神崎大橋南詰、鶴橋駅付近、天王寺駅付近。尼崎市、堺市や布施市(現在の東大阪市)、豊中市、守口町(現在の守口市)。
第5回大阪大空襲( 6月26日)・・此花区、住友金属(現在の新日鐵住金)工場
第6回大阪大空襲( 7月10日)・・・堺市、大阪市住吉区、貝塚市
第7回大阪大空襲 ( 7月24日)・・・住友金属工場
第8回大阪大空襲 ( 8月14日)・・大阪陸軍造兵廠、国鉄京橋駅、大阪城

なかのしまとしょかん ウォールタペストリー2016③

③避難所として用いられた中央公会堂


どうやら中之島は標的とされていなかったようです。

空襲に用いられた焼夷弾は燃夷剤が燃えることで建物に火災をひきおこすことを目的としています。
日本家屋は木造が多いので、焼夷弾を用いて火災をおこそうという計画だったようです。

中之島の建物は木造でないので標的としなかったのかも?
中央公会堂は大阪大空襲で家を失った方々の避難所として用いられたそうです。



③地下鉄が大阪大空襲で避難してきた人々を乗せて走った?


1945年3月13日夜から翌日未明にかけての米軍による大阪大空襲の際、大阪の地下鉄が運航され、避難してきた人々を梅田や天王寺方面に運んだという話があります。

しかし大阪の地下鉄がそうしたことを行ったという公式な記録は残っていません。

梅田クリスマスツリー 

梅田

④地下鉄に乗って避難したという多数の証言


京都大学名誉教授の村松繁さんは3月13日の大阪大空襲の際、松村さんや大勢の被災者が心斎橋駅から地下鉄に乗って梅田に逃れたとおっしゃっています。

心斎橋 
そのほかにも大勢の人が地下鉄に乗って避難したと証言されています。

地下鉄は終電ののち、電気をとめるのがふつうなのだそうですが
この日は特別な支持があって、電気を送り続けていたと証言された元職員も。





※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。


いつも応援ありがとうございます♪



にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村


[2016/12/27 00:00] 大阪の祭 | トラックバック(-) | コメント(-)

大阪光のルネサンス 中之島図書館 (住友井桁マークは何を表しているの?) 



大阪市中央区中之島付近
大阪光のルネサンス2016 12月25日まで 
http://www.hikari-kyoen.com/

写真は過去のものです。

中の島図書館 ウォールタペストリー2006   

中の島図書館

すごくノイジーな写真だったので、コントラストをあげてノイズをごまかしました~。(汗)

①中の島図書館

中之島図書館は1904年に住友友純(ともいと)が寄贈したものです。
ネオ・バロック様式というそうですが、太い柱やアーチ状の窓、繊細な彫刻が美しいですね。

中の島図書館 ウォールタペストリー2006②  

中の島図書館

②純友井桁マーク

住友財閥の住友井桁マークは菱型をしています。
三菱財閥のスリーダイヤも菱型ですね。

中の島図書館 ウォールタペストリー2006③

③菱は子孫繁栄・長寿の象徴

菱型といえば雛祭りの菱餅を想いだしますが、菱餅は菱の実でつくられています。
菱は繁殖力が高いので子孫繁栄を象徴する植物であると考えられていました。
また、菱の実を食べて千年長生きした仙人の話があり、長寿の象徴ともされていました。

中央公会堂 
中央公会堂

④撒菱

トウビシの実はとげが2本あります。
またオニビシヒメビシにはとげが四本あります。
忍者が用いた撒菱はこれらを乾かしたものです。

 中央公会堂 

中央公会堂

⑤菱は角をあらわす?

菱紋の名前の由来については、葉の形からくるとも、実の形からくるともいわれています。
けれど菱の葉も実も菱型ではありません。

漢和辞典をひいてみると「夌は音を表し、角のある意からきている」とあります。
菱の実には鋭い角があり、図形の菱形にも鋭角の角があります。
おそらく角のあるものを菱と言っていたのではないでしょうか。

 日本銀行大阪支店 
日本銀行大阪支店

⑥鉱物にも角がある


鉱山で採取する鉱物にも角があります。
自然金黄銅鉱

大阪市役所

⑦菱は鉱物をあらわす?


日本地質学会員の藤井光男氏さんは、桐生市菱地域は古代鉄生産の里であったとしておられます。

鉱物は植物や動物と違って、腐ることがありません。
古の人にとって腐ることのない鉱物は不老不死を象徴するものだったのではないでしょうか。
そして植物の菱は角があるところから鉱物に喩えられ、そのため菱は不老長寿のシンボルとされたのではないでしょうか。

中の島 レトロビル ポット型看板

⑧純友財閥と鉱山開発


住友財閥は伊予の子銅山の開発を推し進めることによって住友財閥へと成長しました。
また三井財閥も鉱山開発を行っていました。
住友井桁マークや三井財閥のスリーダイヤのデザインは鉱物を表しているのではないかと思ったりします。

中の島 レトロビル 窓 



毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!

※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。


いつも応援ありがとうございます♪



にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村



[2016/12/25 00:00] 大阪の祭 | トラックバック(-) | コメント(-)

大阪天満宮 流鏑馬 『大阪天満宮流・流鏑馬』 


大阪市北区 大阪天満宮
流鏑馬式・・・10月25日 



●オフィス街を駆け抜ける流鏑馬

関西で流鏑馬といえば京都の下鴨神社とか滋賀の近江神宮などが有名です。
下鴨神社や近江神宮には長い参道があり、そこで流鏑馬が行われます。
でも大阪天満宮は表門を入ると目の前に拝殿があり、馬が駆けていけるような長い参道はありません。
大阪天満宮で流鏑馬が行われると聞いたんですが、いったい馬はどこを駆けるのでしょうか?

大阪天満宮の表門から馬に乗った人が出てきましたよ。

大阪天満宮 流鏑馬3 

道の両脇にはオフィスビルがゴミゴミと建ち並んでいます。

大阪天満宮 流鏑馬2 

みめうるわしい殿方ばかりでうれしくなっちゃう~♪(スケベ)

大阪天満宮 流鏑馬1 

もしかして、オフィスビルが建ち並ぶこの道で流鏑馬やるんすか?

こんなところで弓矢放ったらあぶないやん!
と思ったら、半弓で的をたたいて破っていました!

大阪天満宮 流鏑馬4


●大阪天満宮 流鏑馬の起源


大阪天満宮の流鏑馬の起原ははっきりしないそうですが、1588年に流鏑馬を行ったという記録があります。
『難波鑑(1676年)』には失踪する馬上から的を矢で射る様子が記されています。
このころはまだ一般的なスタイルの流鏑馬が行われていたのですね。

『葦の若葉/大田南畝(1801年)』には現在と同じ、馬上から半弓で的を破る流鏑馬の様子が記されています。
1800年ごろの大阪天満宮の周囲はすでに民家などが密集していて、安全を考えて独特の形式が生み出されたのだろう、とのことです。

●松平忠明が天満宮に乗馬を奉納した理由


安土桃山時代、松平忠明という人がいました。

松平忠明は徳川氏の重臣・奥平信昌の四男で、母親は徳川家康の娘・亀姫でした。
つまり松平忠明は家康の外孫だったのですね。
1588年に徳川家康の養子となり、松平姓を賜っています。。
1603年、徳川家康が征夷大将軍となり江戸幕府を開きました。
1614年に大坂冬の陣、1615年に大坂夏の陣がおこり豊臣氏は滅亡しました。
松平忠明は大阪の陣で手柄をたてて摂津大坂藩10万石の藩主となり、大阪城に入城しました。
そして同年、松平忠明は幕命により乗馬を大阪天満宮の神事に奉納しています。

松平忠明および幕府は大阪天満宮に大阪の陣の勝利祈願をかけていたのでしょう。
そしてそれが叶えられたので乗馬を奉納したのかな、と思ったりします。

大阪天満宮 流鏑馬6 




毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!

※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。



いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村



[2016/10/25 00:00] 大阪の祭 | トラックバック(-) | コメント(-)

堺祭 阿波踊 『阿波国の神・オオゲツヒメは月の女神だった?』 

大阪府堺市 堺祭 10月第3土曜日、第3日曜日

堺祭 阿波踊3 
堺祭のパレードに阿波踊が登場!

●粟国は粟の生産地だった。

昔、徳島県北部は粟の生産地だったそうで、そのため粟国と呼ばれていたそうです。

こんな伝説もあります。

初代神武天皇に天富命(あめのとみのみこと)という者が仕えていました。
天富命は忌部氏を率い、木国(紀伊の国)の材木を伐採して畝傍山の麓に橿原宮を造営しました。
その後、肥沃な土地を求めて現在の徳島県あたりにやってきて穀・麻種を植えました。(古語拾遺)

●好字令で粟国から阿波国に。

713年に元明天皇が好字令(好字二字化令)を出しました。
好字令とは、諸国の郡名、里名を、好い字の二文字に改めよとするお触れのことです。
なぜ二文字なのかというと、当時の日本がお手本としていた先進国の唐の地名のほとんどが漢字二文字だったので、それの真似をしようとしたわけです。

この結果「波伯吉国」は「伯耆国(ほうきのくに)」、「吉備道中国」は「備中国」、「木国」は「紀伊国」に、「泉国」は「和泉国」となりました。

そして粟国は阿波国となったのです。

堺祭 阿波踊 
●粟国は女神・オオゲツヒメだった。

古事記には、イザナギ・イザナミが兄妹で交わり、次々に国生みを行ったことが記されています。

最初に生んだ子が淡道之穂之狭別島(あわじのほのさわけのしま/淡路島)。
次に生んだのが、伊予之二名島(いよのふたなのしま/四国)
伊予之二名島は身体が一つで顔が四つあり、その顔ごとに名前がある。
伊予の国は愛比売(エヒメ)、讃岐の国は飯依比古(イイヨリヒコ)、粟の国は大宜都比売(オオゲツヒメ)、土佐の国は建依別(タケヨリワケ)。




四国の形を見てみると、四方に張り出した部分があって、なるほど、顔が四つあるように見えます。
古事記が編纂されたのは712年です。
このころすでに四国がだいたいどんな形をしているか知られていたんですね。
昔の人の地理認識能力の高さに驚かされます。

それはともかく、ヒコは男性の名前につけられることが多いです。
また応神天皇は和風諡号をホンダワケノミコトといい、ワケもまた男性の名前につけられるもののようです。
イイヨリヒコ・タケヨリワケは男神でしょう。

ヒメは女性の名前につけられることが多いです。
エヒメ、オオゲツヒメは女神だと考えられます。

粟国(阿波国)は女神だったのです。

堺祭 阿波踊4 
合成と丸わかりですね(汗)


● オオゲツヒメの死体から穀物が生まれた。(古事記)

古事記にはオオゲツヒメに関する次のような伝説があります。

高天原を追放されたスサノオはオオゲツヒメに食べ物を求めました。
オオゲツヒメは鼻・口・尻から食材を取り出し料理をしてスサノオに与えました。
スサノオは「こんな汚いものが食えるか!」と怒ってオオゲツヒメを切り殺しました。
オオゲツヒメの死体の頭から蚕が、目から稲が、耳から粟が、鼻から小豆が、陰部から麦が、尻から大豆が生まれました。

保食神の死体から穀物が生まれた。(日本書紀)

日本書紀にも五穀や養蚕の起源についての神話がありますが、古事記とは若干異なっています。

天照大神は保食神(うけもちのかみ)のもとに月夜見尊(つくよみのみこと)を派遣しました。
保食神は口から吐き出した食材を料理して月夜見尊をもてなしました。
月夜見尊は「こんな汚いものが食えるか!」と怒って保食神を切り殺しました。
天照大神はこれをたいそう怒り、月夜見尊に「もう会わない」と言いました。
そして天照大神と月夜見尊は一日一夜隔てて住むようになりました。
その後、天照大神は天熊人を保食神のもとに派遣しました。
保食神は死んでおり、その死体の頭頂に牛と馬が、額には粟が、眉には蚕が、眼には稗が、腹には稲が、陰部には麦・大豆・小豆が生まれていました。


堺祭 阿波踊

●朝鮮語の掛詞になっていた。

金沢庄三郎さん、田蒙秀さんによれば、日本書紀の五穀・養蚕の起源は朝鮮語で掛詞になっているといいます。

頭(マル)と馬(マラ)
額(チャ)と粟(チョ)
眼(ヌン)と稗(ヌィ)
腹(ぺ)と稲(ピョ)
女陰(ポーティ)と小豆(パト)  
※()は朝鮮語

日本書紀編纂者の中に朝鮮語のわかる人がいたのではないかと考えられています。

●オオゲツヒメは大月姫だった?


オオゲツヒメの名前の「オオ」は「多」、「ゲ」は「ケ(食物)」の意味とされています。
御食とか御饌と書いて「ミケ」と読みますね。その「ミケ」の「ケ」です。

それはそのとおりでしょうが、私はオオゲツヒメは大月姫または多月姫で月の女神でもあるのではないかと考えています。
なんでかって?

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Japanese_Foxtail_millet_02.jpg?uselang=ja
上記リンク先は粟の写真です。
粟の穂は三日月の形をしているではありませんか。

堺祭 阿波踊2




毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!

※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。



いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村


[2016/10/20 20:51] 大阪の祭 | トラックバック(-) | コメント(-)

堺祭 火縄銃隊 『鉄砲伝来』 



堺祭の大パレードには、全国から七隊もの火縄銃隊がやってくるのです。
これは見逃せない~!

堺祭 種子島鉄砲隊 
種子島火縄銃保存会

種が島火縄銃保存会の方々が発砲するシーンの写真も撮るには撮ったのですが、
ものすごい轟音に体が勝手にびくっと反応してしまい、大きく手振れしてしまいました。大失敗でした~。
今度行くときは耳栓をもって行こう。

以下、にわか知識です。

●八坂金兵衛、娘をポルトガル人に嫁がせて鉄砲の作り方を教わる。


1543年、種子島に中国船が漂着しました。
中国船には明人の五峰、ポルトガル人・牟良叔舎」(フランシスコ)、喜利志多佗孟太」(キリシタダモッタ)が乗っていました。
種子島島主・種子島恵時・時尭親子は二人のポルトガル人から鉄砲挺を購入し、刀鍛冶・八板金兵衛に鉄砲を作らせました。
八板金兵衛は娘・若狭をフランシスコに嫁がせて鉄砲の作り方を教えてもらったそうで、八板家系図に次のように記されているそうです。

若狭 1527年生まれる。
1543年、フランシスコに嫁いでポルトガルに渡る。
1544年ポルトガル船がやってきて金兵衛と若狭は再び会うことが出た。
数日後、若狭は大病にかかって死んだと偽って葬式をおこなった。フランシスコは泣きもしなかった。


この記述は本当のことなのか、作り話なのかわかりませんが、八板金兵衛が苦労の末、鉄砲を作り上げたことは事実でしょう。


堺の橘屋又三郎と、紀州の津田算長が種子島より鉄砲を故郷へ持ち帰ったことで、鉄砲は瞬く間に全国に広まりました。

堺鉄砲隊  
堺火縄銃保存会 と 関ヶ原(合成)

橘屋又三郎は種子島に数年とどまって鉄砲の製造法を学び、堺で鉄砲の製造を始め、「鉄炮又」と呼ばれました。
また根来の芝辻清右衛門が後に堺に移住し、堺は鉄砲の産地へと発展していきました。


根来鉄砲隊 根来寺 
根来鉄砲隊 と 根来寺(合成)

津田算長は紀伊国吐前城主であり、根来寺僧兵の長でした。また「津田流砲術」の祖でもあります。
紀州に戻った津田算長は芝辻清右衛門に鉄砲をつくらせました。
根来寺の僧兵は鉄砲で武装しており根来衆と呼ばれました。
根来鉄砲隊が僧兵の姿をしているのは、このためなのですね。
 
雑賀鉄砲衆 和歌山城 
紀州雑賀(さいか)鉄砲衆 と 和歌山城 (合成)

雑賀衆は紀伊国北西部の五つの地域(五組・五搦)から成る一揆集団です。
根来衆と同様、鉄砲で武装し、織田信長の第一次紀州征伐、豊臣秀吉の第二次紀州征伐に抵抗しました。
しかし秀吉に根来寺は焼き討ちにされ、雑賀衆は壊滅させられました。

彦根鉄砲隊 彦根城2 
彦根鉄砲隊 と 彦根城 (合成)

向かって右は天衝脇立、井伊直政かな?
向かって左は三日月がついています。伊達政宗?
戦国時代の戦に鉄砲はかかせないものとなっていました。

 堺祭 岩国藩鉄砲隊

岩国藩鉄砲隊

岩国藩は現在の山口県岩国市あたりにあった藩です。
岩国藩に伝えられた石田流砲術の継承につとめておられます。
火縄銃は長州筒と呼ばれるものだそうです。
 
会津新撰組 金戒光明寺 
会津新選組銃隊 と 金戒光明寺 (合成)
※金戒光明寺は会津藩の本陣でした。


幕末、京都では尊王攘夷派の浪士たちがテロを起こすなど治安が悪化していました。
そこで幕府は会津藩主・松平容保を京都守護職としました。
その配下で京都の警備活動を行ったのが新選組です。

会津藩と新選組は戊申戦争(新政府軍vs旧幕府軍/1868年 - 1869年)で旧幕府軍に従って戦いましたが苦戦したようです。
その理由として会津藩が最新式の洋式銃を十分に用意できなかったことがあげられます。
写真の新撰組隊士は火縄銃を撃っていますが、幕末に火縄銃は時代遅れだったのです。
しかし戊辰戦争で火縄銃を用いた藩もあったという記述を読みました。
会津は戊辰戦争で火縄銃を用いたのでしょうか?
ともかく幕府軍は敗戦し、これにともなって新選組も解散しました。

ちょっと合成が不自然なのもありますね。すいません~。




※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。



いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

[2016/10/19 22:03] 大阪の祭 | トラックバック(-) | コメント(-)