犬甘野 蕎麦 萩 『犬甘野は隼人が住んでいた土地?』 

亀岡市 犬甘野
2015年9月初旬 撮影

犬甘野 蕎麦畑-田圃 
①犬甘野は犬飼野がなまったもの?

犬甘野(いぬかんの)って変わった地名ですねえ~。
犬飼野がなまったものだと言われています。
犬甘野の近くには犬飼という地名もありますね。

犬甘野 蕎麦畑4 
②警備用の犬を飼っていた犬飼部

犬飼、犬養(いぬかい)という地名は各地にあります。
似たような地名で、鳥飼・鵜飼・馬飼などの地名もあり、これらは大和朝廷が飼っている動物の世話役が住んでいた場所を示すものと考えられています。

犬はペットとしてではなく、警備を目的に飼われていたとされます。番犬のようなものですね。
六世紀ごろ、朝廷は皇室領地の屯倉の警備を目的とし、諸国に犬飼部を置きました。
奈良時代のはじめごろに廃止となるのですが~。

すると犬飼とは大和朝廷が飼っていた犬の世話役が住んでいたところ?
犬甘野は犬を飼っていた野原という意味でしょうか?

犬甘野 萩  
③犬の鳴き声をまねて警備をしていた隼人

犬は警護用に飼われていたといいますが、かつて隼人たちは犬の鳴き声をまねて朝廷の警護を行っていたとされます。

隼人とは昔、九州に住んでいた民で、朝廷に従わず、度々反乱をおこしていました。
そこで、朝廷は隼人たちを畿内に強制移住させていたのです。

畿内に移住させられた隼人たちは、隼人司に属しました。
朝廷の警護のほかには祭祀・相撲・竹細工の製作などを行っていたそうです。

大隅隼人が住んだという現在の京田辺市には『大住』の地名が残っています。

犬甘野 蕎麦畑2 

④犬飼・犬甘野は隼人が住んでいたところ?


http://blog.goo.ne.jp/highdyaki/e/4b0d2d016e2fdfcd3e28bc3f0c559a4a
↑ こちらのブログに興味深い内容が記されていました。

「康富記」は室町時代の外記局官人だった中原康富が記した日記です。
その「康富記」丹州佐伯庄、丹州佐伯隼人保、桑田郡内佐伯庄大田杜、佐伯内隼人保氷所、丹州隼人保内松本下地、丹波大田隼人司領などを記しているということです。

丹州とは丹後(京都府北部)、丹波(京都府中央部と兵庫県東部)のことで、亀岡はかつて丹波国桑田郡と呼ばれていた地域でした。

犬甘野 蕎麦畑3

そして次のように記されています。

「実際に隼人が居住していたのは、丹波国佐伯郷で現在の亀岡市稗田野町太田、佐伯から曽我部町穴太(あのう)、犬養あたりとしている。」

http://blog.goo.ne.jp/highdyaki/e/4b0d2d016e2fdfcd3e28bc3f0c559a4a より引用

https://map.goo.ne.jp/list/address/26206/
↑ こちらのサイトに亀岡市の地名が列挙されています。
亀岡市曽我部犬飼と言う地名はありますが、犬養という地名はありません。
「犬養」とあるのは旧地名で、現在は「犬飼」に変わったんじゃないでしょうか?

すると、犬飼は隼人が住んでいた場所、犬飼野が転じたという犬天野も隼人に関係する地名ではないかと思ったりします。

犬甘野 蕎麦畑




まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。

毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!




にほんブログ村




 
スポンサーサイト

[2017/09/19 17:10] 京都府 | トラックバック(-) | コメント(-)

あべのハルカス屋上庭園より望む 安部晴明神社 『セーマン・ドーマンと胎蔵界曼荼羅・金剛界曼荼羅』 

大阪市阿倍野区  あべのハルカス16階 屋上庭園
2017年9月上旬 撮影

あべのハルカス16階屋上庭園より大阪市内を望む写真を撮ってみました。
ただ、屋上庭園は北向きなので、阿部野区の風景を見る事はできません。

一心寺 あべのハルカス16階より

一心寺(天王寺区

①阿倍野の地名の由来

阿倍野という地名の由来については3つの説あります。

a.古代このあたりを領有していた阿部氏からくる。
b.山部赤人の歌からくる。

阿倍の島 鵜の住む磯に 寄する波 間なくこのころ 大和し想ほゆ
(阿倍の島の鵜の棲む磯に寄せる波のように、絶え間なくこの頃大和を思い出しています。)


藤原範兼編『五代集歌枕』では阿倍の島は摂津国にあるとしています。

ただ、この歌が阿倍野の地名の由来というのはちょっとおかしくないですか?
山部赤人は阿倍の島という島について歌を詠んだわけで、ということは当時、阿部の島と呼ばれる島があったと言うことになると思います。
すると、「山部赤人の歌からくる」というよりは「山部赤人が歌に詠んだ阿倍の島からくる」というべきだと思うんですが。

c.古地名の「東生郡餘戸郷(ひがしなりぐんあまべごう)」の「餘戸(あまべ)が阿倍野と転じた。

このうちaの阿倍氏からくるとする説が有力です。

四天王寺 あべのハルカス16階より望む 
四天王寺(天王寺区)

②安倍晴明生誕の地


阿倍野区には安倍晴明神社がありますよ。
社伝によれば、安倍晴明神社は安倍晴明生誕の地だということです。

安倍晴明神社 
阿倍晴明神社

安倍晴明神社 阿倍晴明像 

阿倍晴明神社 阿倍晴明像

③セーマン・ドーマン


安倍晴明といえば五芒星、桔梗印ですよね!

伊勢志摩の海女たちはセーマン・ドーマンという魔除けを身につけていました。

 セーマンドーマン

セーマンは阿倍晴明を、ドーマンは芦屋道満を表していると言われています。
芦屋道満は阿倍晴明と同じ陰陽師で、芦屋道満のライバルとされています。(ただし実在したかどうかは不明です。)

④胎蔵界曼荼羅と金剛界曼荼羅

実はこの日、あべのハルカス美術館で開催されている西大寺展を見に行ったのです。
西大寺展では松井寺の種子両界曼荼羅図(胎蔵界)と久修園院の両界曼荼羅図(金剛界)が並べて展示されていました。

両界曼荼羅とは胎蔵界曼荼羅と金剛界曼荼羅ふたつの総称です。
胎蔵界曼荼羅と金剛界曼荼羅はたいていペアで制作されます。

↓ 胎蔵界曼荼羅です。(東寺)

Taizokai

https://commons.wikimedia.org/wiki/File%3ATaizokai.jpg
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/a2/Taizokai.jpg よりお借りしました。
作者のページを見る [Public domain], ウィキメディア・コモンズ経由で


文殊院


釈迦院






遍知院



中台
八葉院
持明院
虚空蔵院
蘇悉地院


「中台八葉院の周囲には、遍知院、持明院、釈迦院、虚空蔵院、文殊院、蘇悉地(そしつじ)院、蓮華部院、地蔵院、金剛手院、除蓋障(じょがいしょう)院が、それぞれ同心円状にめぐり、これらすべてを囲む外周に外金剛部(げこんごうぶ)院、またの名は最外(さいげ)院が位置する。これは、内側から外側へ向かう動きを暗示していて、大日如来の抽象的な智慧が、現実世界において実践されるさまを表現するという。」


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%A1%E7%95%8C%E6%9B%BC%E8%8D%BC%E7%BE%85#.E8.83.8E.E8.94.B5.E6.9B.BC.E8.8D.BC.E7.BE.85 より引用(図・文とも)


↓ 金剛界曼荼羅

File:Kongokai.jpg

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/b/b4/Kongokai.jpg?uselang=ja
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Kongokai.jpg?uselang=ja よりお借りしました。



四印会


一印会


理趣会


供養会


成身会


降三世会


微細会


三昧耶会

降三世
三昧耶会

中心になる成身会の中尊は金剛界大日如来(左手の人差し指を右手の拳で包み込む「智拳印」をむすぶ)である。大日如来の東・南・西・北には
阿閦(あしゅく)・宝生如来阿弥陀如来不空成就如来の4如来が位置する(大日・阿閦・宝生・阿弥陀・不空成就を合わせて金剛界五仏あるいは五智如来という)。各如来の東・南・西・北には四親近菩薩(ししんごんぼさつ)という、それぞれの如来と関係の深い菩薩が配されている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%A1%E7%95%8C%E6%9B%BC%E8%8D%BC%E7%BE%85#.E9.87.91.E5.89.9B.E7.95.8C.E6.9B.BC.E8.8D.BC.E7.BE.85 より引用(図・文とも)

大坂城 あべのハルカス16階より望む 

大坂城(中央区)


⑤セーマン・ドーマンは両界曼荼羅図を表している?

松井寺の種子両界曼荼羅図(胎蔵界)と久修園院の両界曼荼羅図(金剛界)が並んで展示されているのを見て、私は「これってセーマン・ドーマンに似てない?」と思いました。

セーマンの五芒星の形は、胎蔵界曼荼羅の同心円状に広がる世界をあらわしているようでもありますし
ドーマンの碁盤の目のような形は、升目の数は違いますが、金剛界曼荼羅の構成に似ていませんか?

南港大橋 夕景

港大橋(港区~住之江区)

通天閣 夕景 
通天閣(天王寺区)
これは阿倍野歩道橋橋の上から撮影しました。




まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。

毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!




にほんブログ村



 
[2017/09/17 13:41] 大阪 | トラックバック(-) | コメント(-)

東北院 白粉花 『軒端の梅は鬼=和泉式部をあらわしている?』 

京都市左京区 東北院
2017年9月初旬撮影

東北院 白粉花 

東北院

①東北院

東北院は藤原道真の没後に、道真の娘・上東門院が法成寺境内に常行三昧堂として建てました。
東北院と呼ばれるのは道長が建立した法成寺境内の東北に建てられていたためです。

室町時代には桓武天皇代に最澄が作ったと伝わる弁財天が厚く信仰されました。
門前の石碑に「大弁財天女」とありますね。

しかし寺は応仁の乱によって建物は焼失してしまいました。
その後、1559年に時宗の僧・弥阿が残された弁財天を本尊とし、時宗に改めたそうです。

②能・東北

東北院は能・東北の舞台です。



動画お借りしました。 動画主さん、ありがとうございます。


能『東北』は次のような筋です。

木曽の僧の一行が、梅の花が満開となった東北院へやってきました。
そこへ梅の精が現れ、和泉式部が植えた梅で「軒端の梅」と名付けたこと、東北院の方丈は式部の寝所であったことなどを語ります。

僧が読経すると、和泉式部の霊が現れて、こんな話をしました。

昔、関白藤原道長が法華経を唱えながら門前を通るのを聞いて、「門の外 法の車の 音聞けば 我も火宅を 出でにけるかな」と歌を詠み
その功徳により死後、歌舞の菩薩となったと。


火宅とは、仏教用語で「人々がこの世が苦しみの世界であることを悟らず、享楽にふける」ことを言います。
つまり歌は「藤原道長が法華経を唱えつつ門前を行き過ぎるのを聞いたので、自分も享楽にふけるのをやめた」という意味だと思います。

東北院 白粉花2

③和泉式部は弁才天の化身だった?

東北院の本尊は弁財天ですが、弁財天像には2つのタイプあります。

ひとつは、8臂(腕が8本)の弁財天像です。
8本の腕に、弓・矢・刀・矛・斧・長杵・鉄輪(外円部が刃になった輪。投げて敵を斬る為の武器。)羂索(投げ縄状の武器)を持ちます。

もうひとつは2臂(腕が2本)で、琵琶を弾く姿で現されるものです。
琵琶を弾く弁財天は歌舞の神だといえるでしょう。

能「東北」では、和泉式部は歌舞の菩薩になったとしていますが、これは和泉式部が東北院の弁財天になったという意味ではないでしょうか。
和泉式部は弁財天の化身だと考えられたのではないかと思います。 
 
大覚寺身振り狂言 十王堂2jpg

大覚寺狂言 十王堂 弁財天(向かって左)と琵琶法師(向かって右)

③為尊親王と和泉式部のw不倫

和泉式部〈978?~?)は平安時代の女性で、恋多き女性として知られています。

995年ごろ、19歳で和泉守(いずみのかみ)橘道貞と結婚。 
ふたりの間には、娘・小式部内侍が生まれるも、夫婦仲が悪くなり、1004年ごろに離縁しています。
離縁の原因は和泉式部と為尊親王(冷泉天皇第三皇子)が恋愛関係に陥ったためだとも言われています。

為尊親王は藤原伊尹の娘・九の御方と結婚していましたから、w不倫ですね。
ただし、当時の男性は複数の妻を持つのが当たり前でした。
しかし結婚している女性が別の男性と契るというのは、当たり前のことではなかったはずです。

1001年、為尊親王は病を患い、1002年に26歳で亡くなってしまいました。
世の人々は「伝染病が蔓延する平安京を毎日のように夜歩きをして和泉式部のもとへ通ったため病気になった」と噂したそうです。

その後、和泉式部は為尊親王の同母弟の敦道(あつみち)親王と恋に陥ります。

敦道親王は藤原道隆三女を妻としますが、離縁。
次に藤原済時の娘を妻としまししたが、またしても離縁。
藤原済時の娘と離縁したのは、和泉式部との関係が原因だったと言われています。

④橘は昔の人を意味する 

敦道親王と和泉式部のなれそめはこんな感じでした。

敦道親王は和泉式部のもとに童をやって橘の花を送りました。

古今集にこんな歌があります。

五月待つ 花橘の 香をかげば 昔の人の 袖の香ぞする/よみ人しらず

(五月に咲く花橘の香をかぐと、昔の人の袖の香がするようだ)

別れた奥さんと再会したときに詠んだ歌なのだそうです。
別れた奥さんは柑橘系の香水がお好きだったんですかね。

橘は「五月待つ 花橘の 香をかげば~」の歌を意味し、さらに「昔の人」という意味があったのですね。

つまり敦道親王は和泉式部に対して「まだ亡くなった兄・為尊親王のことを考えているのですか」という意味で橘をおくったのです。

和泉式部はこう歌を詠んで敦道親王に送りました。

薫る香に よそふるよりは ほととぎす 聞かばや 同じ声やしたると
(香り立つ橘を送って私の様子を窺うあなた。それより私はあなたの声が聴きたいわ。兄上と同じ声をされているのかしら。)


いやー、情熱的ですねー。

それに対して敦道親王はこう歌を返しました。

同じ枝に 泣きつつおりし ほととぎす 声はかわらぬ ものとしらなむ
(同じ枝にとまって泣いていたほととぎすの様に私と兄は同じ声をしています。)


とまあ、こんな感じで二人の恋愛は始まりました。

⑤和泉式部は不吉な女性


しかし1007年に敦道親王も亡くなってしまいました。
26歳か、27歳くらいでした。
和泉式部と恋愛をした兄弟はどちらも早世してしまったのです。

和泉式部とつきあった二人の親王の相次ぐ死を、当時の人々はたいへん恐ろしいことだと受け取ったことでしょう。 
そして二人の兄弟がつきあっていた女性・和泉式部は不吉な女性であると考えられたのではないかと思います。

⑤東北院は法成寺の鬼門封じだった?

東北は鬼が出入りする方角、鬼門として忌まれていました。

猿が辻 
京都御所 猿が辻

京都御所の東北の隅は東北の角をつくらないよう、わざわざ内側に凹ませてあるぐらいです。


石清水八幡宮  鬼門封じ 

石清水八幡宮 本殿 鬼門封じ


石清水八幡宮 鬼門封じ 

石清水八幡宮では東北の角をつくらないよう、石垣の角を斜めに切り取ったような形にしてありました。

また平安京の東北には鬼門封じとして延暦寺が置かれていました。

東北院は法成寺の鬼門封じとしてつくられたのでしょう。

金熊寺 梅

金熊寺 梅
東北院の境内には和泉式部ゆかりの梅があるそうです。春に見に行ってみたいけど、境内立ち入り禁止となっていたので無理かな?


⑥梅は鬼を表している?

そして和泉式部が東北院に梅を植えたと言いますが、梅は鬼をあらわしていると思います。
その理由を説明します。

梅は1月1日と2月3日の誕生花だそうです。

1月1日は新暦ではなく、旧暦だと思います。
新暦の1月1日にはまだ梅の花は咲きませんが、旧暦の1月1日(新暦の2月ごろ)になると梅の花が咲き始めます。

2月3日のほうは新暦だと思います。
2月3日は二十四節気の立春の前日で節分です。
立春は旧暦の新年と同時期で、暦法・二十四節気の新年でした。
ということは、立春の前日の節分(新暦2月3日)は暦法・二十四節気の大晦日なわけです。

干支では12月は丑月、1月は寅月で、丑寅は1年の変わり目となります。
二十四節気の場合は小寒(1月6日ごろ)~立春(2月4日ごろ)までが丑月、立春(2月4日ごろ)~啓蟄(3月6日ごろ)までが寅月です。

つまり、旧暦1月1日は寅、新暦2月3日=節分(二十四節気の大晦日)は丑となり、
梅が1月1日(寅)または2月3日(丑)の誕生花だということは、梅は丑寅をあらわす花だということになります。

そして方角を干支で表すと鬼門の東北は丑寅となります。

梅=1月1日(寅)または2月3日(丑)の誕生花=丑寅=東北=鬼門
ということで、梅は丑寅であり、鬼をあらわす植物となると思うのです。

二人の親王を死に陥れた魔性の女・和泉式部は鬼であると、古の人々は考えたことでしょう。

和泉式部が梅を植えたといいますが、梅は鬼であり、和泉式部その人のシンボルとして植えられているのではないでしょうか?

迎稱寺-萩2

東北院の近くにある迎称寺は萩で有名ですが、全然咲いていませんでした~。
写真は以前に撮影したものです。

真如堂 紅葉 

真如堂ではすでに紅葉が始まっていました。



まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。

毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!




にほんブログ村


[2017/09/14 15:05] 京都府 | トラックバック(-) | コメント(-)

正定院 鶏頭 『賽の河原に立つ寺?』 

京都市左京区 正定院(しょうじょういん)
2017年9月初旬 撮影


正定院 鶏頭2 

正定院

①正定院は萩の寺?


鮮やな赤紫色の花に誘われて正定院を参拝しました。
おそらく、鶏頭の一種だと思います。

でも、ネットでぐぐると正定院は萩の寺であるとでてきます。
萩野花は気がつきませんでした。もしかしたら奥まったところにあったのかもしれません。

正定院の近くにある常林寺では萩の花がほぼ満開となっていましたが。

常林寺 萩

常林寺 萩

②砂川の三軒寺




上の地図を見ると長徳寺・常林寺・正定院の3つの寺は並んで建っていますね。
いずれも浄土宗のお寺で、「砂川の三軒寺」と呼ばれています。

長徳寺は春のおかめ桜で有名なお寺です。

長徳寺 おかめ桜3

春の長徳寺 地蔵堂

ぐぐってみると、この長徳寺も萩の寺だと出るのですが、萩らしい植物はわかりませんでした。
門より中に入ると萩が確認できたかもしれませんが、立ち入り禁止となっていていました。

それはともかく、「砂川の三軒寺」と呼ばれているのは、かつて三軒の寺の後を砂川という小川が流れていたためです。

③砂川三軒寺の三地蔵

長徳寺の門前には地蔵堂があり「北向地蔵尊」が安置されています。

長徳寺 おかめ桜

長徳寺 地蔵堂

百済国王の守本尊で飛鳥時代、舒明天皇(在位629-641)のころ、日本に伝わったといわれています。
宮中に安置されていましたが、823年に西寺の守敏(しゅびん)に下賜されたといいます。
その後、どのような経緯を経て長徳寺にやってきたんでしょうかね?

また常林寺にも地蔵堂があり、世継子育地蔵尊が安置されています。

常林寺 地蔵堂 萩

常林寺 地蔵堂

常林寺は1573年に創建されたお寺で、1671年に現在地に移転してきたということです。
常林寺の世継子育地蔵尊は常林寺が移転してくる以前よりここにあったとされます。

さらに正定院にも「ちご地蔵尊」と呼ばれるお地蔵さまがありました。
境内に置かれていた石仏の地蔵尊は新しいもののようでしたが、本堂などに古い「ちご地蔵尊」があるのかもしれません。

正定院 ちご地蔵尊 

正定寺 ちご地蔵尊


どうやら「砂川の三軒寺」は地蔵信仰の厚い寺であったようです。

③砂川は賽の河原になぞらえられていた?

古の人々は平安京をこの世、平安京の外をあの世に喩えていたと聞いたことがあります。
また京都の西院(さいん)という地名は、音が賽の河原の賽に通じるので賽の河原に喩えられていたともいいます。

高山寺 石仏

賽の河原に喩えられた西院の 高山寺にも地蔵菩薩が祀られていました。


現在砂川はないので、どのような川だったのかわかりませんが
砂川という名前からは、砂の河原がある川というイメージが思い浮かびます。

賽の河原で、幼くして亡くなった子供たちが親のために石を積むと言う話がありますね。

日本には先祖の供養は子孫が行うべきという考え方がありました。
井沢元彦さんはこんなことをおっしゃっていたと思います。
「聖徳太子の子孫は全員斑鳩寺で首をくくって自殺したので、聖徳太子の霊を供養する人がいなくなっていまった。
それで聖徳太子は怨霊になったのではないか」と。

幼くして親より早く亡くなってしまった子供の霊は、親を供養するための供養塔を作ろうとしているんですよね。

ところが鬼がやってきて石を積んで作った塔を壊してしまいます。
そこへ地蔵菩薩がやってきて、子供たちを救ってくれると言われています。

鬼来迎 子供の亡者を救う地蔵菩薩 
子供の亡者を鬼から救う地蔵菩薩 広済寺 鬼来迎


「砂川の三軒寺」の背後を流れていた砂川は賽の河原に喩えられていたのではないでしょうか。
それで「砂川の三軒寺」では地蔵菩薩をお祀りしているのではないかと思ったりします。

正定院 襖絵の石碑 

正定院


正定院 鶏頭 
正法院


※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。

毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!




にほんブログ村



[2017/09/12 23:23] 京都府 | トラックバック(-) | コメント(-)

車折神社 重陽祭 『裂けた牛車の車』 

都市右京区 車折神社
重陽祭・・・9月9日

車折神社 重陽祭 舞人2 

9月9日は重陽の節句です

①なぜ車折神社という神社名なの?

車折神社は清原頼業(きよはらのよりなり/1122~1189年/平安時代の貴族・儒学者)の廟があった場所とされます。
その後、清原頼業の法名にちなむ寺・宝寿院が建立されたそうです。
清原頼業の廟は桜の宮と呼ばれていました。

その後、後嵯峨天皇〈1220~1270)が桜の宮の前を通ったところ、牛が動かなくなり牛車の轅(ながえ)が折れたので、清原頼業の霊に「車折大明神」の神号と「正一位」の神位を贈ったということです。

轅とは牛車の前方に長く突き出ている2本の棒のことです。

葵祭 牛車  

またある人が牛車に乗って宮前を通ったところ、車が避けてしまったため、車折神社という神社名がつけられたとも伝わります。

車折って『八つ裂きの刑』という意味なんですけどね~。
参照/車折神社 桜 大酒神社 木漏れ日 『八つ裂きの刑神社と極刑神社?』 ※追記あり 

車折神社 重陽祭 舞人3 

重陽の節句は菊の節句とも呼ばれます。

②承久の変で流罪となった上皇たちと天皇

88代後嵯峨天皇は83代土御門天皇の皇子で、82代後鳥羽天皇の孫にあたる方です。

1221年、後鳥羽天皇(このとき土御門天皇に譲位していたので正しくは後鳥羽上皇)は兵を招集して鎌倉幕府の執権・北条義時を追討しようとしました。(承久の変)
しかし幕府軍に敗れて隠岐の島に流罪となってしまいました。
後鳥羽上皇の皇子の順徳上皇は変に関与したとして佐渡島に流罪。
83代土御門上皇は変に関与していませんでしたが、自ら望んで土佐国への流罪を受けられました。
当時の天皇は順徳天皇の皇子の85代仲恭天皇でしたが、廃されました。
そして後鳥羽天皇の同母兄・守貞親王(後高倉院)の皇子の後堀河天皇が86代天皇として即位し、守貞親王が院政を行うことになりました。
その後、後堀河天皇の皇子の四条天皇が即位しました。

文章だとややこしいですが、系図を見るとぱっと理解できると思います。

系図 
③後嵯峨天皇はなぜ即位することができたのか?

繰り返しまーす。

後鳥羽上皇は承久の変で幕府軍に負けて流罪となり、後鳥羽上皇の皇子の土御門上皇・順徳上皇は流罪。
後鳥羽上皇の孫で順徳上皇の皇子の仲恭天皇は廃されました。
後鳥羽上皇の同母兄の後高倉院の皇子・後堀河天皇が即位し、続いて後高倉院の孫で後堀河天皇の皇子・四条天皇が即位。
そのまま後高倉院の子孫が皇位を継承すると思いきや、四条天皇の次にはなんと流罪となった土御門天皇の皇子の後嵯峨天皇が即位しています。
そう、後嵯峨天皇は車折神社の由緒に登場する方ですね。

なぜ後嵯峨天皇は即位することができたのでしょうか?

車折神社 重陽祭 舞人 

菊のしずくを飲んで700歳の長寿を得た菊滋童の説話から、不老長寿を祈ります。


④平城上皇のとばっちりを受けて臣籍降下した在原業平

薬子の変(嵯峨天皇vs平城上皇)のケースでは、敗れた平城上皇は出家、平城上皇の皇子の阿保親王は太宰府に流罪となりました。
阿保親王は許されて都に戻ったのち、子供の臣籍降下を申し出ています。
おそらく阿保親王は子供の臣籍降下を申し出ることで、朝廷に逆らう気持ちがないことを示そうとしたんでしょうね。
この阿保親王の子供が在原業平です。

つまり在原業平は本来であれば天皇になってもおかしくはない高貴な生まれであったのに、祖父・平城上皇のとばっちりを受けて臣籍降下したわけです。

後嵯峨天皇は在原業平と同様の境遇であったといえます。
祖父の後鳥羽上皇が変をおこし敗れて流罪、父・土御門天皇は流罪となったわけですから。
それなのに後嵯峨天皇は即位しています。

車折神社 重陽祭 舞人

⑤四条天皇急死、後鳥羽上皇の血統から天皇を選ぶ

土御門天皇が流罪となったのち、後嵯峨天皇は母方の大叔父・土御門定通に育てられました。
土御門家は没落し、貧しい生活を送ったようです。

1242年、四条天皇が12歳で崩御してしまいました。
もちろん四条天皇に子供はありませんでしたし、男兄弟もいませんでした。

四条天皇の父・後堀河天皇の兄弟は全員出家していました。
そこで後鳥羽上皇の血統から天皇を選ぶことにしたというのです。

九条道家らは順徳天皇の子の忠成王を天皇に押しました。
一方、北条氏は承久の変にかかわった順徳天皇の子を皇位につけるのはよくないといて、承久の変にかかわらなかった土御門天皇の皇子・後嵯峨天皇を推したのです。

うーん、でも後堀川天皇の出家した兄弟を還俗、即位させると言う方法もあったはずです。
桓武天皇の同母弟の早良親王は出家していましたが、還俗して桓武天皇の皇太子となっていますね。
早良親王は藤原種継暗殺事件に関与したとして廃太子となったので、即位することはなかったんですが~。

実は北条氏は後嵯峨天皇と親戚でした。後嵯峨天皇の養父・土御門定通の側室が北条重時の同母妹だったのです。
それで北条氏は後嵯峨天皇を天皇につけたいと思っていたのではないでしょうか。


車折神社 重陽祭 楽人 

楽人たちも菊の簪をつけています。


⑥後嵯峨天皇、四条天皇を呪う?

車折神社にはふたつの伝説がありましたね。

a.後嵯峨天皇が桜の宮の前を通ったところ、牛が動かなくなり牛車の轅(ながえ)が折れたので、清原頼業の霊に「車折大明神」の神号と「正一位」の神位を贈った.

b.またある人が牛車に乗って宮前を通ったところ、車が避けてしまったため、車折神社という神社名がつけられた。

私はもともとの伝説はbだったのではないかと思います。

車折神社 桜 大酒神社 木漏れ日 『八つ裂きの刑神社と極刑神社?』 ※追記あり 
↑ こちらの記事に書いたように、車折神社は秦氏が祭祀する神社で、神社名は『八つ裂きの刑』からつけられたものであったのではないでしょうか。
御祭神は広隆寺の近くにある大酒神社と同じ秦酒公だったかも?
ちなみに大酒神社はもともとは大闢神社といいましたが、大闢とは極刑という意味です。

そしてその後、車折神社に清原頼業の廟がつくられたので、御祭神が清原頼業に変わってしまったとか?
北野天満宮なども、もとは別の神が祀られているところに祀られ、境内にはもともとの神を祀る地主神社があります。

で、北条氏か御嵯峨天皇がこの車折神社に祈願をしたのではないかと思うのです。
「四条天皇が崩御しますように!そうすれば御嵯峨天皇が次期天皇になれる!」と。

その呪いがかなえられて、四条天皇は崩御したと考えられたのではないでしょうか。

車折神社 重陽祭 楽人 
つまりb.の伝説の「ある人」とは四条天皇のことであり、「牛車の車が裂けた」とは「四条天皇が崩御し、後堀河天皇~四条天皇と続く血統が絶える」ことの比喩ではないかと思うのです。

菅原道真の死体を牛車に乗せて運んだところ、突然牛が動かなくなったので、その地に道真の遺体を葬ったという伝説もあります。
牛車をひく牛が動かなくなるというのは、死を暗示しているようにも思えます。

a.のほうの伝説は、本当は御嵯峨天皇は「四条天皇が乗っている牛車が裂けるように祈願していた」とするのが正しいのに、いつのまにか話がひっくり返り「後嵯峨天皇の乗っていた牛車の轅が折れた」と話がひっくり返ってしまったのではないでしょうか?


車折神社 重陽祭 菊酒 

菊酒


※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。

毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!




にほんブログ村    



[2017/09/11 19:59] 京都の祭 | トラックバック(-) | コメント(-)

富岡製糸場  サルビア 『磯女はなぜ人の血を吸うのか?』 

群馬県富岡市 富岡製紙場
2016年9月中旬 撮影

富岡製糸場 工場とサルビア 
富岡製糸場 工場 煉瓦の壁、蝶番のデザインがおしゃれだなあ~。

①工女になると生き血を吸われる~!


江戸時代に開国して以来、生糸は日本の主要な輸出品でした。
しかし粗悪品が出回って評価を落としていたため、官営の器械製糸工場が1872年に建設されました。
富岡製糸場です。

1893年、三井家に払い下げられ、1902年に原合名会社、1939年に片倉製糸紡績会社となり、1987年(昭和62年)に操業を停止しました。

富岡製糸場 明治5年 

操業年の「明治5年」を記した石。

1987年ってそんなに昔じゃないですね。
大韓航空機爆破事件が起った年です。u2のアルバム、ヨショア・ツリー(大好き♡)が発売された年でもありました。

1872年2月12日、政府は工女を募集しましたが、「工女になると西洋人に生き血を吸われる」という噂話が広まって人材確保に苦労したようです。

富岡製糸場 玄関 

ペンキのはげ具合がいい味出してる~。

②噂の真相

「西洋人はパンパネラ」って、ちょっと笑えますが、なぜこんな噂話が広まったのでしょうか。

それはどうやら富岡製糸場に招聘されたフランスのブリュナ氏夫妻らが赤ワインを飲んでおり、その赤い色が血のようにみえたためではないかという説があります。

富岡製糸場 工場の窓 

1枚目の写真の、窓の内側はこんな感じ。

富岡製糸場の初代所長・尾高藍香の「藍香翁」には次のように記されています。

彼異人共は、実は魔法使いの悪鬼輩(あくきやから)にして、彼のお触に応じて過ちて年若の工女を彼工場に入れむか、可愛や其女等は忽ち彼等に生血を絞られて、其の生命を断るべしと言うにあり。
然して悪説の出所はと問えば、土人は風説にあらず、現に目撃たりと言う。如何なる物をか見たると問えば、別にもあらず、彼等の飲む血酒!と言う。

意味のわからないところもあるけど、一応、私なりに訳してみました。
間違いがあれば教えてくださーい。

かの異人とも(ブリュナ氏夫妻)は、実は魔法使いの悪鬼であり、言いつけに従ってやむなく年の若い工女を工場で働かせると、工女たちはたちまち彼らに生き血を絞られてその命を絶たれると言われている。
その悪い噂の出どころについて聞いてみると、土地の人は「単なるうわさじゃない。この目で見たんだ」と言う。
「どのようなものを見たのか」と聞くと「彼らが血酒を飲んでいるのを見た」と言う。

富岡製糸場 工場の梁 

↑ 工場の梁。
工場の梁を外から見ると、こうなっていました。↓

富岡製糸場 壁から突き出た工場の梁

③日本のバンパネラ

そういうわけで、今日は日本の吸血鬼の話をしたいと思いまーす。

日本にも吸血鬼はいました。
そのひとつが紫女です。
紫女については以前の記事・国営ひたち海浜公園 ネモフィラ 『吸血鬼 紫女』  に書きました。
今回は磯女についてお話ししますね。

富岡製糸場 自動繰糸機 
機械の美しさに圧倒される!

富岡製糸場 自動繰糸機-概要図 

④磯女

磯女は九州などに伝わる女の妖怪です。

上半身は人間の美女、下半身は幽霊のようにぼやけているとか、蛇身であるなどといわれます。

余談ですが、大阪府守口市の来迎寺には『幽霊の足跡』なるものがあるそうです。
http://www.city.moriguchi.osaka.jp/kakukanoannai/shiminseikatsubu/chiikishinkoka/kankou/raikouji/1477311872007.html
幽霊には足はないと聞いていたんですが、足のある幽霊もいるんですね~。

それはともかく、磯女は全身びしょ濡れで、地面に届くほどの超ロングヘアーだそうです。
で、その長い髪を人に巻き付けて血を吸って、殺してしまうんだそうです。
長い髪の美女にはくれぐれもご注意を!

富岡製糸場 工場 
雨水を防火用水としてためているんですね。


⑤磯女は蟹の妖怪?

磯女は蟹の妖怪だとも言われています。
そういえば、滋賀県の高月観音の里にある正明寺には千手千足観音がありましたが、蟹のようなお姿をされていました。
http://guide.travel.co.jp/article/4886/

蟹をひっくり返してみると、筋肉が折りたたまれるようになっています。
→ http://www.chiba-muse.or.jp/UMIHAKU/kikaku/14marisai/figs/photo17.jpg

千手千足観音はたくさんの脚が並んでいて、縦に筋が入っているように見えますが、これは蟹の腹部の筋肉を表しているのかも?

この千手千足観音と磯女には何か関係があるかもしれませんね。

富岡製糸場 倉庫

倉庫

⑥人の血を吸う蛭

ですが、蟹は血を吸いません。(だよね?)
血を吸う動物といえば蚊、そして蛭が思い出されます。



動画お借りしました。動画主さんありがとうございます。

たくさんの蛭に血を吸われて大変でしたね~。
山登りするときは塩を持っていくといいんですね。勉強になりました!

この男性、血まみれになっているにもかかわらず、痛そうな顔をしていませんね。
なんでも蛭は唾液に麻酔成分があるとかで、血を吸われても痛みを感じないそうです。

また蛭に血を吸われてもそんなに害はないとのことです。

富岡製紙場 宿舎の掃き出し窓 
宿舎。ガラスのデザインがレトロですてきですね~♪

⑦蛭を神格化した神

熊野若王子神社 蛭子神 

熊野若王子神社 蛭子神

記紀神話に登場する蛭子神(ヒルコ・エビス)はイザナギ・イザナミの長子として生まれましたが、3歳になっても立つことができない身体障害児でした。
そのため骨のない蛭のような子、ということで蛭子と名付けられたのでしょう。

富岡製糸場 寄宿舎 
寄宿舎。

⑧蛭子、水死体の神となる

イザナギ・イザナミは「こんな蛭のような子はいらない」と蛭子を葦舟に乗せて流してしまいました。

兵庫県西宮市にある西宮神社に伝わる話では、蛭子は竜宮にたどりつき海神に育てられたが、神の御子であるということで地上に戻されたといいます。

まわりくどいというか、神秘的な表現を用いていますが、要するに、蛭子は海でおぼれて死んだということでしょうね。
そのためでしょうか、水死体のことを「エビス」という地域があります。

蛭子は水死体の神なのです。

⑨磯女は女神版蛭子神だった?

磯女はこの蛭子を女神に転じた妖怪ではないかと思います。
(日本の神は性別にルーズで、聖徳太子が「女に生まれ変わって親鸞の妻になろう」と言ったという話もあります。)

それで浜女は蛭のように人の血を吸うのではないでしょうか?




※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。

毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!




にほんブログ村    









[2017/09/08 14:17] 群馬県 | トラックバック(-) | コメント(-)

江文神社  八朔踊 『大原雑魚寝は呪術だった?』 


京都市左京区  江文神社
八朔踊・・・ 9月1日に近い土曜日

江文神社 子供たちの八朔踊2 
夕刻より子供さんたちの八朔踊が始まりました。

①八朔は『田の実の節句』

八朔とは旧暦の8月1日のことですね。
旧暦は新暦より約一か月遅れとなるので、新暦換算すると9月ごろが八朔です。

八朔は早稲の穂が実るころです。
江文神社の近くの田んぼでも稲が実っていましたよ。

農民の間には、お世話になった人々へ初穂をお贈る風習がありました。
初穂=田の実ということで、八朔は『田の実の節句』と言われることもありました。。
『田の実』は語呂合わせで『頼み』に通じるので、武家や公家の間でも、八朔に贈り物をする習慣が生じたと考えられています。

②八朔踊


地域の氏神の祭祀に携わる村落内の組織のことを宮座といいます。
八朔踊はそういった宮座行事です。

江文神社の宮座には長男は15歳、次男以下は17歳で加入するのがしきたりで、主にそういった若い青年たちによって踊られます。

江文神社 八朔踊-行列 
午後8時ごろより青年たちによる八朔踊がはじまりまーす。

③道念音頭は声明と関係ある?


曲は道念音頭といって楽器を用いない独特のものです。

道念の意味を調べてみたところ、①道徳の観念、②道義心・求道心。③僧侶の妻。とありました。
道念音頭の道念は②の道義心・求道心を意味しているのではかと思います。

[広告] VPS


道念音頭を歌っていた素敵なお嬢さんが歌詞を記した冊子を見せてくださいました。(ありがとうございます!)
恋人たちが京都めぐりをする歌だということでした。
いいですね~。たまにはカメラ持っていかずに京都でデートしたい!
(カメラ持っていくと写真撮るのに夢中になって、男は二の次になってしまう~)

えー、ここ大原は昔から融通念仏や天台声明が盛んに行われていました。
声明とは仏典に節をつけたもののことです。



動画お借りしました。動画主さん、ありがとうございます。

日本版アカペラのゴスペルというべきか…。美しいですね!

アカペラで歌う道念音頭は、この声明と関係ないですかね?

江文神社 八朔踊

④大原雑魚寝

かつて江文神社には節分の夜に雑魚寝する習慣があって大原雑魚寝と呼ばれていました。

むかし井出(かつて江文神社のあたりの地名を井出といった)の大淵に大蛇があらわれて人を食べるので、村中の男女は節分の日に江文神社の拝殿に参籠したといわれています。
そして、この夜にどのような情事があっても見逃したということです。

残念ながらというべきか(笑)、この習慣は明治以前に禁止になりました。

古代の日本には歌垣と呼ばれるフリーセックスの習慣があり、そのようすが歌にも詠まれています。

……率(あども)ひて 未通女壮士(おとめおとこ)の 行き集(つど)ひ かがふ刊歌(かがい)に 人妻に 吾(あ)も交はらむ 吾が妻に 人も言問(ことと)へ……(高橋虫麻呂)

大原雑魚寝はこの歌垣の伝統をひきつぐものであったのかもしれませんね。

江文神社 八朔踊2

⑤歌垣や大原雑魚寝は荒霊と和霊を和合させる呪術だった?


歌垣は単なる乱交パーティーではなく、信仰からくる習慣ではないかと思います。

神はその現れ方によって、御霊(神の本質)、荒魂(神の荒々しい側面)、和魂(神の和やかな側面)の3つに分けられるといわれます。

そして男神は荒魂、女神は和魂をあらわしているのではないかとする説があります。
とすれば御霊は男女双体ということになると思います。

御霊・・・神の本質・・・・・・・男女双体
和魂・・・神の和やかな側面・・・女神
荒魂・・・神の荒々しい側面・・・男神


聖天さんという像頭・男女双体のみほとけがいます。



動画お借りしました。動画主さん、ありがとうございます!

聖天さんには次のような伝説があります。

インドのマラケラレツ王は大根と牛肉が大好物でした。
牛を食べつくすと死人の肉を食べるようになり、死人の肉を食べつくすと生きた人間を食べるようになりました。 
群臣や人民が王に反旗を翻すと、王は鬼王ビナヤキャとなって飛び去ってしまいました。
の後ビナヤキャの祟りで国中に不幸なできごとが蔓延しました。
そこで十一面観音はビナヤキャ女神に姿を変え、ビナヤキャの前に現われました。
女神は『仏法を守護することを誓うならおまえのものになろう』と言い、ビナヤキャは仏法守護を誓いました。 

聖天さんは仏教の神ですが、江戸時代まで神仏は習合されて信仰されていました。
この聖天さんの伝説は、この御霊・和魂・荒魂をあらわしたもののように思えます。

御霊・・・神の本質・・・・・・・男女双体(聖天)
和魂・・・神の和やかな側面・・・女神(ビナヤキャ女神)
荒魂・・・神の荒々しい側面・・・男神(ビナヤキャ)

つまり、荒魂と和魂を和合させて男女双体の神とすることが、荒魂を鎮めて御霊とする呪術ではないかと思うのです。
歌垣や大原雑魚寝はそういった呪術的意味合いから行われていたのではないでしょうか?


江文神社 八朔踊



※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・旅 free style もよろしくお願いします~。

毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!




にほんブログ村    



続きを読む
[2017/09/04 23:13] 京都の祭 | トラックバック(-) | コメント(-)

岩湧寺 秋海棠 『役小角とはモーゼのことだった?』 

大阪府河内長野市 岩湧寺
2015年9月初旬 撮影


岩湧山を登っていくと、道端のあちこちに可憐な秋海棠の花が咲いていました。
秋海棠はまるで岩湧寺への道しるべのようです。

岩湧寺 参道 秋海棠 
↑ さらに歩いていくと秋海棠の大群生が!
  
岩湧寺 秋海棠 
↑ 岩湧寺の多宝塔が見えてきました。

①修験道の開祖・役小角が開いた岩淵寺

岩淵寺は大宝年間(701年~703年)に修験道の開祖・役小角(役行者)が開いたとされるお寺です。
修験道とは日本古来の山岳信仰に仏教・神道・儒教・陰陽道などを融合した日本独自の神仏習合の宗教のことです。

岩湧寺 多宝塔 秋海棠 


岩湧寺 白い秋海棠 

珍しい白い秋海棠の花


②山伏の頭巾はユダヤのヒラクティリーに似ている。


ユダヤ人のラビ(ユダヤ教聖職者)、トケイヤー氏は、京都で修験道の山伏さんの姿を見て『すっかり人生が変わってしまった』と記しておられます。
山伏の姿があまりにも『ユダヤ的』であるのに衝撃を受けたのだとか。

私はトケイヤー氏の驚きがわかります。
というのは、私もヒラクティリー(※文字をクリックするとリンク先が開きます。テフリンともいいます。)をつけて神に祈るたユダヤ人の写真を見て、びっくりしたからです。

↓ ヒラテクティリーは修験道の山伏さんの頭巾(ときん)に似ています~!

宝山寺 柴燈護摩供
 
宝山寺 般若窟柴燈大護摩供


 ③トケイヤー氏の日ユ同祖論


トケイヤー氏はこのほかにも、次のような指摘をされていました。

a.山伏は法螺貝を吹くが、ユダヤ人はショーファールという羊の角笛を吹く。

堂島薬師堂 鬼と山伏

堂島薬師堂 節分お水汲み祭


b.山伏もユダヤ人も山を聖なる修行の場としている。
c.山伏は錫杖を持っているが、旧約聖書に登場する大祭司アロンは『アロンの杖』を持っていた。
d.天狗は山伏の格好をし、赤ら顔で鼻が高いが、赤ら顔で鼻が高いのはユダヤ人的な顔立ちである。
 
行者祭 天狗と花火 

洞川温泉 行者祭に登場した天狗

e.天狗は手に山の上で神から授かった巻物『虎の巻』を持っている。
旧約聖書によればモーゼがシナイ山で神ヤーウェから授かった十戒が記された文書を『トーラー』と記されている。
『トーラー』は巻物の形態をしていたとされる。

f.祇園祭山鉾巡行は7月17日に行われるがノアの箱舟がアララト山に漂着したのも7月17日である。
祇園祭はノアの箱舟が漂着した日を祝う行事ではないか。

fについては以前の記事、京都駅ビル 祇園祭イルミネーション 『祇園祭とノアの方舟2』 に記したように、山鉾巡幸が7月17日になったのは新暦を用いるようになってからで、旧暦では6月17日に行っていたので、ノアの箱舟とは関係がないかも、と思います。

④キリスト教は5世紀ごろ、秦氏によって日本に伝えられた?

キリスト教が日本に伝来したのは1549年、フランシスコ・ザビエルによってとされていますが
5世紀ごろ、秦氏によってネストリウス派キリスト教が伝えられていた、とする説があります。
秦氏の氏寺・広隆寺は太秦寺といいますが、中国ではネストリウス派キリスト教寺院のことを大秦寺といいました。
太秦寺と大秦寺は点があるかないかの違いしかありません。

広隆寺

広隆寺


⑤役小角は日本版モーゼ?

もしかして虎の巻の語源はモーゼが神から授かった『トーラー』?

山伏が身につける麻の上下を鈴懸(すずかけ)というのですが、鈴はついていません。
それなのになぜ鈴懸というのか、ずっと疑問に思っていました。

旧約聖書に神ヤハウェがアロンに祭服について指示したという記述があります。
『上着にはカラフルな毛糸でつくったざくろの飾りと、金の鈴を交互につけなさい。』

もしかして鈴懸の語源はアロンの祭服?

一条戻橋

一条戻り橋(山伏は合成)


モーゼとはBC 13世紀ごろの人物で、ユダヤの民を率いてエジプトを脱出したとされる英雄です。
そのモーゼの像をミケランジェロが彫っていますが、なんと頭に角が生えています。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d1/Moses_%28Michaelangelo_-_San_Pietro_in_Vincoli_-_Rome%29.jpg

役小角という名前は頭に角が生えたモーゼからくるのかも?(つまり役小角は日本版モーゼ?)

金峯山寺 役行者 前鬼 後鬼 
金峯山寺 役小角・前鬼・後鬼像

役小角の像は角が生えていませんが、役小角は夫婦の鬼(夫が前鬼、妻が後鬼)を従えています。
上の写真の前鬼・後鬼は角が生えていませんが、前鬼・後鬼は角が生えた姿で表されることが多いです。

龍泉寺 前鬼 

↑ 洞川温泉 龍泉寺の前鬼像

龍泉寺 後鬼 

洞川温泉 龍泉寺の後鬼像 
女のはずなのにヒゲがはえてる~。私も生えてるけど。(え?)
※龍泉寺では狛犬のかわりに前鬼・後鬼の像が置かれていました。


※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。

毎度、とんでも説におつきあいくださり、ありがとうございました!




にほんブログ村    



[2017/09/04 18:13] 大阪 | トラックバック(-) | コメント(-)

2016年9月の祭 まとめ 

松尾大社 八朔祭 『お盆と八朔』  


松尾大社 八朔祭 赤ちゃん土俵入り

松尾大社 八朔祭 御霊太鼓

松尾大社 八朔祭 四つ太鼓

元伊勢八朔祭 皇大神社 豊受大神社 『大名行列と雨乞い』  

皇大神社 元伊勢八朔祭

法輪寺 重陽神事 『団扇は魂を呼び寄せる呪具だった』 


法輪寺 菊の被綿

法輪寺 重陽神事2

一言主神社 秋季大祭 『性別がルーズな日本の神』 


一言主神社 天狗・神職・お多福・翁のお練り2

中秋の名月と采女祭 采女神社 『猿沢池の采女伝説のモデルとは?』  

采女祭3

采女祭

中秋の名月 と 観月の夕べ 大覚寺 『名こそ流れてなほ聞こえけれ』  

大覚寺 観月の夕べ

岸和田だんじり祭 『だんじりの語源は鉋(かんな)からくる?』  

岸和田だんじり祭

岸和田城とだんじり

下鴨神社 名月管絃祭 『白拍子はなぜ男装をしているの?』 

下鴨神社 名月管絃祭 白拍子

當麻山口神社 宵宮祭 當麻寺 彼岸花 『ご先祖様に子孫誕生を報告するお祭り?』 

當麻山口神社 宵宮祭


※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。





にほんブログ村    




[2017/09/02 12:14] まとめ | トラックバック(-) | コメント(-)

2016年9月の風景 まとめ 

本薬師寺跡・布袋葵 と 薬師寺・月 『妄想の本薬師寺』  

本薬師寺跡

妄想の本薬師寺 布袋葵


石舞台古墳 夕景とライトアップ 飛鳥光の回廊 『石舞台古墳はピラミッドだった?』  

石舞台古墳 夕日
 
石舞台古墳 ライトアップ


高松塚古墳 光の地上絵 飛鳥光の回廊 『高松塚古墳の被葬者は蘇我入鹿だった?』  

高松塚古墳 光の地上絵 飛鳥美人

飛鳥板葺宮跡

飛鳥 光の回廊 岡寺 『龍を池に閉じ込める呪法』  

岡寺 三重塔 ライトアップ

飛鳥 光の回廊 飛鳥板葺宮跡 飛鳥寺 『鞍作鳥と鞍作太郎(蘇我入鹿)は同一人物だった?』 

飛鳥寺 飛鳥大仏

飛鳥寺 入鹿の首塚

飛鳥 光の回廊 川原寺 『伊予親王が幽閉された川原寺は飛鳥の川原寺ではなかった?』  

川原寺 ライトアップ

羽田空港 着地! 『牛は月の神、天体を司る神』 

羽田空港 着地

羽田空港 夜景

北野異人館 萌黄の館 『天神さんが見つめる町』  

萌黄の館 ピアノのある部屋

淀川 わんど 夕暮 『わんどって何?』  

わんど

浮見堂 夕景と月 『十五夜が満月とは限らない?』 

浮見堂 夕景 2

浮見堂 月

桂浜の彼岸花 と 琵琶湖夕景 『日本の彼岸花は一株の彼岸花が株分けされて広まった?』 

桂浜 彼岸花

飛鳥の彼岸花 と 鬼の雪隠(せっちん)・鬼の俎(まないた) 『暴かれた古墳』  

飛鳥の棚田 彼岸花

飛鳥 飛石 彼岸花 『浮気の言い訳?』 

飛石3

橘寺 彼岸花と芙蓉 『千のドクロが現れた山』  

橘寺 彼岸花

橘寺 芙蓉2

仏隆寺 彼岸花 『謎々です。『宇一山精進峯竹目々底土心水師道場』は何と読む?』  

仏隆寺 彼岸花 白

仏隆寺 彼岸花3

百毫寺 萩 『志貴皇子 暗殺説』  

百毫寺 萩

元興寺 彼岸花 萩 『なぜ萩の別名は鹿鳴草?』  

元興寺 萩

元興寺 彼岸花

矢勝川堤 彼岸花の散歩道 『ゴンは神使だった?』 

矢勝川 彼岸花

半田赤レンガ建物 ライトアップ 『カブトビールと中島飛行機と空襲警報』 

半田赤レンガ建物 

當麻山口神社 宵宮祭 當麻寺 彼岸花 『ご先祖様に子孫誕生を報告するお祭り?』 

當麻寺 彼岸花

笠の蕎麦の花 と 笠山荒神 『かまどの神』  

笠 蕎麦畑

笠山荒神




※まとめサイトなどへ無断で転載することはおやめください。

歴史ブログ・
旅 free style もよろしくお願いします~。





にほんブログ村    


[2017/09/01 11:24] まとめ | トラックバック(-) | コメント(-)