おふさ観音 薔薇 『地上と水中の世界をつなぐ亀』 


奈良県橿原市 おふさ観音
2018年5月20日 撮影

おふさ観音 薔薇

①白い亀の背中に乗った観音様


かつて、おふさ観音の本堂がたっているあたりは大きな池で、池は鯉ヶ淵と呼ばれていました。
1650年4月、お房という娘が、鯉ヶ淵のそばを歩いていると、白い亀の背中に乗った観音様が現れました。
そこでお房が池のそばに小さなお堂を建てたのが、おふさ観音の始まりとされます。

境内には鯉の池、亀の池というふたつの池がありますよ。

鯉の池は鯉ヶ淵から、亀の池は鯉ヶ淵から亀の背中に乗った観音様が現れたという伝説からネーミングされたものでしょう。

おふさ観音 鯉の池 
鯉の池

おふさ観音 亀の池 
亀の池

②総持寺にも現れた亀に乗る観音

大阪府茨木市にある総持寺にも亀に乗った観音様の伝説が伝えられています。

この寺は平安時代に藤原山蔭によって創建されたのですが、
山蔭の父親が漁師から買い取った亀を逃がしてやったところ、船から落ちた山蔭を背中に乗せて現れたというのです。

この話は『今昔物語集』にも記されています。

亀に乗った観音が現れたのは、おふさ観音が江戸時代、総持寺が平安時代なので、総持寺の話のほうが先ということになりますね。

おふさ観音 薔薇2 

③浦島太郎伝説

亀といえば浦島太郎伝説を思い出しますね。
浦島太郎は助けた亀に竜宮城に連れてこられ、海神の娘・乙姫と恋に落ちますが、ホームシックになって地上に戻ります。
そして乙姫からもらった玉手箱をあけると煙がもくもくと立ち上り、浦島太郎はおじいさんになってしまいます。

これが一般的によく知られている浦島太郎伝説です。
しかし、浦島太郎伝説のルーツと考えられる御伽草子の話は若干違うようです。

太郎が助けた亀が美しい女性に変身して小舟に乗って現れ、竜宮城につれていきます。
太郎は3年竜宮城で過ごしましたがホームシックになり家に戻ります。
しかし家はなく、太郎が竜宮城にいってから700年もたっていました。
そして女性からもらった箱をあけると紫色の煙が3本たち、太郎は鶴になってしまいます。
「カメは私が年をとらないよう箱の中に私の年を入れてくれていたんだ。
そして万が一箱をあけてしまった場合、年をとって死んでしまわないように千年生きる鶴の姿に変身できるようにしてくれていたんだ。」
浦島太郎は丹後の国に祀られ浦島明神として祀られました。
また竜宮城の亀もあらわれ、夫婦神として祀られました。

ソースはここ → http://ほのぼのスタイル.com/2016/12/20/urasimatarou/

おふさ観音 薔薇3

④海幸彦・山幸彦

浦島太郎伝説はさらに奈良時代に編纂された記紀(古事記・日本書紀)にある海幸彦・山幸彦の話までそのルーツをさかのぼることができるでしょう。

山幸彦が海幸彦の釣り針をなくしてしまい困っていたところ、塩椎神のアドバイスを得て小舟にのって綿津見神宮(わたつみのかみのみや)にいきます。
海神は山幸彦を温かく迎え、山幸彦は海神の娘・豊玉姫と結婚します。
3年たって山幸彦は、豊玉姫に失くした釣針と、潮盈珠(しおみつたま)と潮乾珠(しおふるたま)を貰って地上に戻ります。
そして潮盈珠をつかって海幸彦をおぼれさせ、海幸彦が許しをこうと潮乾珠で潮をひかせました。

おふさ観音 薔薇4 

⑤亀は地上と水中をつなぐ

どうも亀は地上と水中の世界をつなぐ乗り物であると考えられていたようですね。
それは水中を泳ぐこともできるし、陸上を歩くこともできるという亀の特性によるものだと思います。
本当に昔の人の自然観察眼はすごいですね。

J-popsでは歌詞の中で深い意味なく花の名前を使ったりします。
意味がある場合でも、鳥=羽ばたく、桜=はかない(すぐ散ってしまうので)など安直(すいません!)なものが多いです。
桑田佳祐さんがマチルダという薔薇を女性器に喩えたり、aikoさんが甘い香りに誘われるカブトムシ(果物などを好みます)を恋する女性に喩えたりみたいなのはありますが
亀を地上と水中をつなぐ乗り物ととらえるほどの繊細な感覚はありません。(すいません)

私の考えでは、古代人は次のようにもとらえていたのではないかと思います。

●鹿→謀反人→謀反の罪で殺された人は塩を振られることがありました。鹿の夏毛の斑点を塩に喩えたのでしょう。

大仏殿 鹿 
●ジンベエザメ(えびすザメ)→ジンベエザメがやってくると鰯やカツオもいっしょにやってきて大漁になることからえびすザメと呼ばれたのではないでしょうか。
海遊館  『じんべえさまと鹿の共通点は?』 

海遊館 ジンベエザメ2

●土蜘蛛→斬首された人→昆虫は頭部・胸部・腹部の3つのパーツで構成されますが、蜘蛛は頭胸部・腹部の2つのパーツで構成されます。昔の人は蜘蛛を頭部のない昆虫だと考えたのではないでしょうか。
梨木神社 萩 『浮穴媛のこどもたち』 

蜘蛛の体 

●獏(マレーバク)→体が黒と白の2色なのが、陰陽に喩えられたのでは。それで悪い夢(陰)を食べてよい夢(陽)に転じるなどと考えられたのではないでしょうか?
山中渓駅 桜 パンダ列車 『パンダはなぜ獏と同一視されたのか?』 



動画お借りしました。動画主さん、ありがとうございます!

おふさ観音 絵馬 



 まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。

毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!




にほんブログ村







スポンサーサイト

[2018/05/26 01:01] 奈良県 | トラックバック(-) | コメント(-)

松尾寺 薔薇 『フランケンシュタイン・トルソーの謎』 

奈良県大和郡山市 松尾寺
2018年5月20日 撮影

松尾寺 薔薇 

①女握りの拳印を結ぶ大黒天

七福神の大黒天といえば、こんな ↓ お姿をされているのが一般的ですね。(写真向かって右が大黒天。向かって左は蛭子神。
長田神社にて)

長田神社 蛭子と大黒 
松尾寺の大黒天はこれとは全く異なるお姿をされています。

一般的な大黒天はベレー帽のような頭巾を被り、袋と打ち出の小槌をもって米俵の上に立っていますが
松尾寺の大黒天は烏帽子をかぶり、左手に袋はもっていますが、右手は打ち出の小槌はもたず、腰にあてています。
また米俵ではなく、八角形の台にのっており、鋭い形相でにらみつけています。

写真はこちら→ https://www.city.yamatokoriyama.nara.jp/ourcity/history/shiseki/000193.html

上の写真のような大黒天は江戸時代に作られたものです。
松尾寺の大黒天は鎌倉時代に作られた古いもので、当時はこのような様相の大黒天が作られたそうです。

興福寺・東大寺・法華寺などにも同様の像があるとのこと。

写真ではわかりにくいですが、松尾寺の大黒天は親指を人差し指と中指の間から覗かせた女握りの拳印を結んでいると聞きました。

松尾寺 七福神堂 百合2 

百合のつぼみはまだ固く見ごろはもう少し先のようです。(写真は以前に撮影したもの)

②七福神堂に聖徳太子像?


今回、時間がなかったので七福神堂を参拝しなかったのですが、確か七福神堂には笏を持った聖徳太子像のような像もあったと思います。
蛭子神だったかな?(記憶があいまいですいません!今度参拝して確認してきます。)

「聖徳太子に似ていますが、当時の人はみな聖徳太子のような恰好をしていたので同じような像がつくられたのではないか」と説明をうけた記憶もあります。

ネットをぐぐっていると、「七福神堂に聖徳太子像が安置されていた。」と書かれたブログ記事もありました。
寺では七福神の一、蛭子神(だったかな?)としておられるようですが、やはり普通に見ると聖徳太子像だと思ってしまうんですね。

私はその笏を持った像は、そのブログ記事にあるように聖徳太子像ではないかと思いました。
というのは、松尾寺は聖徳太子が建てたと伝わる法隆寺の奥の院だとされているからです。
 あー、でも記憶が間違っているかも~。
その点、ご了承くださいね!(すいません!)

松尾寺 薔薇2
③フランケンシュタイン・トルソー

秘仏のため拝観できなかったのですが、宝蔵殿には焼け焦げた千手観音トルソーがあるそうです。
http://www.matsuodera.com/special.html

トルソーとは胴体部分のみ彫刻したもののことをいいます。
ブティックなどで洋服をディスプレイするために顔や手足のないマネキンに服を着せたりしますが、ああいうのもトルソーといいますね。

近年、本堂の修理をした際、白い布でグルグル巻きにされた状態で発見されたものだそうです。
旧本尊と推定されています。

こんなことをいうと怒られるかもですが、白い布でグルグル巻きって、フランケンシュタインじゃないですか~。

松尾寺 薔薇5

実は松尾寺のトルソー以外にもフランケンシュタイン状態で発見された仏像があります。
法隆寺夢殿の救世観音です。

松尾寺は法隆寺の奥の院だったということを思い出してください。
みほとけをフランケンシュタイン状態にするのは、法隆寺に関係する寺の伝統なのかな?

法隆寺夢殿は開扉すると大地震がおこると伝えられていて長年開かれたことがありませんでした。
明治時代になってフェノロサが夢殿の扉をあけて調査したところ、白い布でぐるぐる巻きにされたフランケンシュタインのようなものを発見。
丁寧に布をほどいたところ、中から金色に輝く救世観音が現れたのです。
救世観音との出会いがよほど衝撃的だったのか、フェノロサは後にキリスト教を捨て、仏教徒に改宗しています。

GUZE Kannon Horyuji

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:GUZE_Kannon_Horyuji.JPG
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/e/e8/GUZE_Kannon_Horyuji.JPG よりお借りしました。
作者 Tokyo Bijutsu Gakko [Public domain], ウィキメディア・コモンズ経由で


幾重にも巻き付けられた布の中から現れた救世観音は聖徳太子等身大の像と伝わります。
すると法隆寺の奥の院・松尾寺で発見されたフランケンシュタイン・トルソーもまた聖徳太子等身大の像?



松尾寺 薔薇4


松尾寺 薔薇3
  

 

※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。

毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!





にほんブログ村    



[2018/05/24 13:30] 奈良県 | トラックバック(-) | コメント(-)

唐招提寺 うちわまき 舞楽 黄菖蒲 菖蒲 『蚊の妖怪・紫女』 


奈良市 唐招提寺
うちわまき 5月19日

唐招提寺 うちわまき

①蚊遣り火

そろそろ蚊のシーズンがやってきますね。
先日、我が家でも蚊がぶんぶんと飛んでおりまして、蚊取り線香をたきました。
この蚊取り線香ができたのは1890年のことで、大日本除虫菊株式会社の創業者・上山英一郎さんが開発したんだそうです。

それ以前の日本では、蚊遣り火(かやりび)を用いて蚊を駆除していました。
よもぎの葉、カヤの木、杉や松の青葉などを火にくべて煙をたたせることで蚊を追い払うのだとか。

唐招提寺 振鉾

蚊遣り火の週間は平安時代ごろからあったようで、鎌倉時代の文献にも登場します。

六月(みなづき)の頃、あやしき家に夕顔の白く見えて、蚊遣火ふすぶるもあはれなり 徒然草/吉田兼好
(六月ごろ、みすぼらしい家に夕顔が白く咲いているのが見え、蚊遣火がくすぶっている情景をみるとしみじみとした気持になる。 )

かやり火の けぶりのあとや 草枕 たちなんのべの かた見なるべき 藤原定家
(蚊遣り火の煙のあとよ、旅をして一夜野宿をした その形見のようにみえる。)


※現代語訳、まちがっているかもです。(汗) 

唐招提寺 舞楽 陪臚

このように古くから蚊遣り火の習慣があったのですが、鎌倉時代の唐招提寺の僧・覚盛上人(かくじょうしょうにん)は蚊遣り火を焚かなかったのかもしれません。

というのは、覚盛上人は殺生を好まず、自分を刺した蚊さえ殺さなかったというのです。
蚊遣り火には殺虫効果はなさそうなので、もしかしたら焚いたかな?

覚盛没後、教えを受けた法華寺の尼僧たちが「せめてうちわで蚊を払ってほしい」と霊前にうちわを供えたという話が伝えられています。
うちわまきの行事はこれにちなむものとされます。

唐招提寺 うちわ 
②紫女は蚊の妖怪?


以前、こちら ↓ の記事に「妖怪・紫女」について書きました。
国営ひたち海浜公園 ネモフィラ 『吸血鬼 紫女』 

妖怪・紫女とねんごろな仲になった男は血を吸われてげっそりと痩せてしまい、最後には死んでしまうといわれます。

紫女とは蚊の妖怪だとも考えられますね。血を吸う蚊はメスなので。

唐招提寺 舞楽 蘭陵王 



③覚盛は法華寺の尼僧(紫女)に血を吸われて死んでしまった?

すると法華寺の尼僧たちが霊前にうちわを供えた、というのが気になります。

法華寺は尼寺なので、当然尼僧ばかりがいるお寺なわけです。
法華寺の尼僧は紫女で、覚盛は法華寺の尼僧(紫女)に血を吸われて死んでしまったということなのかな?

またうちわとは人の心や霊をまねく呪具でもありました。
法華寺の尼僧たちは覚盛の心を自分たちのほうにむけるためにうちわを奉納したんだったりして?

唐招提寺 舞楽 納曽利

④鑑真の再来・覚盛と光明皇后

覚盛は、奈良時代に唐招提寺を創建した鑑真の再来ともいわれています。
そして法華寺は光明皇后が創建したお寺です。

覚盛=鑑真、法華寺の尼僧=光明皇后
で、光明皇后が鑑真の血を吸って殺しちゃったという話だと考えるのはあまりにもトンデモ?

唐招提寺 黄菖蒲

いやいや、そうでもないかもですよ。
光明皇后は甥の藤原仲麻呂を寵愛していたといいます。
その藤原仲麻呂のあとおしを受けて、淳仁天皇が即位しています。

758年、淳仁天応は鑑真を大和上とし、僧綱の任を解きました。
僧綱とは仏教の僧尼を管理する役職です。
ウィキペディアには次のように記されています。

「政治にとらわれる労苦から解放するため僧綱の任が解かれ、自由に戒律を伝えられる配慮がなされた。」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%91%91%E7%9C%9F より引用

なんでもものはいいようでしてね、「政治にとらわれる労苦から解放するため」といいますが、実は「鑑真に僧尼を管理させないため」とも考えられませんか。


鑑真が日本にやってきたのは754年ですから、758年はそれからまだ4年しかたっていません。
それなのに役職を解かれてしまったのは、鑑真にとって残念なことだったのではないでしょうか?

そして、それは僧尼の人事を自分の思いのままにしたいという藤原仲麻呂の意思によるものであり
そのため藤原仲麻呂を寵愛していた光明皇后が鑑真を不幸に追い込んだと考えられたのかも?

唐招提寺 菖蒲 


※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。

毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!





にほんブログ村    

 

[2018/05/21 13:38] 奈良の祭 | トラックバック(-) | コメント(-)

當麻寺 二十五菩薩練供養 『二十五菩薩練供養は聖徳太子信仰からくる?』 

奈良県葛城市 當麻寺
二十五菩薩練供養 5月14日 2019年より4月14日に変更

當麻のお練り4


當麻のお練り2

當麻のお練り 

①二十五菩薩練供養は聖徳太子信仰からくる行事?

當麻寺は当麻皇子が創建したと伝わります。
当麻皇子は麻呂子皇子ともいい、聖徳太子の異母弟です。

奈良県橿原市には久米寺があり、こちらは聖徳太子の同母弟・久米皇子が創建したといわれています。

當麻寺と久米寺ではどちらも二十五菩薩練供養を行っています。


久米寺 二十五菩薩練供養 
久米寺

そこで閃いたんですが、二十五菩薩練供養とは聖徳太子信仰からくる行事なのではないでしょうか?

②夕日が沈む二上山。そして二上山の向こうにある太子廟。

當麻寺は二上山の東にあり、奈良から見ると夕日は二上山に没します。
そして二上山の西、大阪府太子町の叡福寺境内に太子廟があります。

太子廟

太子廟

つまり、二上山の向こう側へ没する太陽は聖徳太子の霊であり、聖徳太子の霊を西方浄土に住む二十五菩薩が迎えにくると、そういう信仰から生じた行事なのではなかと思うわけです。

當麻寺には二十五菩薩が中将姫を迎えにくるという伝説があり、二十五菩薩練供養はその伝説に基づく行事とされます。
中将姫とは女性版・聖徳太子として創作された人物なのではないでしょうか?

③四天王寺の日想観

聖徳太子が創建した寺といえば四天王寺ですね。

四天王寺 夕日 

四天王寺

四天王寺の西はかつては海に面しており、海に沈む夕日を眺めることができました。
そして夕日を拝する日想観がさかんに修されていました。
夕日は聖徳太子の霊そのものとして信仰されたのではないでしょうか。

④大念仏寺には聖徳太子信仰があった?

四天王寺の南の平野区に大念仏寺があります。
大念仏寺は1127年、良忍上人が四天王寺に立ち寄った際、聖徳太子から夢のお告げを受けて創建したお寺です。
そして、この大念仏寺でも二十五菩薩練供養が行われています。

大念仏寺 練り供養 
大念仏寺



あと、二十五菩薩練供養を行っている寺に京都東山区の泉涌寺の塔頭・即成院があります。

即成院 二十五菩薩練り供養 

即成院

直接聖徳太子信仰を思わせるものは見つかりませんでしたが、同じ泉涌寺の塔頭に悲田院があります。
非田院とは身寄りのない老人や子供、病人のための福祉施設で、聖徳太子が初めて作ったといわれています。

當麻のお練り 子供のお坊さん2 

當麻のお練り お稚児さん 

 當麻のお練り-お坊様 
當麻のお練り 雲の上の菩薩   
菩薩のマーチングバンド


 


※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。

毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!





にほんブログ村    

 



[2018/05/18 23:34] 奈良の祭 | トラックバック(-) | コメント(-)

新日吉神宮 神幸祭 『秀吉の廟を守護する三番叟猿?』 


京都市東山区 新日吉神宮
神幸祭 5月第2日曜日


新日吉神社 神輿と鉾 

お神輿の前で僧侶がお経をあげるのは神仏習合だったころ(江戸時代まで)の名残なんでしょうね。
各地の祭礼でこういう風景を見かけます。


①豊臣秀吉、善光寺如来の祟りで死亡。豊国神社の御祭神となる。


1567年、東大寺大仏殿の戦いで東大寺大仏殿は戦火によって消失し、大仏の首も落ちてしまいました。

1591年、豊臣秀吉は方広寺を創建し、1595年には全長19mもある大仏が方広寺大仏殿に安置されました。
当時の方広寺の敷地は、妙法院・現在の豊国神社・京都国立博物館・三十三間堂の敷地を含む広大なものでした。





ところが1596年、慶弔伏見地震によってこの大仏は倒壊してしまいました。
そこで1597年、秀吉は善光寺如来(善光寺の御本尊ですが、当時は甲斐にありました。)を大仏殿に移して本尊としました。

1598年 秀吉は病を患い、善光寺如来の祟りではないかということで、善光寺如来は信濃の善光寺へ戻されました。
しかし1599年に秀吉は死亡してしまいます。

1599年、遺命に従い、秀吉の遺体は方広寺東にある阿弥陀ヶ峯山頂に埋葬されました。
そして阿弥陀ヶ峯の山ろくに廟所が建立されました。

秀吉は奈良東大寺大仏殿の鎮守・手向山八幡宮にならって自分を「新八幡」として祀るように遺言していました。
しかし、朝廷は「新八幡」ではなく「豊国乃大明神(とよくにのだいみょうじん)」の神号を与え、廟所は豊国神社と命名されました。
毎年8月18日の秀吉の年忌には豊国祭と呼ばれる盛大な祭りが行われたようです。

新日吉神社 紙幸祭 太鼓 
祭の行列がにぎやかに町を練り歩きますよ♪


②徳川家康、方広寺鐘銘に大激怒!豊臣家を滅亡させる。

秀吉の死後、秀頼が方広寺の大仏を作り直す計画をたてていました。
秀吉が作った大仏は木造漆膠でしたが、秀頼は銅造で大仏を作ろうとしました。
ところが1602年、流し込んだ銅が漏れ出て火災が起き、造営中の大仏と方広寺大仏殿は消失してしまうのです~。

1610年、方広寺大仏殿は再建され、1610年には梵鐘が完成しました。
ところが家康がこの梵鐘の銘文「国」「君臣豊楽」に大激怒!

方広寺 鐘銘 

方広寺鐘銘

「国家安康」だと?これは家康の名前を切っているじゃないか!
「君臣豊楽、子孫殷昌」は「豊臣を君として子孫の殷昌を楽しむ」という意味ではないか!
けしからんーーーー!と。

そしてこれを理由に豊臣秀頼の居城・大阪城を責め、豊臣家を滅亡させてしまったのです。

新日吉神社 神幸祭 獅子 

③新日吉神社は豊国廟への参拝を妨げるために再建された?

1615年、豊臣家が滅亡すると徳川家康は、後瑞夫天皇の勅許をえて豊国大明神の神号を剥奪し、豊国神社も廃絶させてしまいました。
(現在、方広寺の隣にある豊国神社は1868年に明治天皇の勅命によって再興されたものです。)

1640年、旧豊国神社参道上(現在地よりもやや北がわ)に新日吉神社が再建されました。
(1160年、後白河天皇が法住寺殿の鎮守として現在地より南に創建されましたが、遷宮を繰り返していました。)

幕府が豊国廟への参拝を妨げるため、豊国神社旧参道に新日吉神社を再建したとする説があります。


新日吉神社 神幸祭 獅子と子供 

獅子に噛んでもらうとご利益があるといわれます。


④新日吉社の再建は豊国神社の復活?

ところがウィキペディアを調べてみると、次のようなことが記されていました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B9%E5%BA%83%E5%AF%BA

a.新日吉神社は、豊国神社の参道を塞ぐように再建されたため、「幕府が豊国廟への参拝を妨げるために再建した」との説が明治以降流布した。

b.新日吉神社の再建に幕府が積極的に関わった形跡はなく、伝承では再建したのは後水尾上皇、直接に関与したのは妙法院の尭然法親王(後水尾実弟)である。

c.再建新日吉神社には明暦元年(1640)に樹下(このした)社(現在は豊国社と改称)が勧請され、そこには妙法院で密かに保管されていた豊国神社のご神体も祀られた。
秀吉の元姓は木下、幼名は日吉丸だった。

d.a~cの理由から、新日吉社の再建は、実は「豊国神社の復活」ではなかったかとの見方もある。

この説はつじつまがあっており、読むとなるほどと納得させられます。

⑤猿の三番叟

ただし、新日吉社は秀吉を祀る豊国神社そのものではなく、秀吉の荒魂を和霊に転じたものを祀る神社だと私は考えます。
その理由をお話ししますね。


新日吉神社 猿のレリーフ 

本殿向拝柱上方にある御神猿(説明版の写真)

新日吉神宮本殿向拝柱上方に御神猿のレリーフがあります。
また、狛犬のかわりに狛猿の像が置かれています。


新日吉神社 猿の像 

能に「翁」という演目がありますが、その後半に狂言方が舞う舞に三番叟があります。
烏帽子をかぶり、手に鈴を持つ新日吉神宮の猿はこの三番叟を舞ういでたちをしています。

三番叟は古い猿楽芸を伝えるものだともいわれるためか、よくこのような人形を見かけます。
ます。


八坂神社 翁 黒式尉

八坂神社 翁 三番叟

⑤能「翁」の白式尉と黒式尉

三番叟を舞う人はは黒い翁面をつけており、黒式尉といわれます。

これに対し、翁の前半は白い翁面をつけた人が舞い、白式尉といわれます。


八坂神社 翁 白式尉 

白式尉は荘厳な舞、黒式尉は鈴を振って足拍子を踏み鳴らすなどのしぐさをします。
黒式尉が舞う三番叟は農耕作業を舞にしたものであるとも聞きますが、私にはよくわかりませんでした。(汗)

⑥白式尉・黒式尉と陰陽

それにしても、黒式尉の面は真っ黒ですね。こんなに黒い顔の人は日本人にはいません。松崎しげるも真っ青です。
なぜ黒式尉の面は真っ黒なんでしょうか?

私は白式尉と黒式尉の面陰陽道からくるもので、白式尉は陽、黒式尉は陰をあらわしているのではないかと思います。

えー、神はその表れ方で御霊・荒魂・和魂にわけられるといい、男神は荒魂を、女神は和魂をあらわすとする説があります。
陰陽道では男は陽、女は陰なので、荒魂が陽、和魂が陰となります。

御霊・・・神の本質・・・・・男女双体
荒魂・・・神の荒々しい側面・・・男神・・・陽
和魂・・・神の和やかな側面・・・女神・・・陰

ですが、荒魂・和魂は男女のほかに、白式尉と黒式尉で表されることもあったのではないかと思います。
陰陽では白が陽、黒が陰なので、次のようになると考えられます。

御霊・・・神の本質・・・・・男女双体・・・陰陽バランスがとれている状態・・・白黒
荒魂・・・神の荒々しい側面・・・男神・・・陽・・・白・・・・・・・・・・・・白式尉
和魂・・・神の和やかな側面・・・女神・・・陰・・・黒・・・・・・・・・・・・黒式尉


Yin yang

陰陽図
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Yin_yang.svg 
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/1/17/Yin_yang.svg よりお借りしました。
作者 Gregory Maxwell [Public domain], ウィキメディア・コモンズ経由で


さらに、猿は黒式尉だと考えられるので、次のようになります。

御霊・・・神の本質・・・・・男女双体・・・陰陽バランスがとれている状態・・・白黒
荒魂・・・神の荒々しい側面・・・男神・・・陽・・・白・・・・・・・・・・・・白式尉・・・秀吉
和魂・・・神の和やかな側面・・・女神・・・陰・・・黒・・・・・・・・・・・・黒式尉・・・猿

つまり、秀吉という荒魂を、和魂に転じたのが三番叟猿であり、その三番叟猿を秀吉の廟の参道におくことで、秀吉の怨霊封じとしたのではないかと思うわけです。



祭の行列はまだまだ続きますよ!

新日吉神社 鉾 
新日吉神社 神輿 
新日吉神社 神幸祭 紙垂

新日吉神社 神幸祭 武者姿の稚児2 

こういう武者姿はなんとなく秀吉を思わせますね。↑ ↓


新日吉神社 神幸祭 武者姿の稚児 


新日吉神社 神幸祭 鳳輦 

新日吉神社 鉾さし



※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。

毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!





にほんブログ村    



[2018/05/15 19:54] 京都の祭 | トラックバック(-) | コメント(-)

中之島薔薇園 『薔薇はなぜアフロディーテーの象徴なの?』 

大阪市中央区 中之島薔薇園
2018年5月5日 撮影

中之島薔薇園 赤薔薇とレトロビル 

①アフロダイエースという名前はアフロディーテーからつけられた。

ギリシャ神話にアプロディーテーという女神が登場します。
アフロダイティなどともいうそうです。
マジンガーzにアフロダイエースという女性型戦闘用ロボットが登場していましが、アフロダイエースという名前はアフロダイティからつけたんでしょうね。
ミサイルになっているおっぱいをぶっ放すのがなんとも衝撃的でした。

中之島薔薇園 ピンクの薔薇2 
②帆立貝・薔薇はアフロディーテーの象徴

アフロディーテーの誕生は、アフロダイエースのおっぱいミサイルよりもっと衝撃的です。
クロノスは母ガイアに命じられて、父ウラノスの男性器を切り落としてしまいます。
このウラノスの男性器にまとわりついた泡からアフロディーテーは生まれたのです。
たいへん美しい女神で、薔薇、真珠、帆立貝、林檎などがアフロディーテーの象徴とされます。

中之島薔薇園 オレンジ色のバラ 
③貝は女性器の比喩?

アフロディーテーは愛と美と性の女神とされます。
帆立貝がアフロディーテーの象徴なのは、貝が女性器の比喩だからだと思います。

日本においても貝は女性器の比喩だとされていたようです。
死んだ大国主を𧏛貝比売キサガイヒメ)と蛤貝比売(ウムギヒメ)が介抱して生き返らせたという話が古事記にありますが
梅原猛さんは𧏛貝比売・蛤貝比売は女性器の喩えだろうとおっしゃっています。
雛祭りに蛤のお吸い物を食べる習慣があるのも、蛤が女性器の比喩だからでしょう。

中之島薔薇園 白薔薇 

④薔薇は女性器に似ている?

薔薇がアフロディーテーの象徴とされているのはなぜでしょうか?

ダビンチ・コードに次のような内容が記されてありました。
roseはギリシャ神話の性愛の神エロス(Eros)のアナグラムでもある。
※アナグラムとは文字を入れ替えることによって別の意味をもたせる遊びのこと。
古今を通じて、薔薇は女性の象徴として最もよく使われた。
大昔の女神崇拝の教団では、五弁の薔薇は女性の生の五つの段階、誕生、月経、出産、閉経、死をあらわしていた。
薔薇は女性器ににている。

薔薇も貝と同じく、女性器に似ているということで、アフロディーテーの象徴とされているのではないでしょうか。

中之島薔薇園 黄薔薇 

⑤薔薇族の語源は雑誌「薔薇族」だった。

それはおかしい。男性同性愛者のことを薔薇族というじゃないかって?
薔薇族というのは男性同性愛者向けの雑誌のタイトルで、そこから男性同性愛者のことを薔薇族というようになったみたいですね。
雑誌・薔薇族が創刊されたのは1971年で今も刊行されているそうです。
創刊にかかわった方々が、古には薔薇は女性器の象徴であるということをご存じなかったのかもしれませんね。

中之島薔薇園 白薔薇2 
⑥桑田佳祐さんは本質を見抜く目がある(笑)

サザンオールスターズのマチルダbabyという曲は、マチルダというフランスの薔薇を女性器に喩えて歌詞を書かれたそうです。
さすが、桑田さん!本質を見抜く目がありますね!(笑)

中之島薔薇園 ピンクの薔薇 


※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。

毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!





にほんブログ村   



[2018/05/12 23:44] 大阪 | トラックバック(-) | コメント(-)

一ノ宮神社 キリシマツツジ 『日本の城と日本の地形の関係』 

兵庫県丹波市氷上町上成松 一ノ宮神社
2018年 4月29日 撮影


一ノ宮神社 キリシマツツジ4

①一ノ宮神社

京尾山のふもとに鎮座する一ノ宮神社。
本殿を取り囲むようにキリシマツツジが植えられていました。
樹齢300年を超える古木とのことです。

一ノ宮神社 キリシマツツジ-本殿2

②勝田勘八郎、明智光秀軍の猛攻に討死する。

一ノ宮神社東側の平地にはかつて成松城があったそうですが、成松城の遺構らしきものはないようです。
成松城は後屋城主・赤井氏が築造したものですが、天正期には勝田勘八郎の居城となっていたようですね。

一ノ宮神社からほど近いところに赤井直正の居城だった黒井城跡があります。
参照/黒井城 レンゲ 鯉のぼり 夕景 『ひとりで直正に会いにきた脇坂安治』 

黒井城 鯉のぼり

黒井城跡

1575年、赤井直正は但馬の竹田城を攻めます。

竹田城跡 合成

竹田城跡


竹田城の山名祐豊は信長に援軍を要請し、信長は明智光秀を送りました。
信長は竹田城主・山名祐豊の援軍要請をきっかけにして丹波攻略をはじめたわけです。
明智光秀は最初は丹波側の反撃にてこずるも、次々に丹波の城を落としていきます。
1578年、赤井直正が病死し、黒井城も落ちてしまいました。

そして1579年、勝田勘八郎が明智軍と戦って討死したといいますから、このとき成松城もおちてしまったのでしょう。
こうして、信長の命をうけた明智光秀によって丹波は平定されてしまうのです。

亀岡光秀祭-2

亀岡光秀祭 (白馬にまたがっているのが光秀役の方)

功をあげた明智光秀ですが、信長のパワハラに切れたのか、1582年に「本能寺の変」をおこして信長を討伐してしまいます。
このとき豊臣秀吉は中国地方に出兵していましたが、本能寺の変がおこったことを知るや、急遽毛利氏と和睦を結び、京へ引き返しています。
そして山崎で光秀軍と戦い、光秀は敗走する途中、落ち武者狩りの農民に竹槍で刺されて重傷を負い、もはやこれまでと自害してしまうのですね。

参照/http://kntryk.blog.fc2.com/blog-entry-1148.html

こうして赤井直正・勝田勘八郎・織田信長・明智光秀らはみな死んでしまいました。南無阿弥陀仏~。

一ノ宮神社 キリシマツツジ3 

③日本人は山が多い地形を生かして山城を作った。

ウィキペディアにこんなことが書いてありました。

本来、城は、環濠や城壁で囲まれた町を指す語として中国で成立した。しかし国土の8割が山岳部を占める日本において防衛施設は、より堅牢な山城に拠ることが多かった。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E5%9F%8E#歴史 より引用

上の写真を見てもわかるとおり、竹田城・黒井城は山城ですね。
光秀の居城だった亀山城は平山城(平野の中にある山や丘に築かれた城)です。

亀岡光秀祭 火縄銃 
亀山城跡

④堀は城壁よりも防御能力にすぐれている?


ときどき、こんなことを言う人がいます。

外国の城は町全体を取り囲むように城壁がつくられ、城壁の中に大勢の民衆が住んでいた。
これは外国の戦争は領土獲得のほか、奴隷獲得を目的としていたため、民衆を城壁で守る必要があったからだ。

日本の城下町は城壁で囲まれていなかった。
これは日本の戦が領土獲得を目的としていて奴隷獲得を目的にしていなかったため、市民を城壁で守る必要がなかったからだ。


これが間違いであるということは、次の記事で述べました。
大阪城 イルミナージュ 『城壁vs堀。防御能力はどちらが優れている?』 

乱取りといって戦のあと負けた側の領民を奴隷にするということがあり、日本に奴隷はいなかったとはいえません。
また城下町の周囲には堀がめぐらされていることが多かったようです。
城壁はなかったかもしれませんが、堀が民衆を保護する役割を担っていたと考えられます。
そして、城壁よりも堀のほうが防御能力は優れていると思います。
城壁は大砲で簡単に壊れますが、堀を埋めるのは大変な時間と労力がかかります。
弓矢や火縄銃をあびせられる中、堀を舟で渡りきるのも難しいと思われます。

一ノ宮神社 キリシマツツジ

⑤中国やヨーロッパの平たんな土地には山のように外敵から身を守るものがない。


それにしても、なぜ日本では海外にあるような城壁が作られなかったのか、疑問に思っていました。
逆に言うと、海外ではなぜ日本にはあまり見られない町全体を囲む城壁都市がつくられたのか、ということです。

ウィキペディアを読むと、それは中国やヨーロッパは平たんな土地が多いので、山など外敵から身を守るものがなく、そのため城壁都市が発達した、ということがわかります。

日本は中国やヨーロッパと違い、山が多い。
それでわざわざ人工的な城壁を作るよりも、防御能力の高い山に城を作ることが多く、そのため城壁都市が発達しなかったといえるかもしれませんね。

一ノ宮神社 キリシマツツジ2

成松城の隣には京尾山があるのに、そこに城をつくらず、その隣に平城として成松城を作ったのはなぜでしょうか。
一ノ宮神社についてググってみても、創建年や御祭神など、でてこないので、よくわからないんですが
京尾山には古くから一ノ宮神社がまつられており、聖域であるとして避けたのかも?




一ノ宮神社の西の山は京尾山で、東の平地部分に成松城があったとされます。
京尾山は自然の城壁としての役目を持っていそうです。
また西部や南部には加古川が流れており、これが堀のような役割をはたしていたのかも?



※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。

毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!





にほんブログ村    


[2018/05/11 18:23] 兵庫 | トラックバック(-) | コメント(-)

亀岡光秀まつり 『愛宕百韻は光秀の信長打倒の意思表明?』 


京都府亀岡市 亀山城跡周辺
亀岡光秀祭 5月3日

亀岡光秀祭7 

①本能寺の変

黒井城 レンゲ 鯉のぼり 夕景 『ひとりで直正に会いにきた脇坂安治』 
上記記事で、明智光秀が赤井直正の居城・黒井城を落としたという記事を書きましたが
光秀といえば一番に思い浮かぶのが「本能寺の変」ですよねえ~。

光秀は織田信長に仕える武将で、丹波国攻略・天王寺の戦い(vs石山本願寺)・雑賀攻め・信貴山城の戦いなどに参加して戦功をあげました。
信長も光秀を高く評価し、光秀も「一族家臣は子孫に至るまで信長様への御奉公を忘れてはならない」と文を書いています。

ところが1582年、光秀は『本能寺の変』をおこして信長を討伐してしまうのです。

亀岡光秀祭6 

②光秀はなぜ本能寺の変をおこしたのか?


なぜ光秀が『本能寺の変』をおこしたのかについては諸説ありますね。

最も有力なのは、信長はときどき光秀にひどい仕打ちをしおり、これを光秀が恨んでいたとする説です。
飲めない酒を無理やり飲まされたとか、信長が光秀を足蹴にしたとか、パワハラ的な話がいくつか残っています。

ほかには足利義昭の室町幕府債権計画に光秀が乗ったとか
朝廷が信長討伐を光秀命じた、徳川家康や豊臣秀吉が天下をとるため光秀に信長を討たせた、等の説があります。

ともかく光秀は本能寺をせめ、信長は自害したと伝わります。

こうして光秀は天下を取るのですが、このとき中国地方に出兵していた豊臣秀吉が『本能寺の変』を知って急遽毛利氏と和睦し、引き返してきました。
そして山崎で光秀vs秀吉の戦いとなったのです。
この戦いで光秀軍は敗れ、落ち延びる途中、落ち武者狩りの百姓に竹槍で刺されて深手を負って自害したといわれます。

光秀の天下はわずか13日間であり、三日天下という言葉はここから生まれたと言われます。

亀岡光秀祭4 
③愛宕百韻は光秀の信長打倒の意思表明?

『本能寺の変』が起こったのは、天正10年6月2日(1582年6月21日)のことでした。
そのわずか4日前の天正10年5月28日(5月24日とも伝わる。この場合は8日前)、光秀は西国出陣の前に愛宕山に参籠し、連歌会を催しています。(愛宕百韻)

連歌はまず最初に主賓が挨拶として五七五の一句を詠み(発句)、これに続けて他の人が七七、五七五、七七、五七五、七七・・・
と続けていきます。

この連歌会は愛宕百韻と呼ばれていますから、百句を続けて一作品としたのでしょう。

光秀はこの愛宕百韻の発句で次のように詠んでいます。

時は今 雨が下しる 五月かな  (時は今、雨が下る五月である。)
※「下る」とかいて「ふる」とも読みます。
※ググると「雨が下しる」と「天が下しる」の両方でてきて、どちらが正しいのかわかりません~。

亀岡光秀祭5 

この句の中の「時」は「土岐」にかかるという説があります。
明智氏は美濃源氏土岐氏の支流。つまり、時は土岐で、明智光秀をさしているというのです。
雨は天にかかります。そして「下しる」は「下知る」で
「私(明智光秀)は今、天下を知ろうと思っている。」という裏の意味がかくれているのではというのです。

当時、秀吉もこれを疑って、光秀を討ったのち、連歌会のメンバー・里村紹巴を問い詰めたという話が「常山紀談」に記されています。

里村紹巴は秀吉に光秀の懐紙を見せました。
懐紙には「下しる」の「し」の部分に書き直した跡がありました。
里村紹巴は次のように弁明しました。
「最初は『下なる』であったものを、誰かが自分をおとしめるために『下しる』と書き直したのです。」
里村紹巴が言ったことは嘘で、本当は最初から「下しる」だったのですが、里村紹巴が「し」を消したうえで改めて「し」を書いたとされます。

亀岡光秀祭-2

③愛宕百韻は光秀の信長打倒の意思表示ではない?

愛宕百韻は光秀の信長打倒の意思表示ではないとする意見もあります。

a.わざわざ謀反をおこすことを示すような句を詠むはずがない。
b.本能寺の変がおきたのは6月2日。5月28日に福屋隆兼にあてて光秀が送った手紙には「信長より山陰道への出陣を命令されたので、備中に着陣のうえ様子を見て伯耆へ発向する予定。その際には、格別の貢献を期待しています。」とあり、5月28日には謀反を決意していなかった。
c.愛宕百韻は全体的に見ると雅な句が多く、信長打倒の意思表示とは思えない。

等です。

亀岡光秀祭-雑賀衆

④方広寺鐘銘は秀頼が仕掛けた家康への呪いだった?

「a.わざわざ謀反をおこすことを示すような句を詠むはずがない。」について考えてみましょう。

結論を先にいえば、「わざわざ謀反をおこすことを示すような句を詠むはずがないとはいえない」と私は考えます。

というのは、わざわざ謀反をおこすことを示すような句を詠んだと思われる例があるからです。
それは方広寺の鐘銘です。

1582年、秀吉が光秀を討ったあと、豊臣家が権力を強めます。
1598年、秀吉が死去すると、秀吉の子の秀頼が秀吉のあとを継ぎました。
1600年、関ケ原の戦いで勝利した徳川家康が1603年に江戸幕府を開きます。
1614年、秀頼は天得院の文英清韓(ぶんえいせいかん)に依頼して方広寺の鐘銘を作らせました。
鐘銘には「国家安康 君臣豊楽」とあり、これに徳川家康が大激怒!

方広寺 鐘銘 

方広寺鐘銘

「国家安康」だと?これは家康の名前を切っているじゃないか!
「君臣豊楽、子孫殷昌」は「豊臣を君として子孫の殷昌を楽しむ」という意味ではないか!
けしからんーーーー!と。

そして家康はこれを理由に秀頼の居城・大阪城を責め、豊臣家を滅ぼしてしまったのです。

方広寺鐘銘事件は家康がいいがかりをつけた事件だととらえる向きもありますが
私は秀頼が家康を呪うことを目的にために文英清韓に鐘銘を造らせた可能性が大ありだと考えています。

「パパ(秀吉)は光秀の「時は今 雨が下しる 五月かな」を見逃した。
それは光秀の句に謀反の意図があるとは断定できなかったからだ。
「国家安康」「君臣豊楽子孫殷昌」とはなかなかいい呪術だ。
気がつきにくいし、気がついたとしても家康はケチのつけようがないよね?」

ところが家康はパパ(秀吉)よりも細かいことに執拗にこだわるタチだった!ということではないでしょうか。

私は光秀の「時は今 雨が下しる 五月かな」のには信長を倒す意図を詠んだものだと思います。
なぜ光秀が信長を倒す意図をあえて句という形で残したのか。
それは言霊信仰からくるものではないでしょうか。
言霊信仰とは口にした言葉は実現する力を持つ、という信仰のことです。
なので、敵方にさとられる危険をおかしてでも、言葉を発する必要があったと考えられるのです。

しかし、わざわざ敵方にさとられるようなストレートな言葉の発し方ではなく、ちょっとひねってわかりにくくしたのでしょう。
和歌のテクニックである掛詞・縁語・折句・もののな・ぎなた読みなどはそうしたところから生まれた野だと思います。

家康にばれはしたものの、「国家安康」「君臣豊楽子孫殷昌」というのはなかなかうまい呪術ではないでしょうか。

亀岡光秀祭8

⑤惟喬親王の歌会のメンバーは藤原氏と敵対していた人ばかり

 現在人は呪術は非科学的だとして、重要視しない人が多いです。
しかし、昔の人は呪術を大変重要視していたと思います。
そして和歌や連歌は呪術のための道具であったと考えられます。

平安時代には惟喬親王が在原業平・僧正遍照・紀有常らと頻繁に歌会を開いています。
この歌会のメンバーは全員藤原良房と敵対関係にあり、歌会と称してクーデターを企てていたのではないかとする説があります。

文徳天皇は紀静子との間に長子の惟喬親王をもうけており、惟喬親王を皇太子にしたいと考えていました。
しかし文徳天皇と藤原明子(良房の娘)との間に惟仁親王(のちの清和天皇)が生まれ、
良房に権力があったことから惟仁親王が皇太子となりました。

紀有常は紀静子の兄。在原業平は平城天皇の孫ですが臣籍降下して紀有常の娘を妻にしています。
僧正遍照は桓武天皇の孫ですがやはり臣籍降下し、藤原良房にすすめられて出家したという話が伝えられていますが
遍照は決して他人に出家の理由を話さなかったそうです。
遍照は藤原良房になにか弱みを握られていたのではないでしょうか。

亀岡光秀まつり

⑥業平と遍照の和歌による呪術

業平と遍照の歌を鑑賞してみましょう。

世の中に たえて桜の なかりせば 春の心は のどけからまし/在原業平

世の中に桜というものがなかったならば、もっとのどかな気持ちで春を迎えられるのに、という歌です。
一般には、桜が美しすぎるため、見る人の心をそわそわさせるという意味だとされていますが
業平は良房の次の歌をうけてこの歌を詠んだのではないかと私は考えています。


染殿の后のおまへに
花瓶(に桜の花をささせたまへるを見てよめる
年ふれば 
()は老いぬ しかはあれど 花をし見れば 物思ひもなし/藤原良房

つまり、桜とは藤原明子のことで、「明子がいなかったなら、清和天皇が生まれることはなく、私がお仕えする惟喬親王が天皇になっていたのに。明子など消えてしまえ。」という意味ではないかと思うのです。

天つかぜ 雲の通ひ路 吹きとぢよ をとめの姿 しばしとどめむ/遍照
(天の風よ、吹いて雲のすきまを閉じてしまっておくれ。乙女の姿をもう少し見ていたいから。)

この歌は詞書に「五節の舞姫をみてよめる」とあります。

遍照は宮中を天上になぞらえ、そのため宮中に吹く風を「天つかぜ」と表現したと解釈されています。
古今和歌集では作者は「よしみねのむねさだ(遍照の在俗時の名前)」となっており、遍照が出家する(850年)以前に詠んだ歌だと一般には考えられていますが、
僧侶がこんな好色な歌をよむなんてけしからん、という批判をさけるために在俗時の名前にしたのかもしれません。

世継ぎ争いに勝利した惟仁親王は859年に即位して清和天皇となったわけですが
この際の大嘗祭で、藤原良房の養女・藤原高子が五節舞姫をつとめています。
そして866年には清和天皇に入内して女御となりました。

高子が清和天皇に入内したことで藤原良房はますます権力を高めていきます。

遍照の歌にある「をとめ」とは859年の清和天皇即位に伴う大嘗祭で五節舞姫をつとめた藤原高子のことではないでしょうか。
遍照は宮中を天上になぞらえているのでしたね。
そして「風よ、高子を天上(宮中)に入れないでくれ。清和天皇に入内させないでくれ」と詠んだ歌のように思えます。


亀岡光秀祭-3

⑦福屋隆兼にあてて光秀が送った手紙はフェイク情報だった?

次にbについて考えてみましょう。

b.本能寺の変がおきたのは6月2日。5月28日に福屋隆兼にあてて光秀が送った手紙には「信長より山陰道への出陣を命令されたので、備中に着陣のうえ様子を見て伯耆へ発向する予定。その際には、格別の貢献を期待しています。」とあり、5月28日には謀反を決意していなかった。

備中とは現在の岡山県西部、伯耆とは鳥取県中部・西部にあたります。
福屋 隆兼は(ふくや たかかね)は、石見の国人で、本明城の城主でした。
石見は島根県西部のことで、、地理的に伯耆に近いです。
それで福屋隆兼に援軍を依頼する文を送ったと考えられます。

しかし、時に人は真実をわかりにくくするための工作をすることがあります。
光秀は何らかの意図があって、福屋隆兼に「伯耆へ行く」とフェイク情報を流したとも考えられますよね?

「本城惣右衛門覚書」によれば、雑兵は信長討伐という目的を最後まで知らされておらず、信長の命令で徳川家康を討つのだと思っていたとあります。

信長討伐という目的は光秀に近しい数人しか知らないことだったのでしょう。

福屋隆兼にあてて光秀が送った手紙がフェイク情報だったと仮定した場合、どういう目的で光秀はフェイク情報を流したのでしょうか?
すいません、わかりません!(汗)もうちょっと考えてみます。

亀岡光秀祭

⑧愛宕百韻を鑑賞してみる。

c.愛宕百韻は全体的に見ると雅な句が多く、信長打倒の意思表示とは思えない。

これを検証するため、まずは愛宕百韻を鑑賞してみました。http://www.nobunaga-lab.com/labo/12_honnouji/atago100.html 
意味がわからない箇所がたくさんありますが、次のように解釈できなくもありません。

花落つる池の流れをせきとめて家康の勢いをせき止める
度々の化の情はなにかせん家康が我々にかけた情けは嘘の情けで気にとめる必要はない。
おもひなれたる妻もへだつる光秀が詠んだ句。 思いなれた妻も離れてしまって。
光秀の妻・妻木煕子は1576年に死亡しており光秀はやもめだった。光秀には側室はいなかった
賢きは時を待ちつつ出づる世にチャンスをうかがって謀反をおこすのだ?)
紅葉ばを分くる龍田の峰颪峰おろし」という言葉から、勇猛に戦うぞという意思が感じられる。
契り只かけつつ酌める盃に謀反をおこす決意をきめて盃を交わしている?
たちさわぎては鴫の羽がき「たちさわぎては」という言葉から、世間を騒がせるぞという意思が感じられる。
縄手の行衛ただちとはしれ まっすぐな路の行方、ただちに走れ
いさむればいさむるままの馬の上ふるいたてば、ふるいたったまま馬の上で
国々は猶のどかなるころ国々はさらにのどかになるだろう

どうでしょう?戦に向かう歌だとおもえなくもなくないですか?

そして「時は今 雨が下しる 五月かな」は 光秀が「花のいろは移りにけりないたづらにわがみよにふるながめせしまに」という小野小町の歌を受けて詠んだものではないかと私には思えます。

この歌は小野小町が詠んだものですが、私は小野小町とは小野宮と呼ばれた惟喬親王のことではないかと考えています。
古今和歌集には男が女の身になって詠んだ歌が多く、また小野小町は穴がない体だったという伝承があります。
穴がない体とは小野小町とは男であり、小野宮と呼ばれた惟喬親王のことではないかと考えたのです。

説明すると長くなるので、別ブログの次の記事をお読みください。
小野小町は男だった⑬ 『小野小町は男だった!』 
小野小町は男だった⑯(最終回) 『わがみよにふるながめせしまに』  

そして「わがみよにふるながめせしまに」とは「我が御代に下(ふ)る長天せしまに」であり
「私の御代に長い天下がくるだろう」という意味だと解釈したのです。

光秀の「時は今 雨が下しる 五月かな」は小町の歌を意識しているように思えませんか?

亀岡光秀祭 火縄銃 



※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。

毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!





にほんブログ村    




[2018/05/10 17:27] 京都の祭 | トラックバック(-) | コメント(-)

桂谷寺 藤 『藤の花は恋する心に火をつける?』 

兵庫県丹波市 桂谷寺
2018年5月2日 撮影

佳谷寺 本堂 藤2

①2km進むのに2時間かかる白毫寺への道!

丹波市の白毫寺へ行く予定でしたが、車で2km進むのに2時間かかるという大渋滞!
あまりの渋滞さかげんに車をおり、犬の散歩をさせる人もいましたよ。
2時間の渋滞にたえましたが、それでもまだ1時間はかかりそうでした。
また、トイレの我慢もできそうになかったので、行くのを諦めました~(涙)
とにかく近くまで行けなかったので、どんな状態なのかわからないんですが、駐車場が少ないのかな?
勝手なお願いかもしれませんが、どこか広い場所に駐車場を確保してもらって、そこからシャトルバスで行けるようにしていただけるとありがたいです~。

佳谷寺 本堂 藤

②藤の穴場?桂谷寺

そんなわけで白毫寺の藤は見れずしまいなんですが、近くに佳谷寺というお寺があり、そこで藤の花を楽しみました。
観光客は少ないのですが
大黒さんが甘茶を接待して、いろいろな話を聞かせてくださったり、
絵手紙の先生が、美しい和紙に「人をゆるせば自分自身が楽になる」という文を書いたものをくださったり
とても感じのいいお寺さんでした。
ありがとうございました♪

佳谷寺 藤 鐘楼 

③藤の衣服・袴・沓・弓矢で美女をおとしたハルヤマノカスミヲトコ


古事記にこんな話があります。

但馬の国(兵庫県豊岡市付近)に、イズシオトメという美しい女性がおり、多くの男性がプロポーズしましたが彼女をおとすことはできませんでした。
アキヤマノシタヒヲトコの弟、ハルヤマノカスミヲトコはイズシオトメにプロポーズをしたいと考え、母親に相談しました。
母親は息子のために山に行き、藤の葛をたくさんとってきました。
そしてそれを用いて衣服・袴・沓・弓矢などを作ってハルヤマノカスミヲトコに与えました。
ハルヤマノカスミヲトコは弓矢をトイレのドアに立てかけました。
イズシオトメは弓矢に咲いた藤の花を取って家に入りました。
ハルヤマカスミオトコはイズシオトメの後に着いて家に入り、二人は結ばれました。(古事記/但馬の国)

佳谷寺 藤 仏像

④矢は男性のシンボルの比喩?

これと似たような話が奈良県桜井市の大神神社や京都市左京区の下鴨神社にもあります。

大物主は矢に姿を変えて川を流れていき、用を足すため川へやってきたセヤダタラヒメのホトをつきました。
セヤダタラヒメが矢を部屋に持ち帰ると矢は大物主の姿にもどり、ふたりは結ばれました。(古事記/大神神社)

賀茂川の川上から流れて来た矢を玉依姫が拾い上げ、部屋においておいたところ、妊娠して男児がが生まれました。
(山城風土記/下鴨神社)


この3つの話を読むと、矢とは男性のシンボルの比喩のように思えます。(特に大物主が姿を変えた矢が、セヤダタタラヒメのホトをついたという話から)

佳谷寺 本堂 楓 

⑤藤の花の魔力


ハルヤマノカスミヲトコとイズシオトメの話では、単なる矢ではなく、藤の花のついた矢となっているところがミソです。
どうやら藤の花には女をおとす魔力があるかのようですね。
なぜ藤の花にはそのような魔力があると考えられたのでしょうか。
それは、藤の花の色と関係があるのではないかと思います。

次の2首を鑑賞してみてください。

紫の にほへる妹を 憎くあらば 人妻故に 吾恋ひめやも/大海人皇子
(紫草のように美しいあなた。あなたが憎ければ、人妻と知りながら、こんなに恋い焦がれずにいられるものを。)

紫は ほのさすものぞ 海石榴市の 八十のちまたに 逢へる子や誰/詠人知らず
(顔をぽっと赤らめた海石榴市の辻で逢った貴女は、何というお名前ですか。)
※紫色に布を染める際、媒染剤として椿の灰をいれると鮮やかに染まったのだそうです。

この2つの歌を鑑賞すると、女が男に恋する様子を紫と表現していたのかな、と思いませんか?

佳谷寺 本堂 藤 ライトアップ

また、男と契りながら血を吸う女の妖怪がいますが、この妖怪は紫女と呼ばれています。
なぜ紫女なのかというと、妖怪の女が男に恋していたためではないかと思えるのです。

清少納言も「枕草子」「めでたきもの」に「色あひ深く 花房長く 咲きたる藤の 松にかかりたる」と書いています。
これは藤=女性、松=男性の比喩であるといわれます。

イズシオトメは恋する女性に喩えられる紫色の藤の花を見て、自分自身も紫色に染まってしまい、それでハルヤマノカスミヲトコに恋してしまったのではないでしょうか。

佳谷寺 本堂 藤 ライトアップ2 


※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。

毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!





にほんブログ村    


[2018/05/08 12:43] 兵庫 | トラックバック(-) | コメント(-)

黒井城 レンゲ 鯉のぼり 夕景 『ひとりで直正に会いにきた脇坂安治』 


兵庫県丹波市春日町野上野 野上野れんげの里
2018年5月2日 撮影


黒井城 れんげ草 

おや? 山の上になにかありますよ?

黒井城 
黒井城跡ですよね?

①直正、養父を殺して黒井城を乗っ取る!

黒井城は赤井直正(1529 ~ 1578)の居城として知られていますね。
黒井城なのに、赤井の居城とはこれいかに~。

丹波の豪族・赤井時家の次男として生まれましたが、赤井家は兄の家清が継ぎました。
直正は赤井氏の同族で黒井城の城主・荻野秋清の養子となり、荻野直正と称しました。

黒井城は赤松貞範が築城したと伝えられますが、しだいに同族の荻野氏が居城とするようになったみたいですね。
その経緯はよくわかっていないみたいですが。

1554年、直正は養父の荻野秋清を殺して黒井城を乗っ取ってしまいます。
そして荻野姓を捨て、赤井姓を名乗るようになります。
直正は「悪右衛門」と呼ばれましたが、それはこの事件によるものだともいわれます。

黒井城 鯉のぼり


直正が青鬼でも黄鬼でもなく赤鬼と呼ばれた理由は?

1555年、兄の家浄は芦田氏&安達氏との戦い(高良の戦い)で傷を負い、1557年、その傷が悪化して33歳で死去してしまいます。
直正は兄の子・赤井忠家の後見となって実質的な赤井家の支配者となりました。
1565年、直正は兄・赤井家清の仇・内藤宗勝を討ちました。

1570年、萩野氏と赤井氏は織田信長に仕えることを約束し、信長は氷上郡・天田郡・何鹿郡の丹波奥三郡を安堵しました。

※主君が家人に土地の所有権り・領有権・知行権を与えることを充行(あてがい) といいました。
安堵とは、これらの権利を確認・承認することをいいます。

しかし、その後も丹波の混乱はまだまだ続きます。

1575年、赤井直正は但馬の竹田城を攻めます。

竹田城跡 合成 
竹田城跡 ※天空の城で有名な竹田城ですが雲海が出なかったので、合成で雲海を貼りつけてみました。不自然な写真ですいません~。



竹田城の山名祐豊は信長に援軍を要請し、信長は明智光秀を送りました。

赤井直正は黒井城に戻り、籠城して戦います。
光秀は「兵糧がそんなに持つはずがない。すぐ落城するだろう」と考えていましたが、黒井城はなかなか落ちず、明智軍は大敗してしまいます。

こういうこともあって、直正は「丹波の赤鬼」と呼ばれるようになります。
青鬼でも黄鬼でもなく赤鬼なのは赤井直正という名前だからでしょうね。

またこのころから赤い鎧が流行りだしているので、直正も赤い鎧を着用していたのではないかとする説もあります。
私も直正は赤い鎧を着用していたと思います。
その理由についてはのちほど。

野上野れんげの里

③直正、脇坂安治にテンの皮を与える。

1577年、明智光秀は信長の命令を受けて再び丹波征討戦を始めました。
1578年、直正が50歳で死去してしまいます。黒井城も落ちてしまいました。

直正の死について、こんな話があります。

羽柴秀吉の家臣・脇坂安治(龍野城主)が病床の直正を訪問し、開城降伏を進言しました。
直正はこれを受け入れませんでしたが、その好意に感謝して テンの皮を脇坂安治に与えました。
テンの皮は龍野神社の宝物となりました。


このテンの皮が実際にあったかどうかはわからないのですが。

黒井城 夕日

④妖怪テンはなぜ火難をおこすの?

テンは体長44~55cmほどの動物で、日本にも生息しています。

また、テンという妖怪もいます。
三重県伊賀地方では「狐七化け、狸八化け、貂九化け」といい、テンは化けると考えられていたみたいですね。
イタチが数百歳を経て魔力を持つ妖怪になったものがテンだともいわれます。
福島県ではテンのことをヘコ、フチカリ、コモノ、ハヤなどといい、雪崩で死んだ者が化けたものだといわれていました。
秋田県・石川県では目の前をテンが横切ると縁起が悪いとされていました。

SekienTen

鳥山石燕 『画図百鬼夜行』より 鼬 (てん)
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:SekienTen.jpg
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/7/72/SekienTen.jpg
作者 Kotengu (Source URL.) [Public domain], ウィキメディア・コモンズ経由で

鳥山石燕 『画図百鬼夜行』に「鼬」の絵が描かれています。
鼬という漢字はイタチとよみますが、『画図百鬼夜行』の「鼬」のよみがなは「てん」となっています。

上の絵は数匹のテンが火柱を作っていますね。
広島県ではテンを殺すと火難にあうといわれました。
どうもテンは火難と関係が深そうですね。

キテンは胴体が黄色または茶褐色、頭が白なので、その配色が炎を思わせることから、火難と結びつけられたのではないでしょうか?

狸谷山不動院 護摩 
狸谷山不動尊 

⑤テン獲りは二人で行くな

キテン(毛が黄色や黄褐色。頭部は白)。の毛皮は最高級品とされ、「テン獲りは二人で行くな」といわれます。
キテンは高く売れるので、二人で獲りにいくと、ケンカになって殺し合いになりかねないというのです。

脇坂安治はひとりで直正のところへやってきたので、それで直正がテンの毛皮を与えたなどという話が作られたのではないでしょうか?

Martes melampus-1

テン

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Martes_melampus-1.jpg
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/3/38/Martes_melampus-1.jpg
作者 Momotarou2012 [CC BY-SA 3.0 (
https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0)], ウィキメディア・コモンズより

 

⑥赤い鎧と白髪

つまり、テンとは直正の比喩ではないかという推理です。
直正はテンのように赤い鎧に白髪という容貌だったのではないでしょうか?
そのため直正はテンに喩えられ、ひとりで直正に降伏を勧めにきた脇坂安治にテンの毛皮を与えた、などという話が作られたのでは?
もちろん「脇坂安治にテンの毛皮を与えた」というのは、「直正が脇坂安治に自分の命を与えた(首を与えた)」ということの比喩です。

黒井城 小焼け 
※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。

毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!





にほんブログ村    



[2018/05/07 11:17] 兵庫 | トラックバック(-) | コメント(-)