天保山大観覧車 海遊館 『ジンベエザメとはウルトラマン?』 


天保山大観覧車  




天保山大観覧車の近くに海遊館があります。(赤い台形模様のある建物が海遊館)

海遊館といえば、有名なのがジンベエザメです。

File:Requin baleine.JPG

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Requin_baleine.JPG?uselang=ja よりお借りしました。

大観覧車のイルミネーションにもジンベエザメが現れ、夢中になって撮影しました。
ですが、ほとんど写っていないというか、ジンベエザメの形が認識できないというか??目ではちゃんとジンベエザメの姿が見えてるのに。
みなとみらいの観覧車に現れたピカチュウは撮れたんだけどなあ~。
撮影のコツなど、どなたかアドバイスください!
  
天保山大観覧車

①ジンベエザメはえびすざめだった。


ジンベエザメは世界最大の魚ですが、プランクトン・小魚・海草などを食べ、また動きが緩慢なので一般的なサメと比較して危険性が少ないとされていますね。

熱帯・亜熱帯・温帯の海に広く生息するということです。

茨木県では「いびすさが」「じんべ」、千葉県、神奈川県、静岡県では「えびすざめ」、福井県では「じんべい」、高知県では「さめ」、鹿児島県では「くじらぶか」、沖縄県では「みずさば」などと呼ばれていたようです。
ということは、古来より日本各地の海で観測されていた魚だといえるでしょうね。

栃木県ではアブラツノサメのことを「さがんぼう」というそうです。
茨木県の「いびすさが」の「いびす」は「えびす」、「さが」は「さめ」という意味で、千葉・神奈川・静岡の「えびすざめ」と同じ意味ではないでしょうか。

ジンベエザメの周囲には同じプランクトンを食べるイワシやカツオが常に群れているそうです。
そのため、ジンベエザメの姿を見かけると大漁になると考えられ、「えびすざめ」と呼ばれたのではないかと考えられています。 

天保山大観覧車 

②ジンベイサマ


宮城県金華山沖に伝わる海の怪物・ジンベイサマの正体はジンベエザメではないかといわれています。

 宮城県に伝わる妖怪。
 金華山沖に現われるというもので、その大きさは首尾が分からないほど巨大です。また、蛇のような長い姿をしているとも言われています。
 船の下に潜りこんで、船を支えることがあるとされ、ジンベイサマが船の下にいるときは海の水が淡く光るそうですが、光っているところを竿で突くと沈んでいきます。
 ジンベイサマが現われると鰹がたくさん獲れるとも言われていますが、人にとって有益な面だけでなく、恐ろしい面もあります。ジンベイサマが船を越えると、船に油が溜まって沈没してしまうのだそうです。


http://fragezeichen.web.fc2.com/mononoke/03/jinbeisama.htmlより引用

ジンベイサマは巨大な体をしており、ジンベイサマが出るとカツオが大漁になるといわれています。

天保山大観覧車 
③ジンベエとは「とんでもなく大きな奴」という意味では?

ジンベエザメは漢字では甚兵衛鮫、甚平鮫などと記し、体の模様が甚平という着物に似ているためこの名前があると言われます。
着物の甚平は今では様々な柄・』色がありますが、もともとは藍染が多かったんでしょうね。
https://www.rakuten.ne.jp/gold/kimonomachi/yukata/jinbei/gallery06.html
殿方がこういうのを着ている姿は、きりっと見えてなかなか素敵だと思います♡

語源については、私は逆なんじゃないかと思います。
着物の甚平は、ジンベエザメに似てるから甚平と呼ばれているのではないでしょうか。

甚という漢字を調べてみたところ、次のようにありました。

①「はなはだしい(普通の度合いをはるかに超えている、ひどい)」
②「はなはだ(普通の度合いをはるかに超えているさま、非常に、ひどく、大変)」
③「「何」の意味を
表す疑問詞。なに。なんの。いかなる。なんぞ。」
④「非常に楽しい」

https://okjiten.jp/kanji1607.html より引用


天保山大観覧車

「兵衛」は次のような意味だそうです。

日本古代の律令制のもとで,天皇に近侍し,宿衛等の任にあたった者。
和名を〈つわもののとねり〉といい,左右の兵衛府に各400人が所属した。

https://kotobank.jp/word/%E5%85%B5%E8%A1%9B-613105 より引用


~左衛門、~右衛門、~左兵衛、~右兵衛といった名前は、
律令時代に衛府に配備された人々が徴用期間を終えて帰郷した際、
任を終えた証として所属していた部署名にちなんだ名前を名乗るようになったのが
はじまりといわれている。とりわけ名誉ある名として領民階級の間でも尊ばれた。

時代が下った後も武士階級、町人階級問わず広く用いられたが、武士階級が仮名なのに対して、
諱を持たぬ町人の場合は正真正銘の本名として用いられた。

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/7714589.html より引用

男子の名前に〇〇彦とか、〇〇太郎などとつけることがありますが、兵衛はこの彦や太郎と同じような意味なんですね。

甚兵衛という名前は、普通の度合いを超えたはなはだしく大きな奴、というような意味でつけられたのではないでしょうか。
英語でいうと甚兵衛はウルトラマンですね。 

天保山大観覧車 
 


まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。

毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!




にほんブログ村






スポンサーサイト

[2017/09/25 21:42] 大阪 | トラックバック(-) | コメント(-)

大阪府咲洲庁舎展望台より 『元良親王と京極御息所の不倫の真相?』 

  大阪市住之江区 大阪府咲洲庁舎
2017年9月中旬 撮影


南港大橋 夕景 
あべのハルカスより港大橋・大阪府咲州庁舎(向かって左の高層ビル)を望む

大阪府咲洲庁舎展望台にのぼると大阪の町だけでなく、東に神戸、明石海峡大橋、淡路島、西には堺泉北工業地帯、関空までも望むことができます。

港大橋とあべのハルカス 

港大橋(大阪市港区↔住之江区)とあべのハルカス(大阪市阿倍野区 向かって右の高層ビル)

①みおつくし

眼下に広がる大阪市。その市章は「澪標(みおつくし)」です。

Emblem of Osaka, Osaka

https://commons.wikimedia.org/wiki/File%3AEmblem_of_Osaka%2C_Osaka.svg
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/2/2e/Emblem_of_Osaka%2C_Osaka.svg よりお借りしました。
作者 waketasu1977 (大阪市章1894年4月制定) [Public domain], ウィキメディア・コモンズ経由で

大阪ドーム  
大阪ドーム〈大阪市西区)

大阪港は川の河口に開かれています。
そのため、今はどうかわかりませんが、古には水深が浅く座礁する危険性のある個所がたくさんあったようです。
澪標とは船がそういった水深の浅い場所を避けて通ることができるようにするための標識で、澪(航路)との境界に並べて設置されていました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BE%AA%E6%A8%99#/media/File:Miotsukushi_in_Osaka.JPG
↑ 澪標の写真

長居スタジアム

長居スタジアム(大阪市東住吉区)

②みをつくしても 逢はんとぞ思ふ

この澪標を詠んだ有名な歌が百人一首にありますね。

わびぬれば 今はた同じ 難波なる みをつくしても 逢はむとぞ思ふ/元良親王
(こんなに思い悩んでしまった今はもうどうなってもいい。難波の海の澪標の言葉どおり、身を尽くして(身を滅ぼして)もあなたにお会いしたいと思います。)

名神高速道路の吹田サービスエリアの中元良親王の歌碑があるとのことなので、今度見にいってみたいです。

スカイビル 

梅田スカイビル〈大阪市北区)

③不倫の恋を詠んだ歌

実はこれ、不倫の恋の歌なんですよ。
「後撰集」の詞書には「事いできて後に、京極御息所につかはしける」とあります。

「事いできて後に」とは「不倫がばれた後」という意味、「京極御息所」とは宇多天皇の寵妃で藤原時平の娘の藤原褒子(ふじわらのほうし)のことです。

最近、不倫がばれると「一線を超えていない」とかなんとか言い逃れしようとする人が多くて、粋じゃないな~と思います。
元良親王のように批判を恐れず、人妻に対する情熱を熱く語る人がひとりぐらいいてもいいのに、と思ってしまう~。


太陽の塔 と osaka wheel-2

太陽の塔とosaka wheel(大阪市吹田市)

④元良親王は京極御息所を愛していたわけではなかった?

ただ、元良親王は30人以上の女性との恋愛歌を詠んでいて、京極御息所ひとりだけを愛したというわけではなさそうです。
また、本当に京極御息所を愛していたのかについても疑問です。
元良親王はある目的をかなえるために京極御息所を利用したのではないか、と私は考えています。

みなと堺グリーン広場と大阪ガス泉北(製)第2工場 
みなと堺グリーン広場/手前 と 大阪ガス泉北 第2工場/奥(大阪府堺市)

⑤在原業平と藤原高子の駆け落ちの真相


元良親王はなかなかの色好みであったようですが、他に平安時代の色好みと言えば在原業平ですよね。

在原業平と元良親王はよく似ています。
というのは在原業平は清和天皇に入内する予定だった藤原高子と駆け落ちをしているんですね。

しかし業平は高子のことが好きで好きで仕方なかったということではなかったようです。
というのは古今集詞書に次のようにあるのです。

五条の后)の宮の西の対にすみける人に、本意)にはあらで物言ひわたりけるを、

これは「五条の后(仁明天皇の后、藤原順子)の宮の西側の建物に住んでいる人(藤原高子のことだと考えられています。)に、業平は本気ではなかったのだが通っていたが」という意味です。

大平和祈念塔 
大平和祈念塔 (大阪府富田林市)


業平と高子が駆け落ちをしているところから、高子が産んだ貞明親王(のちの陽成天皇)は、清和天皇の子ではなく、業平の子ではないかとする説があります。
そして百人一首の絵札の、弓矢を背負う業平の姿は陽成天皇を守る姿であるという話を聞いたこともあります。

百人一首かるた

業平は自分の血をひく子供を高子に生ませ、自分の血を引く子が清和天皇の皇子として育てられ、自分の血をひく子が皇位につくことを目的として、高子と関係を持ったのだと思います。
また、そうして生まれたのが陽成天皇ではないでしょうか。

参照/龍田川 紅葉 『陽成天皇の父親は在原業平だった?』 

二上山と葛城山 
二上山(向かって左)と葛城山(向かって右)

⑥ばれた業平の計画

おそらく業平の策略は高子の兄で摂政だった高子藤原基経にばれたのでしょう。
陽成天皇は9歳で即位しましたが、源益を殴殺したとして17歳で退位させられているからです。
そして基経は陽成天皇の大叔父にあたる光孝天皇を即位させました。

関西国際空港 
関西国際空港(大阪府泉佐野市・大阪府泉南郡田尻町・泉南市にまたがる)

⑦元良親王は在原業平の孫だった?

元良親王はこの陽成天皇の皇子で、宇多天皇は光孝天皇の皇子です。
元良親王は業平の計画がばれなければ、自分が天皇になれたかもしれないのにと、宇多天皇を憎く思ったかもしれません。

私の考えが正しければ、陽成天皇は在原業平の子であり、元良親王は在原業平の孫です。
そして元良親王は本当の祖父・業平と同じことをしようとしたのではないかと思うのです。

あかしかいきょうおおはし さきしま てんぼうだいより ずっこ

明石海峡大橋 手前は神戸空港


⑧元良親王と京極御息所の不倫の真相

元良親王は宇多天皇の寵妃・藤原褒子に自分の子を宇多天皇の皇子として産ませ、その子を皇位につけることで、皇位継承の血筋に自分の血を残そうとしたのではないでしょうか。

しかし、藤原褒子が産んだ子が皇位につくことはなく、宇多天皇と藤原 胤子の間に生まれた醍醐天皇が即位し、元良親王の野望が叶うことはありませんでした。

夢洲 舞洲 
舞洲(向かって右) 夢洲(向かって左)

もう一度元良親王の歌を鑑賞してみましょう。

わびぬれば 今はた同じ 難波なる みをつくしても 逢はむとぞ思ふ/元良親王
(こんなに思い悩んでしまった今はもうどうなってもいい。難波の海の澪標の言葉どおり、身を尽くして(身を滅ぼして)もあなたにお会いしたいと思います。)


思い悩んでいたのは、褒子に対する恋にではなく、なんとか自分の血をひく子を宇多天皇の皇子として褒子に産ませたい、という計画についてではないでしょうか。

天保山大観覧車 
天保山大観覧車

ところが、褒子との密会がばれてしまい、「もうどうなってもいい」とやけのやんぱちになってしまったのでしょう。
処分されようがどうされようがかまうものか。とにかく褒子に自分の子を産ませてやるぜ!
みたいな意味で、歌を詠んだのかも、と思ったりします。

夢舞大橋

夢舞大橋

 あべのハルカスと通天閣 
通天閣〈大阪市浪速区) と あべのハルカス〈大阪市阿倍野区)


 まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。

毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!




にほんブログ村



 
[2017/09/21 13:07] 大阪 | トラックバック(-) | コメント(-)

あべのハルカス屋上庭園より望む 安部晴明神社 『セーマン・ドーマンと胎蔵界曼荼羅・金剛界曼荼羅』 

大阪市阿倍野区  あべのハルカス16階 屋上庭園
2017年9月上旬 撮影

あべのハルカス16階屋上庭園より大阪市内を望む写真を撮ってみました。
ただ、屋上庭園は北向きなので、阿部野区の風景を見る事はできません。

一心寺 あべのハルカス16階より

一心寺(天王寺区

①阿倍野の地名の由来

阿倍野という地名の由来については3つの説あります。

a.古代このあたりを領有していた阿部氏からくる。
b.山部赤人の歌からくる。

阿倍の島 鵜の住む磯に 寄する波 間なくこのころ 大和し想ほゆ
(阿倍の島の鵜の棲む磯に寄せる波のように、絶え間なくこの頃大和を思い出しています。)


藤原範兼編『五代集歌枕』では阿倍の島は摂津国にあるとしています。

ただ、この歌が阿倍野の地名の由来というのはちょっとおかしくないですか?
山部赤人は阿倍の島という島について歌を詠んだわけで、ということは当時、阿部の島と呼ばれる島があったと言うことになると思います。
すると、「山部赤人の歌からくる」というよりは「山部赤人が歌に詠んだ阿倍の島からくる」というべきだと思うんですが。

c.古地名の「東生郡餘戸郷(ひがしなりぐんあまべごう)」の「餘戸(あまべ)が阿倍野と転じた。

このうちaの阿倍氏からくるとする説が有力です。

四天王寺 あべのハルカス16階より望む 
四天王寺(天王寺区)

②安倍晴明生誕の地


阿倍野区には安倍晴明神社がありますよ。
社伝によれば、安倍晴明神社は安倍晴明生誕の地だということです。

安倍晴明神社 
阿倍晴明神社

安倍晴明神社 阿倍晴明像 

阿倍晴明神社 阿倍晴明像

③セーマン・ドーマン


安倍晴明といえば五芒星、桔梗印ですよね!

伊勢志摩の海女たちはセーマン・ドーマンという魔除けを身につけていました。

 セーマンドーマン

セーマンは阿倍晴明を、ドーマンは芦屋道満を表していると言われています。
芦屋道満は阿倍晴明と同じ陰陽師で、芦屋道満のライバルとされています。(ただし実在したかどうかは不明です。)

④胎蔵界曼荼羅と金剛界曼荼羅

実はこの日、あべのハルカス美術館で開催されている西大寺展を見に行ったのです。
西大寺展では松井寺の種子両界曼荼羅図(胎蔵界)と久修園院の両界曼荼羅図(金剛界)が並べて展示されていました。

両界曼荼羅とは胎蔵界曼荼羅と金剛界曼荼羅ふたつの総称です。
胎蔵界曼荼羅と金剛界曼荼羅はたいていペアで制作されます。

↓ 胎蔵界曼荼羅です。(東寺)

Taizokai

https://commons.wikimedia.org/wiki/File%3ATaizokai.jpg
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/a2/Taizokai.jpg よりお借りしました。
作者のページを見る [Public domain], ウィキメディア・コモンズ経由で


文殊院


釈迦院






遍知院



中台
八葉院
持明院
虚空蔵院
蘇悉地院


「中台八葉院の周囲には、遍知院、持明院、釈迦院、虚空蔵院、文殊院、蘇悉地(そしつじ)院、蓮華部院、地蔵院、金剛手院、除蓋障(じょがいしょう)院が、それぞれ同心円状にめぐり、これらすべてを囲む外周に外金剛部(げこんごうぶ)院、またの名は最外(さいげ)院が位置する。これは、内側から外側へ向かう動きを暗示していて、大日如来の抽象的な智慧が、現実世界において実践されるさまを表現するという。」


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%A1%E7%95%8C%E6%9B%BC%E8%8D%BC%E7%BE%85#.E8.83.8E.E8.94.B5.E6.9B.BC.E8.8D.BC.E7.BE.85 より引用(図・文とも)


↓ 金剛界曼荼羅

File:Kongokai.jpg

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/b/b4/Kongokai.jpg?uselang=ja
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Kongokai.jpg?uselang=ja よりお借りしました。



四印会


一印会


理趣会


供養会


成身会


降三世会


微細会


三昧耶会

降三世
三昧耶会

中心になる成身会の中尊は金剛界大日如来(左手の人差し指を右手の拳で包み込む「智拳印」をむすぶ)である。大日如来の東・南・西・北には
阿閦(あしゅく)・宝生如来阿弥陀如来不空成就如来の4如来が位置する(大日・阿閦・宝生・阿弥陀・不空成就を合わせて金剛界五仏あるいは五智如来という)。各如来の東・南・西・北には四親近菩薩(ししんごんぼさつ)という、それぞれの如来と関係の深い菩薩が配されている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%A1%E7%95%8C%E6%9B%BC%E8%8D%BC%E7%BE%85#.E9.87.91.E5.89.9B.E7.95.8C.E6.9B.BC.E8.8D.BC.E7.BE.85 より引用(図・文とも)

大坂城 あべのハルカス16階より望む 

大坂城(中央区)


⑤セーマン・ドーマンは両界曼荼羅図を表している?

松井寺の種子両界曼荼羅図(胎蔵界)と久修園院の両界曼荼羅図(金剛界)が並んで展示されているのを見て、私は「これってセーマン・ドーマンに似てない?」と思いました。

セーマンの五芒星の形は、胎蔵界曼荼羅の同心円状に広がる世界をあらわしているようでもありますし
ドーマンの碁盤の目のような形は、升目の数は違いますが、金剛界曼荼羅の構成に似ていませんか?

南港大橋 夕景

港大橋(港区~住之江区)

通天閣 夕景 
通天閣(天王寺区)
これは阿倍野歩道橋橋の上から撮影しました。




まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。

毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!




にほんブログ村



 
[2017/09/17 13:41] 大阪 | トラックバック(-) | コメント(-)

岩湧寺 秋海棠 『役小角とはモーゼのことだった?』 

大阪府河内長野市 岩湧寺
2015年9月初旬 撮影


岩湧山を登っていくと、道端のあちこちに可憐な秋海棠の花が咲いていました。
秋海棠はまるで岩湧寺への道しるべのようです。

岩湧寺 参道 秋海棠 
↑ さらに歩いていくと秋海棠の大群生が!
  
岩湧寺 秋海棠 
↑ 岩湧寺の多宝塔が見えてきました。

①修験道の開祖・役小角が開いた岩淵寺

岩淵寺は大宝年間(701年~703年)に修験道の開祖・役小角(役行者)が開いたとされるお寺です。
修験道とは日本古来の山岳信仰に仏教・神道・儒教・陰陽道などを融合した日本独自の神仏習合の宗教のことです。

岩湧寺 多宝塔 秋海棠 


岩湧寺 白い秋海棠 

珍しい白い秋海棠の花


②山伏の頭巾はユダヤのヒラクティリーに似ている。


ユダヤ人のラビ(ユダヤ教聖職者)、トケイヤー氏は、京都で修験道の山伏さんの姿を見て『すっかり人生が変わってしまった』と記しておられます。
山伏の姿があまりにも『ユダヤ的』であるのに衝撃を受けたのだとか。

私はトケイヤー氏の驚きがわかります。
というのは、私もヒラクティリー(※文字をクリックするとリンク先が開きます。テフリンともいいます。)をつけて神に祈るたユダヤ人の写真を見て、びっくりしたからです。

↓ ヒラテクティリーは修験道の山伏さんの頭巾(ときん)に似ています~!

宝山寺 柴燈護摩供
 
宝山寺 般若窟柴燈大護摩供


 ③トケイヤー氏の日ユ同祖論


トケイヤー氏はこのほかにも、次のような指摘をされていました。

a.山伏は法螺貝を吹くが、ユダヤ人はショーファールという羊の角笛を吹く。

堂島薬師堂 鬼と山伏

堂島薬師堂 節分お水汲み祭


b.山伏もユダヤ人も山を聖なる修行の場としている。
c.山伏は錫杖を持っているが、旧約聖書に登場する大祭司アロンは『アロンの杖』を持っていた。
d.天狗は山伏の格好をし、赤ら顔で鼻が高いが、赤ら顔で鼻が高いのはユダヤ人的な顔立ちである。
 
行者祭 天狗と花火 

洞川温泉 行者祭に登場した天狗

e.天狗は手に山の上で神から授かった巻物『虎の巻』を持っている。
旧約聖書によればモーゼがシナイ山で神ヤーウェから授かった十戒が記された文書を『トーラー』と記されている。
『トーラー』は巻物の形態をしていたとされる。

f.祇園祭山鉾巡行は7月17日に行われるがノアの箱舟がアララト山に漂着したのも7月17日である。
祇園祭はノアの箱舟が漂着した日を祝う行事ではないか。

fについては以前の記事、京都駅ビル 祇園祭イルミネーション 『祇園祭とノアの方舟2』 に記したように、山鉾巡幸が7月17日になったのは新暦を用いるようになってからで、旧暦では6月17日に行っていたので、ノアの箱舟とは関係がないかも、と思います。

④キリスト教は5世紀ごろ、秦氏によって日本に伝えられた?

キリスト教が日本に伝来したのは1549年、フランシスコ・ザビエルによってとされていますが
5世紀ごろ、秦氏によってネストリウス派キリスト教が伝えられていた、とする説があります。
秦氏の氏寺・広隆寺は太秦寺といいますが、中国ではネストリウス派キリスト教寺院のことを大秦寺といいました。
太秦寺と大秦寺は点があるかないかの違いしかありません。

広隆寺

広隆寺


⑤役小角は日本版モーゼ?

もしかして虎の巻の語源はモーゼが神から授かった『トーラー』?

山伏が身につける麻の上下を鈴懸(すずかけ)というのですが、鈴はついていません。
それなのになぜ鈴懸というのか、ずっと疑問に思っていました。

旧約聖書に神ヤハウェがアロンに祭服について指示したという記述があります。
『上着にはカラフルな毛糸でつくったざくろの飾りと、金の鈴を交互につけなさい。』

もしかして鈴懸の語源はアロンの祭服?

一条戻橋

一条戻り橋(山伏は合成)


モーゼとはBC 13世紀ごろの人物で、ユダヤの民を率いてエジプトを脱出したとされる英雄です。
そのモーゼの像をミケランジェロが彫っていますが、なんと頭に角が生えています。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d1/Moses_%28Michaelangelo_-_San_Pietro_in_Vincoli_-_Rome%29.jpg

役小角という名前は頭に角が生えたモーゼからくるのかも?(つまり役小角は日本版モーゼ?)

金峯山寺 役行者 前鬼 後鬼 
金峯山寺 役小角・前鬼・後鬼像

役小角の像は角が生えていませんが、役小角は夫婦の鬼(夫が前鬼、妻が後鬼)を従えています。
上の写真の前鬼・後鬼は角が生えていませんが、前鬼・後鬼は角が生えた姿で表されることが多いです。

龍泉寺 前鬼 

↑ 洞川温泉 龍泉寺の前鬼像

龍泉寺 後鬼 

洞川温泉 龍泉寺の後鬼像 
女のはずなのにヒゲがはえてる~。私も生えてるけど。(え?)
※龍泉寺では狛犬のかわりに前鬼・後鬼の像が置かれていました。


※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。

毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!




にほんブログ村    



[2017/09/04 18:13] 大阪 | トラックバック(-) | コメント(-)

大阪市の渡し(千本松・落合下・落合上) 夕景 『今も現役!大阪の渡し』 

①水の都・大阪に今も残る渡し

かつて大阪は水の都といわれ、多くの川が流れていました。
現在は埋め立てられたり、暗渠にされたりして川もずいぶん減っていますが。
淀屋橋・肥後橋・心斎橋・京橋など橋のつく地名や駅が多いのはそのためです。
大阪の町には橋がたくさんありましたが、渡しもたくさんありました。
明治40年、大阪市内には29の渡船場がありました。
現在でも8か所の渡船場があり、大阪市が運営しています。

渡船場マップはこちら→ http://www.city.osaka.lg.jp/kensetsu/page/0000011244.html

大阪の千本松・落合下・落合上に今も残っている渡しを見にいきました。

②千本松渡船場


地下鉄岸里駅よりバスに乗って南津守で下車。徒歩5分で千本松渡船場に到着。

江戸時代、幕府はここに石の堤を築き松並木を植えたそうです。
千本松の名称はこれに由来します。
「摂津名所図会大成」に「右塘(つつみ)に数株の松を植列ぬるゆえに俗に木津川の千本松といふ洋々たる蒼海に築出せし松原の風景は彼の名に高き天橋立三保の松原などもほかならず覚ゆ・・・」とあります。

 千本松の渡しは大正時代の中頃に設けられたと考えられています。

運賃は無料です。
私も乗ってみました。1分ほどで向う岸の大正区に到着。

大正区側より見た千本松渡船場 ↓
 
落合下渡船場2

工場萌え~な風景です。

③落合下渡船場

千本松渡船場から歩いて落合下渡船場に向かいます。(バス便なし)

大正区側より見た落合下渡船場。 ↓

落合下渡船場 
船には座席はなくフラットになっています。
バイクはダメですが、自転車は乗船ok。

天保10年(1839年)の大坂湊口新田細見図にもここの渡しの記載があるそうです。

④落合上渡船場

落合下渡船場より再び船に乗って西成区側へ。
ここからまた歩いて落合上渡船場へ。(バス便なし。)

落合上渡船場 

船の上から京セラドームや木津川水門が見えました。

京セラドーム 

木津川水門   

⑤千本松大橋と渡し


あかん~、夕日が沈んでしまう~!
上落合渡船場(大正区側)よりダッシュで千本松渡船場へ戻り、船に乗りましたが、夕日は沈んでしまいました・・・。

夕日には間に合わなかったけど、今年一番の夕焼け空を見ることができました!

千本松渡船場  夕景 

船の上に架かっている橋は千本松大橋(通称 めがね橋)。
歩行者も渡ることができ、千本松の渡しは廃止が決定したのですが、住民たちの要望によって復活したそうです。

千本松大橋は航路高33mもあります。
大型船が運行するため、通常の橋は建てられなかったとのことです。

人々の生活に根付いた渡しが、いつまでもあってほしいなあ~。

千本松渡船場付近 


※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。





にほんブログ村    




 


[2017/08/09 10:08] 大阪 | トラックバック(-) | コメント(-)

久修園院 合成写真 夕景 『日本の地球球体説』 ※追記あり 


大阪府枚方市  久修園院
2015年7月 撮影


京阪電車の車窓から見える久修園院の風景をいつも楽しみにしていました。
ところが、あるとき久修園院の前にユンボなどの機械が置かれていました。
何か建物でも建てるんでしょうか?
建物が建ってしまうと、もう京阪電車の車窓から久修園院を見ることができません。
建物が建つ前にカメラにおさめておかねば!
そう考えて写真を撮りに行ったのですが・・・

ははは~。
なんともすごい写真~。
工事が始まる前に写真を撮っておいたらよかった~。 ↓


久修園院 

仕方ないので合成してみた。(汗) ↓

久修園院 合成 
①1680年ごろに作られた天球儀と地球儀

久修園院は725年に行基が開いたとされる古刹です。
1614年、大阪夏の陣で多くの堂塔が焼けましたが、1680年に石清水八幡宮大乗院の僧・宗覚律師が復興しました。

お寺には宗覚律師が作られた天球儀と地球儀があります。
1680年ごろ、すでに日本人は地球は球状であると認識していたのですね。

久修園院 夕景 
裏側から撮影。
建物が建ったら、空が見えなくなってこの風景も見ることができなくなってしまいますね。 


②地球球体説は南蛮貿易とともに日本に伝わった?

織田信長(1534年~1582年) が宣教師に地球が球体であることを教えられて納得したという逸話も残っており、地球球体説は南蛮貿易とともに日本に伝わったと考えられています。

③紀元前6世紀ごろよりあった地球球体説

地球球体説は紀元前6世紀ごろよりあり、アリストテレス (BC 384 年~BC 322 年) クラウディオス・プトレマイオス ( 90 年 ~ 168 年) ほか、大勢の科学者が地球は球体であると説いています。

その理由は次のようなものでした。

①海上から陸を眺めると、低い土地より高い山のほうが先に見える。
②陸から航海する船を眺めると、まず船のマストが見え、そのあと 船体が見える。
③北の方に移動すれば、 太陽は低くなり、北極星は高くなる。
④月食の際、地球が月に丸い影を落とす。

久修園院 夕景


④地球が球体であると考えていた日本人は昔からいたのでは?


うーん、とすれば織田信長よりもっと昔の時代から、地球が球体をしていると考えていた日本人がいたのではないかと思えます。
船乗りは星を航海の指標としていましたから、①~④のような現象が起こることはよく知っていたと思われます。
また流罪などで遠方へ旅をした経験のある人物なども地球が丸いことに気が付いていたかも?


久修園院 雪4 
↑ 2017年1月撮影。この時点では建物は建っていなかったのですが、今年の6月ごろまた工事をしていました。
今はどうなっているのかな?

 
※追記
最近、京阪電車に乗ったところ、スーパーができていました。
残念ながらもう京阪電車の車窓から久修園院を見ることはできません。




※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。

毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!




にほんブログ村   








[2017/07/31 00:58] 大阪 | トラックバック(-) | コメント(-)

山田池公園 花菖蒲 夕景 『なぜアイリスは虹と結び付けられたのか?』 

大阪府枚方市 山田池公園
2017年6月18日 撮影


山田池公園 花菖蒲5

 ①アイリスは虹の女神の名前だった。

ギリシャ神話にこんな話があります。

イーリスは太陽神ゼウスの妻・ヘラの侍女として仕えていました。
ところがイーリスを気に入ったゼウスは、何度もイーリスに求婚します。
困ったイーリスはヘラに「遠くへ行かせて下さい」と頼みました。
ヘラは七色に輝く首飾りを与え、イーリスに「使者となりなさい」と命じ、神の酒三滴をイ―リスの頭にふりかけ、虹の女神に変えました。
そのとき酒のしずくが地上に落ちてアイリスの花が咲きました

イーリスは虹を架け橋として天上と地上を行き来しました。

アイリス(あやめ)という名前はこの虹の女神・イーリスからつけられたと言われます。

山田池公園 花菖蒲4

②アイリスはなぜ虹と結び付けられたのか?

なぜ、アイリスは虹の女神の名前がつけられたのでしょうか?
それはもちろん、①のギリシャ神話によるものですが、
そもそもギリシャ神話はなぜ虹の女神とアイリスを結び付けているのでしょうか?
どんな花でもよくて適当にアイリスを虹の女神と結び付けたというわけではなく、アイリスが虹にふさわしい特徴を持っているためではないかと思うわけです。

山田池公園 花菖蒲3 
③アイリスは虹のように様々な色がある?

調べてみたところ、アイリスの花の色が虹のように様々な色があるから、と説明されたサイトがありました。

ウィキペディアに様々なアイリス属の写真がありました。↓

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A4%E3%83%A1%E5%B1%9E#.E3.82.AE.E3.83.A3.E3.83.A9.E3.83.AA.E3.83.BC

虹のように様々な色があるかな?

全ての種類のアイリスの写真が掲載されているわけではないと思いますが、
少なくともここの写真を見る限り、虹のように様々な色があるということはないように思えます。
ほとんど紫か黄色ですね。

山田池公園 花菖蒲6

③虹彩のこともアイリスという。

虹彩(目の色のついた部分)のこともアイリスといいます。
なぜ虹彩のことをアイリスというのでしょうか?

知恵袋の回答に次のようにありました。

Irisといえばギリシャ神話の虹の女神。
光の量を調節して網膜に届けるこの器官を、虹の女神から借用した名前で呼んだのです。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1115950486 より引用

山田池公園 花菖蒲2

④杉田玄白は虹彩を島晴と呼んだ。

また、次のようにも記されています。

日本で最初の精密な解剖学書として知られる杉田玄白・著の「解体新書」では、黒目の部分を海に浮かぶ島になぞらえて「島晴」として訳しているそうです。
しかし、解体新書の元となったのオランダ語の書"Ontleedkundige Tafelen(日本語通称:ターヘル・アナトミア)"では、上記のとおりirisと表記されています。
これを踏まえて、杉田玄白の弟子、大槻玄沢は自著の「重訂解体新書」にて、黒目の名称を「虹彩」と改めています


https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1115950486 より引用

この回答者さん、博識ですね!

山田池公園 花菖蒲

⑤アイリスは水中の架け橋?

杉田玄白が虹彩を水に浮かぶ島になぞらえて「島晴」と訳しているのが興味深いです。
アイリスは水中や湿地に育つものが多いです。
山田池公園の花菖蒲も池の中で栽培されています。

日本神話・因幡の白兎では、サメが並んで作った橋の上をうさぎが渡るという話がありますね。

古代ギリシャ人は、水中に咲くアイリスを架け橋(虹)とみなしたのかも?

山田池-夕景

山田池


コピースタンプで鉄塔を消したかったけど、うまく消せなかった~。



 ※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・旅 free style もよろしくお願いします~。

毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!





にほんブログ村





[2017/06/29 13:20] 大阪 | トラックバック(-) | コメント(-)

四天王寺 紫陽花 『迹見赤檮(とみのいちい)とは弓を擬人化したものだった?』 


大阪市天王寺区 四天王寺
2017年6月13日 撮影


四天王寺 紫陽花2

①四天王寺は物部守屋の土地と奴婢をもちいて建立された。

587年、廃仏派の物部守屋vs崇仏派の蘇我馬子の戦争がありました。(丁末の乱)
聖徳太子は蘇我馬子側に参戦していました。
戦争は蘇我馬子が勝利し、聖徳太子は物部守屋の土地と奴婢をもちいて四天王寺を建立したのです。

もりやほこら

四天王寺の境内には守屋祠があり、物部守屋が祀られています。

②聖徳太子が中に隠れた木はなぜ椋の木なの?

聖徳太子は弓矢で射られそうになったとき、椋の木の中に隠れて難を逃れたという伝説があります。

大聖将軍寺 神妙椋樹 

大聖将軍寺 神妙椋樹

上の写真は大聖将軍寺(大阪府八尾市)の神妙椋樹です。
聖徳太子が椋の樹の中に隠れたという伝説をあらわしたものですね。

昔の人は現代人とはくらべものにならないくらい鋭い自然観察眼を持っていたと思います。

現代人は例えば「ひまわり」だったら、夏休みをイメージしたり、その黄色い色から元気のよさをイメージしたりするぐらいが限界です。

でも昔の人は違います。

なぜ、聖徳太子が椋の木に隠れたという伝説を作ったのか。
それは椋の木は樹洞ができやすいという性質があることを、知っていたからだと思います。

四天王寺 紫陽花4

②守屋はなぜ樹洞に隠れることができなかったのか。

一方、物部守屋は榎の木に登り指揮をしていたところを弓で射られて死亡したとされます。

http://www.jugemusha.com/jumoku-zz-enoki.htm(榎の写真が掲載されています。)

聖徳太子が中に隠れたという椋は榎に似ているので、椋榎とも呼ばれます。
姿形は似ていても、榎は樹洞ができにくいのではないかと思います。
(ウィキペディアには「椋は樹洞ができやすい」と説明がありますが、榎についてはそのような説明はありませんので)

そういうわけで、同じように弓矢で射られても、聖徳太子は近くにあったのが椋の木だったため樹洞の中に隠れることができ、守屋は榎に上っていたので樹洞がなく、中に隠れることができず死んでしまったという話が作られたのではないでしょうか。

四天王寺 紫陽花3

③迹見赤檮(とみのいちい)とは弓を擬人化したもの?

榎の木の上にいる守屋を弓で射たのは迹見赤檮(とみのいちい)だとされます。
迹見赤檮は彦人皇子または聖徳太子の舎人とされます。

でも、この迹見赤檮(とみのいちい)という名前は偽名っぽいなあ、と思います。

イチイという樹がありますね。

イチイは学名をtaxus cuspidataといいますが、taxusはギリシャ語で「弓」、 cuspidataは「急に尖った」という意味だそうです。
ヨーロッパではロングボウという弓をイチイの木で作るそうです。

イチイの木を用いると、張力がある強力な弓が作れるそうです。

日本では竹と木を組み合わせた複合弓のほか、丸木弓も用いられていたようです。
もしかしたら、イチイを用いた弓が作られていたのかもしれません。

迹見赤檮(とみのいちい)とは弓を擬人化したものなのかも?

四天王寺 紫陽花

④アイヌのイチイの弓

アイヌではイチイを使って弓を作っていたようです。

アイヌとは北海道・樺太・千島列島・カムチャッカ半島に住んでいた民族で、蝦夷(かつて関東・東北・北海道に住んでいた大和朝廷に従わない民)と関係があるのではないかとする説もあります。

また、物部氏の祖神・ニギハヤヒを神として奉じていたナガスネヒコ(別名トミヒコ)は、日向からやってきた神武に敗れ、
トミヒコの兄のアビヒコが東北に逃れたのが、蝦夷の安倍氏だともいわれます。

アイヌとは蝦夷であり、また神武や蘇我氏に敗れた物部氏だと考えるのは、あまりにトンデモかなあ?

迹見赤檮(とみのいちい)の迹見(とみ)とはナガスネヒコの別名・トミヒコからくるもので
アイヌであり、蝦夷であり、物部氏であるトミヒコの弓矢で、物部守屋は射られたということだったりして?

四天王寺 夕景 合成 




 ※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・旅 free style もよろしくお願いします~。

毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!





にほんブログ村





[2017/06/22 10:56] 大阪 | トラックバック(-) | コメント(-)

一心寺 ジャカランダ 『後白河法皇は夕日の中に何を見たのか』 

大阪市天王寺区 一心寺
2017年6月13日 撮影

一心寺 ジャカランダ 
一心寺

①源空庵は日想観を修する草庵だった?


1185年春、浄土宗の開祖・法然は四天王寺西門の坂に源空庵という草庵を結びました。
法然がここに草庵を結んだのは、四天王寺別当・慈円の要請を受けたためで、これが一心寺の始まりだといいます。
その後、後白河法皇’(1127~1192)がここを訪れて法然とともに日想観を修したといいます。

 一心寺 仁王門

一心寺

日想観とは、 西に沈む太陽を見て、その丸い形を心に留める修行法だということです。
極楽浄土は西方にあると考えられており、日想観はその極楽浄土を拝むという意味合いがあったのでしょう。

歌人の藤原家隆も1236年に病を患って出家し、このあたりに夕日庵を結んで日想感を行ったと伝えられます。
現在、夕日庵の跡地には家隆塚があります。

家隆塚  
家隆塚

ここから考えて、法然が結んだ源空庵は、日想観を修するための草庵であったと考えられます。

②かつて上町台地から海に沈む夕日が見えていた。

このあたりは上町台地と呼ばれる高台で、逢坂・愛染坂・口縄坂など多くの坂があります。

口縄坂 夜景

口縄坂

今これらの坂の上にたって西の方角を望むと、林立するビル群が見えるばかりで、海は全く見えません。
ですが、かつては林立するビル群のあたりは海であり、海に沈みゆく夕日が見えたというのですね。

赤い夕陽
 

上の写真は淡路島慶野松原の夕景ですが、かつて一心寺付近の坂の上に立つとこんな感じの風景が見えていたのではないかなあと想像します。

それが長い年月を経る間に大和川や淀川などの川が運ぶ土砂が堆積し、海が陸に変わってしまったそうです。

一心寺 ジャカランダ2 

一心寺


③西方極楽浄土へ旅立った安徳天皇と平家


さて、なぜ法然は日想観を修するためと考えられる源心庵をここに作ったのでしょうか。

源心庵を設けた1185年、壇ノ浦の戦いで平家は源氏に敗れ、滅亡しています。
もはやこれまでと悟った平家の人々は次々に海に飛び込んで自殺してしまったのです。

平家物語には次のように記されています。

安徳天皇「どこへ行くの?」
平時子「弥陀の浄土へまいりましょう。波の下にも都があるのですよ。」

こうして安徳天皇(父・高倉天皇、母・平徳子)は祖母の平時子に抱かれて入水しました。


安徳天皇と平家は西方極楽浄土へ向かったのです。




上の地図を見てください。
源空庵(現在の一心寺)があったのは【大阪】の文字があるあたりです。
壇ノ浦古戦場跡は源空庵から見て、少し南にずれますが、ほぼ西の方角にあたります。

つまり、源空庵は壇ノ浦の戦いで入水した平家の霊を日想観を修することによって慰霊するために作られたのではないかと思うわけです。

源空庵で後白河法皇と法然は、壇ノ浦の波の下にある都=弥陀の浄土に沈んだ平家の霊と、安徳天皇の霊を慰霊するために
日想観を行ったのではないかと。

壇ノ浦の戦いで平家が滅んだあと、後白河法皇は源氏の指揮官だった源義経を院御厩司に任じています。
平家滅亡には後白河法皇もからんでいたわけです。

耳無し芳一の説話は、平家の怨霊が信仰されていたことを物語るものでしょう。
後白河は相当平家の霊を怖れたことでしょうね。

一心寺 骨仏 
一心寺 開眼されたばかりの第14期骨仏(平成19年から28年までに納骨された骨で作られた仏さまです。)


④半日で完成した鴨長明の庵

源空庵が作られたのは1185年春とウィキペディアは記しています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E5%BF%83%E5%AF%BA#.E6.B2.BF.E9.9D.A9
「1185年春」の出典は記されておらず、また春が旧暦なのか新暦なのかわかりません。

壇ノ浦の戦いがあったのは、1185年4月25日ということです。
4月25日は新暦では春ですね。

旧暦では3月24日となります。

旧暦では1月・2月・3月が春、4月・5月・6月が夏、7月・8月・9月が秋、10月・11月・12月が冬でした。
旧暦3月24日はぎりぎりで春、あと1週間足らずで夏になります。

壇ノ浦の戦いからわずか1週間しかないやん!
その間に庵を結ぶなんて無理、無理!

と思うかもしれませんが、これがそうでもないんですよ~。

方丈記で有名な鴨長明(1155~1216)が住んでいた庵は組み立て式で車二輌で運搬可能だったそうです。
この庵は2~3人の大工さんがいれば半日で組み立て可能だったとか。

河合神社 復元された鴨長明の方丈

河合神社にある復元された鴨長明の方丈


 ※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・旅 free style もよろしくお願いします~。

毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!





にほんブログ村



[2017/06/14 20:05] 大阪 | トラックバック(-) | コメント(-)

葛井寺(ふじいでら) 藤 『725年に何があった?』 

 
大阪府藤井寺市・・・葛井寺
2007年5月初旬 撮影


葛井寺 藤 

①1041本の手を持つ観音さま


毎月18日に天平時代の乾漆千手観音坐像(十一面千手千眼観世音菩薩像)が開扉されます。
(写真→ 
国宝ですよ~♪

千手観音の腕は四十二本のものが多いです。
胸前で合掌する2本の手を除いた40本の手が、それぞれ25の世界を救うと考えられ、「25×40=1,000」というわけです。
なんか、ずるい。(笑)

ですが実際に1000本の腕を持つ像として作られたものもあります。
奈良・唐招提寺、京都寿宝寺の千手観音などがそうです。 

ここ葛井寺の千手観音は合掌する本手のほか、脇手は持物をもつ大手38本、小手1001本(右500本、左501本)で1041本の腕を持っています。
顔立ちもとても美しくて私のもっとも好きな仏像のひとつです。

葛井寺 白藤 

②葛井氏と阿保親王・在原業平の関係


寺伝では、葛井寺は聖武天皇の勅願により725年に行基が創建し、平安時代に平城天皇の皇子・阿保親王が再興したとしています。

平城天皇は同母弟の嵯峨天皇と対立して810年「薬子の乱」をおこした方ですね。
平城天皇は嵯峨天皇に敗れて出家され、平城天皇の皇子・阿保親王は「薬子の乱」に連座したとして大宰府に左遷されました。
824年、ようやく許されて帰京したあと、桓武天皇の皇女・伊都内親王を妃としました。
826年、阿保親王は自らの子供たちの臣籍降下を願い出て認められ、在原姓を賜りました。
そのひとりが在原業平です。

しかし、百済辰孫王の後継氏族である白猪氏(のち葛井に改名)の氏寺として創建されたとも考えられています。
阿保親王の母親は葛井道依の娘の葛井藤子でした。
そのため、阿保親王が再興したなどといわれているのかもしれませんね。
また、在原業平が奥の院を造営したともいわれます。

葛井寺 藤2
③こんなにある!725年に行基が創建した寺。

葛井寺の創建が725年と聞いて、私は「また725年やー!」と思いましたね。
というのは、725年に行基が創建した寺と言うのが結構たくさんあるんです。

私が参拝したお寺では、奈良県御所市の船宿寺や大阪府枚方市の久修園院なども行基が725年に創建したお寺でした。

船宿寺 本堂 大手毬

船宿寺

久修園院 夕景 

久修園院

かつて久修園院の近くにあった山崎橋も行基が725年にかけたといわれています。

橋本渡舟場 道標 

山崎橋がなくなったあと、渡しがあったようですが、現在は山崎橋も渡しもありません。

あと、静岡県袋井市の尊永寺も725年行基の創建としています。

行基の創建とはしていませんが、宇佐八幡宮(大分県)や新田神社(鹿児島県)も725年の創建です。
もっと調べれば他にも725年創建の寺社があるかもしれません。
もし御存知でしたら教えていただけると嬉しいです!

③725年に何があった?

いくら行基が精力的な人物であったとしても、同じ年に奈良県御所市・大阪府藤井寺市・大阪府枚方市・静岡県袋井市に寺を建て、山崎橋までかけるのは無理じゃないでしょうか。
場所も離れてるし~。

少なくともこれらの寺や橋が725年につくられたというのは事実ではなく、
何かの縁起担ぎで創建年を725年としたのではないかと思います。

725年には国家にとって何か重大なことがあったのではないでしょうか?

④蝦夷の反乱


724年に蝦夷が反乱を起こし、陸奥大掾・佐伯児屋麻呂が殺害されています。
4月、藤原宇合が持節大将軍に任命され反乱の鎮圧に向かい、11月に戻っています。
725年、藤原宇合は功績を認められて従三位・勲二等を受けたということは、蝦夷の乱は一応鎮圧できたということでしょうか。
でもまあ、その後も蝦夷はたびたび反乱をおこしていますけどね。

724年には朝廷は蝦夷鎮圧の軍事的拠点として多賀城(宮城県)を創建しています。

725年に行基が創建したとされる寺は、蝦夷の怨霊封じのために作られたのかも?



※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。

毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!









[2017/05/26 00:00] 大阪 | トラックバック(-) | コメント(-)